2006/7/18

夏だよ!  

またまた、楽しく飲んで来ましたよ!不良仲間?と・・・

なんで、飲むことになるかって?

あの日、私はいつもと変わらず、休みの日なのに面倒くさい日常生活の仕事の、食料品のお買い物に行ったのでした。
そこで、バッタリ不良仲間「主婦連 会長」に会ったのでした。普段、保育園では挨拶する程度で、何故か素の話はできないのでした。

待ってました!とばかりに、二人は同じことを話し出し・・・
「そろそろじゃなーーい?」
「今度は、お子たち抜きで行こう!」

で、都合のついた面々が集まった、という会社帰りのオヤジが同僚誘って居酒屋に行く感じです。

また、居酒屋で注文する量がハンパじゃないです。女子3名とは思えない品数、ジョッキの数・・・胃腸薬飲んで行って良かったです。

私たち、行くと必ずエンドレスに飲むから歌うから・・・今回、気付いたらタクシー終っちゃってて、マスターに送ってもらう始末でした。ありがとうございました。また行きます!

翌朝、子供たちの大歓声。
「おかーさん!カブトムシになってるーーー!すっげーー!」
で、私も嬉しく、成虫になりたての姿が見たかったので、思わず飛び起きてしまいました。が、その愛らしい姿を確認した後・・・
「お母さん、もうちょっと寝ていいかなあ?・・・」
と言ってみました。「えーーー!」とか言われるかと思ったら・・・

「いいよーぉ。カブトムシ見てるから!」って、すんなり言われました。
完全に「カブトムシ>母」の図でした・・・


0

2006/7/9

願いごと  

「七夕さま」ということで、願っていることを短冊に書き記すので、本心か否かはわかりませんが、子供たちが思っていることを垣間見ることができます。

去年まで、息子は「カブトムシとクワガタがほしい。」とか「恐竜博士になりたい。」でしたが、今年の彼は違います。

「さっかーせんしゅになりたい」でした。一般的な願いごとですが、実際今、頑張っていることなので、彼なりに現実的に物事を考えるようになったのか・・・
向上心をもってサッカーをしていたんだ・・・とか親バカなので思ってしまいました。

相反して、娘ですが・・・
「おとーさん、今日願い事書いたんだよ。」
「何て書いたの?」
「うふふふ、教えない。意味のないこと書いちゃった。」
私が教えようとすると、窒息する勢いで口を押さえてきた。ふざけていた。まるでコントだった。夢のあるかわいい願い事なのに、「意味のないこと」って自分で言っちゃうところが、かわいらしい子になれない所以だ。

「おりひめさまになりたいです。」が娘の願い事でした。
すかさず、おとーさんが・・・
「なれないよ。いないよ。おりひめさまって悲しい人だったんじゃない?」
いいのー!いいのー!いいのー
と今日も娘のかわいらしくない声が響きわたるのでした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ