2008/2/4

いよいよ始業式(入学式)  ニュージーランドの教育

今日は、多くの学校で始業式&入学式がありました。私は、Darfield高校に出向いて、参加してきました。
こちらの学校での式典は、すべてマオリ式で始まります。マオリの方が、儀式の言葉を述べながら、新しく赴任された(転校を含む)先生たちと新入生を先導し、席まで連れて行きます。席に着くや否や、在校生のハカグループがハカを披露し歓迎します。続いて先生の挨拶ですが、最初は教頭先生。この教頭先生の挨拶も最初はすべてマオリ語で行われます。その後、校長先生の挨拶、新任先生の挨拶、PTAの挨拶など・・・。そのあとで、校長先生から新任先生の紹介があるのですが、新旧先生の壇上での出迎えの儀式はマオリ式で、鼻と鼻をくっつけるやり方です。
それから、学校からの注意事項等々。あとは日本とあまり差はないかもしれませんね。
今年はこの学校制服を変えたので、(まだほとんどの生徒が古いのを着ている)その話が結構長くありました。*こちらの制服で大きく日本と違うのは、女生徒のスカート。長いのが通常なので、長さの注意も、「くるぶしから5cm以上上に裾があること」って日本のそれと大きく違いますよね。
クリックすると元のサイズで表示します
新入生たちの入場を全員起立で出迎えます

クリックすると元のサイズで表示します
教頭先生がマオリ語でご挨拶

クリックすると元のサイズで表示します
他からかわってこられた先生のご挨拶

クリックすると元のサイズで表示します
マオリ式の鼻と鼻をくっつける独特の挨拶方
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ