2008/6/25

iPS細胞ってご存知ですか?  分類なし

昨日、ある方に誘われて市民公開講座に行ってきました。
ノーベル賞に一番近い方と言われる、京都大学の山中伸弥教授による「iPS細胞がつくる新しい医学」。私は本当に恥ずかしい限りですが、この細胞のこと知りませんでした。まわりの人に聞くと、「知らないのっ?」って不思議がられ、ちょっと・・ショック。
すごいですこの細胞!先生の弁を借りると、たくさん作れる。自分の細胞から作るので、副作用が無い。ストックが出来る!医療改革と言っても、政府が言うような改革ではなくて、本当に中身。内臓の疾患でも、この細胞があれば、代替が出来る。と言うことは、がんに侵された内臓でも、この細胞を持ってすれば再生?出来るんですね。早く世に出て、色んな病気に苦しんでいる人への朗報になって欲しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
会場は、立ち見が出るほどの大盛況でした。
クリックすると元のサイズで表示します
移植じゃなくて、再生医学
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ