2007/11/14

発音記号?  英語

ある生徒に英語の発音を聞かれ、「辞書を出して発音記号を見てごらん?」って言ったら、「発音記号習っていないから、発音記号を見ても分からない」と言う返事。ドッカーン!!とハンマーで頭を殴られたような(すみません!殴られたこと無いので本当は分かりません)衝撃を受けました。私たちの時代には、「発音記号」はすごく大事で、いわゆる「英検」の勉強をさせられた時も、同じaの音の入った単語は次のどれか?なんていう問題があった?と記憶しています。私は、大学の英文科で勉強しているときに、音声学に興味があり、本も少し読みましたが、なんせ自分が「良い発音」をしたいがために、「発音記号」は徹底的に独学ですが、勉強しました。何度も何度も発音しながら発音記号を書く、書く、書いて書いて・・・・。そのうちに、発音をしらない単語でも単語を見たら自然に発音記号が書けるようになりました。これは本当です!!と言うことは、発音を聞いたこと無くても、発音出来る!(意味が分かる分からないは別)だから余計に発音記号は大事!って思っていました。で、最初に書いたように、今は習っていない!教えていない!えっ?!本当にいいんですか?今度日本に帰ったら、高校の英語の先生方と話をしたいと思います。(もちろん知り合いの先生方だけです。知らない先生と話をすると、喧嘩になっちゃいけないし・・・・笑)
0

2007/11/14

日本の教育と留学 -1-  ニュージーランド留学サポートについて

難しいタイトルにしてしまいました。
日本の教育を否定をしたくもないし、する権利もありません。ただ、ここのところ「親の暴走!」なんて書き方のマスコミもあり、本当に首を傾げたくなるようなことが多発しているのも事実です。
では、なぜそうなったのでしょうか?もちろん様々な要因があるとは思いますが、親を単純に責める前に、その親を教育してきたことに対しての、反省などが必要なのかなと思います。
教育と言っても、私がここで触れたいのは、「心の教育」です。あちこちで言われてきたことだとは思いますが、「感謝」「思いやり」の心の欠如がすごく感じられます。あまりにも「与える教育」をしすぎたために、何もかもが「当たり前」になってしまい、「感謝・思いやり」を感じたり、表現することが無くなってしまったのだと思います。それにプラスして、「自信」の欠如。今の親や子供たちは、「過信」はあるのに、「自信」が無い状態になっています。何かを教え(おこがましいが)ようとすると、素直にそれを受け入れる人が少ない。言ったことに対し、何か反論めいたことを言わないと、次に進めない。そのような部分がすごく多い。今日も、日本人のある生徒が、学校の授業に対し、「このようなことをするより、家で単語をひとつでも覚えていた方が英語が上達する気がする」って言ってるのを聞いて、本当に????でした。日本の学校でそれを言ってもおかしいと思いますが、ましてやNZの学校で、プロの先生に教えてもらってて・・・・・うぅ〜ん??理解できない?理解しようとすると頭が痛くなりそう!なほど理解出来ない。「人を認めて、自分の立場を理解する。」じゃなくて、「自分がこう思うから、その方が正しい」って何なんでしょう?
この国の教育では、常に使われる単語があります。「Respect」です。目上の人だけじゃなく、すべての人に敬意、尊敬の気持ちを持って接する。それが基本にあれが、そのほかのことが説明しやすく、理解しやすいと考えます。日本人のこころに「Respect」を合言葉にしたいです。
留学に関しては、最近「海外に行けば何とかなる」「カウンセラーの先生が環境を変えれば」とすごく安易に留学を考えている方が多すぎると思います。私は、「日本で出来ない事は、どこに行っても一緒」だと思います。そこに他のサポートが存在するから、子供たちが日本で持てないような「自信」を持ち、「自立心」「協調性」が急速に養われているのだと思います。では、そのサポートって?これは、もちろん「人」によるサポートです。学校の先生方、ホストファミリー、われわれのようなエージェント・・・・・・・・
たくさんの人によってサポートされてはじめて何かが変わり、成長するのではないでしょうか?自分を変えるのは、環境じゃなくて「自分自身」であることを出発前に心に留めて出かけて欲しいですし、送り出す家族にはもっともっと・・・本人よりもっと大きな覚悟を持って送り出して欲しいと思います。
この続きは、近いうちに書きたいと思います。

0

2007/11/13


今週は、ニュージーランドならではのお祭りShow day (Show week)です。これは、農業のお祭りで、会場には「農機具の展示」「家畜の展示」「乗馬競技会場」「子供用移動遊園地」「特産品即売会(さながら日本のデパートの物産展)」等々。初めて見たときには、「なに〜!!??!!」でしが、よく見ると面白い。家畜も近くで見ることが出来るし、特産品の美味しいものに舌鼓を打ち、気に入れば買って帰る。ある意味優雅です。Dランドとは程遠いけれど、それを楽しめる国民性だったり、価値観だったり。お金にまかせて作られた作り物ではないもので、楽しみ、感動する。今の日本で忘れられた(言葉は悪いけれど)田舎の自然の楽しみを十分に味わえるお祭りです。
来週の土曜日は、クライストチャーチの町の真ん中にある、東京ドーム38個が入る、ハグレー公園で、クリスマスコンサート。お昼ごろから三々五々集まり、ピクニック気分で始まりを待ち、午後7時頃から始まるコンサート。約1.5〜2万人が参加。その次の週は、サンタパレード!これがある頃にはすっかり真夏!日本のそれとは違うけれど、考えると私のようなおじさんでも何となくウキウキしてしまうのはなぜでしょう。
0

2007/11/11


一昨日のブログで夏のことを書き、写真をと書いたのですが、昨日は一変涼しい日になり、写真を撮る気になりませんでした。これがニュージーランドの天気。特に南島では。でも、今日はまたまた夏です。半そでOKです。
img src="/nzescltd/timg/middle_1194753209.jpg" border="0">クリックすると元のサイズで表示します
ご夫婦がアイスクリームを食べていますが、ここニュージーランドはアイスクリーム個人消費量世界一ってご存知でしたか?季節関係なく、どこでもだれでも食べていますよ。また、農業国だけあって美味しいのも事実!<クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/11/9


いよいよクライストチャーチにも夏到来の雰囲気です。空気の色、匂いがまさしく「夏」!!学校のグランドで遊んでいる子供たちの額にも何となく汗が。車に乗っても夏の日差しが容赦なく差し込んできて!でも、ひとたび窓を開けると、乾燥したちょっと涼しい感じの風が舞い込んできて・・・・あ〜!気持ちいい。この感覚を何とかお伝えしたいのですが、言葉ではこれが限界かも。
明日くらいには、写真を載せましょう。
0

2007/11/7

クライストチャーチ晴れ!?  ニュージーランド一般情報

クライストチャーチ(ニュージーランド)の晴れた日の空はとてもきれいです。ブルーの色が違います。ある高校の校長先生(ニュージーランドの)が「空がきれいに見えるということは、何でもあなたが日本で見ているものとは、微妙に色が違うのよ」って言われて、「そうか〜!そりゃそうだよな」って納得しました。
今日は、最高気温が20度まで上がりそうです。いよいよ夏がやってきそうです。クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/11/7

お詫び  分類なし

前回の記述の中で、飛行機の種類をボーイング380と記載しましたが、エァバスの間違いでした。訂正してお詫び申し上げます。
0

2007/11/4

シンガポール空港にて  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します
このたびは、某市の短期ニュージーランド派遣事業参加の1名と長期高校留学の現高校1年生が一緒です。市の派遣事業は今年で4年目で、成功していると思います。高校生は、明後日から語学学校に約1ヶ月通い、2月からニュージーランドの高校生として3年間がんばります。
ところで、シンガポールに到着したら、すぐに大きな機体の飛行機が目に付きました。そうです!ボーイング380です。すごいです。こんなにすぐに、目の前で見れるとは思っていませんでした。大きい!
写真をご覧ください。写真では大きさが伝わらないかもしれませんが・・・。ご存知のない方のために、このボーイング380は、すべて2階建て、席をいっぱいにセットするとなんと800名が乗れます。シンガポール航空が世界で初めて導入し、座席数470ぐらいで運行しています。機内は、すばらしい内装で、個室も12ありますし、ビジネスクラスの席もフルフラットです。(乗ってみたい!)まだ、あまり写真がマスコミでも出ていないので、この写真でご覧ください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ