2007/12/31

すべり込みセーフ  

今年ももうすぐ終わります。

2007年は、楽しい年でした。
仕事も、子供の成長も、友達付き合いも有難いことに「いい感じ」に過ごせました。

その集大成の年末は、大好きな方たちとお酒を呑むことができました。
色々な方たちに支えられて私が成り立っているのだと思います。

ひょんなことから旦那と久しぶりにカウンターで飲んだのも嬉しかったです。

何の取り得もない私ですが、一生懸命生きてきて良かったです。

2008年は、仕事も家事も責任を持って頑張っていこうと思っています。

ということで、責任を持って今年最後の日記を書いてみました。あはっ!

0

2007/12/23

きよしこの夜  

いそがし、いそがし、いそがしい〜♪
あれして、これして、それをやる〜♪・・・ブン!

師走は、何かと忙しく、あっという間に過ぎてしまうのが世の常であります。

でも、「クリスマス」という行事は、なにか楽しく嬉しくなるので、私は好きです。
我が家でもクリスマスの気分を味わおうとツリーを飾り、ケーキを作りました。

それに、もうひと超えで、キーボードのオルガンの音で「きよしこの夜」を厳かに弾いてみました。

すると旦那が、チャリーン!と小銭を近くに置いていったのです。

「献金」だと言う。

真剣に弾いていた私は、大爆笑。

さらに、知ったかぶりの娘が「キヨシコの夜でしょ!」と言った。

誰だよ!どこだよ!英語かよ!
0

2007/12/4

友達には言ってはいけない話  

今日は、お通夜に行ってきました。
息子のクラスメートのお母さんです・・・

なんだかなあ・・・まだ、サンタさんを信じてる歳の子のお母さんを連れて行ってしまうなんて、神様はなんとかできなかったのでしょうか・・・病気は怖いです。


ところで、世の子供たちは、サンタがサンタでないことをいつ知るのでしょうか?

友達の間でそういう話になった時でしょうか?

「本当はいないんでしょ?」の問いに親が敗れた時でしょうか?

私は、小学校2・3年生頃まで信じていた記憶があります。両親は面白がっていたことと思います。4つ上の兄は、どう対応していたのでしょうか?そこは思い出せません。
真実を聞いたとき「な〜んだ、おかしいと思ってたんだあー。」と両親に言ったのを覚えています。

そこで、うちの子そろそろ疑問をもちはじめる歳になってきました。
でも、「おとーさんに欲しいものを言うと、サンタさんに電話して変えられちゃうからおとーさんには言わないでね」と言うくらいだから信じてはいたのでしょう。

どのタイミングで話せばいいんだろうか?自然にわかっていくのかな?などと私は思っていました。でも、おとーさんは「オレは最初からウソをつくのは、イヤだったんだ。」と。「ウソじゃなくて夢を与えてるんだよ!」と私は正論。「夢は自分でつかむもの。だましてるのと同じだ。」と、おとーさん自論。

ということで、子供たちに親の方から打ち明ける形を我が家はとりました。

そうしたら子供たちは、納得した上に「おかーさん、サンタだったんだあ、大好き!」と言ってくれたかと思ったら、すぐさま「自分のお小遣いも使っていいからゲームが欲しい」と現実的に主張してキヤガッタ!

24日までタンスにお預けジャワイ!



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ