2007/12/7

2度あることは、3度ある?3度目の正直?  ニュージーランド留学サポートについて

今朝も、午前2時に起床!眠い目をこすりながら(こすらなかったけれど)車で約40分先の町へ、高校生を迎えに行きました。今日は珍しく、道中結構車がいて、皆何をしているんだろう?と思いつつ、たぶん向こうも同じことを・・・・。今日も無事動物を1匹もはねることなく、クライストチャーチへ。もう一人を迎えにクライストチャーチ市内へ行き、二人を乗せて空港へ。さて、今日はチケットのトラブルがないように・・・と祈りつつ、車の中でチケットの確認!「え〜〜〜???」一人のチケットの便名とか時間が全然違う!!合っているのは、国際線の便名だけ!!日本の某旅行代理店で発行されたもの。ちょっと言葉は悪いのですが、「でたらめ!」。でも、でも、乗れないわけじゃない。国際線の便名は合ってる。だから、国内線のオークランドまでの早い時間の飛行機が空いてさえいれば・・・。空港のチェックインが始まって、一番でチェックイン!で、「何か言われるまでは、何も言わないほうがいいから」と高校生には言っておき、ちょっと知らんぷり。荷物もベルトの上で、クレームタッグも付け始めた。「荷物を入れると言うことは大丈夫かも」と高校生に言った途端。「Excuse me.この便名が違いますけど・・」きたきたきた。「どうも旅行会社のミスらしいんだけど、早い便に乗せたいんだけど」と平気な顔で言ってみた。「今日は予約がいっぱいなので、全員がチェックインが終わらないと分からないんです。」と言いながら、彼女の手には「スタンバイ」と書いた黄色い紙が握られていた。あ〜〜〜??「あと30分したら、あちらのカウンターの前に来てもらえますか?」とパスポートとチケットのコピーを返された。高校生には、「飛行機には何かのために予備席があるから・・・大丈夫だと思う。でも、日本に電話しといた方がいいかな〜。でも、夜中だからやめよう!」独り言のようにつぶやいて、一緒にコーヒーを飲みながら、ひたすら待つ待つ待つ。少し早いが、カウンターに二人で行って、「とにかく、笑顔でね」と言いながら、担当の偉い人が前を通るたびに二人で「笑顔!」。仕切っているのは、所詮人間。機嫌を損ねないように。いよいよ出発まで15分ちょっとというところで、その偉い人がもっと偉い人に見えるぐらいの笑顔で何事もなかったかのように、「じゃぁ、これね!」と搭乗券をポンとカウンターの上に。二人で「Thank you!!」の嵐。よかったね!
これ以上無いぐらいの笑顔で飛行機に乗り込む彼。写真の顔がそれを物語っているでしょ。
クリックすると元のサイズで表示します
まだかなぁ。不安顔。
クリックすると元のサイズで表示します
やった〜!当たり前なのになぜか嬉しい満面の笑顔!
0

2007/12/6

今日の夕焼け  ニュージーランド一般情報

今日の夕焼けの写真をご覧ください。
ちなみに、時間は午後9時です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
運転しながらなんで、ちょっとぶれました・・・・
0

2007/12/6


今日は、昨日と打って変わり春のような気温。と言うとなんですが、要するに涼しかったってことです。ここニュージーランドは、日本のように昨日も今日も大体何度ぐらいだねってことが通用しません。本格的な夏(12〜2月)になると割と落ち着きますが、それ以外は、毎日天気予報を見て、あ〜って感じかな。
午後から、ある名門高校に見学に行ってきました。名門!です。で、提携の話しまで行くのかなと思ったけど、行かなかったんですね〜これが。まぁそんなに簡単なものじゃないです。で、たぶん明日再度別の担当の先生から連絡をいただけそうなので、それでどうなるかな〜?!それが決まったら、もちろん学校名等公開しますけど、今日は、今日会った担当の先生二人との写真だけ載せます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/5

留学して失敗しないために  ニュージーランド留学のしかた

ここのところ、よく聞く話し。(私も結構お目にかかる)
最近の日本人は、何でも人のせいにする。逆に言えば、いい訳上手。自分は悪くないから、あの人が悪い!先生が悪い!学校が悪い!ホストが悪い!・・・自分も悪いかもなんて思ってもいない。これでは、もちろん日本でもうまくいかないと思いますが、留学しても、成功はしないでしょう。自分の悪いところを自分で理解し、それを治そうとする姿勢がないと・・・我々が何を言っても無駄!と言っても過言ではない。我々は、常に子供たちのためを思って、良くなるために、うまくいくために、様々なアドバイスをしますが、これを無視するようだとはっきり言って「失敗」します。冒頭で述べているような、「自信」が出来る以前に、「自信をなくす」方へ・・・。
「自分も悪いところがあるよな。」「自分を変えないと、何も変わらない!」と言う気持ちを持つことがとても大切です。
0

2007/12/5


ちょっと硬い?話。皆さんは、日本の郵政民営化が、少しだけこのニュージーランドがモデルになったこと、ご存知ですか?実はそうなんです。
今、このニュージーランドの郵便局は民営化され、もちろん競争相手も出てきていますが、やはりどこの国でも一緒なのか、民営化された雰囲気は???でも、郵便局の中で売られているものは、日本の郵便局よりずっとずっと!便利。手ぶらで行っても、手紙も小包も全部出せます。要するに、物が揃っているという事。それに、ここの郵便局では、ほとんどの企業ならびに公共機関の振込みが出来る。また、車の名義変更や、免許の住所変更等もここにある書類ですべて済んでします。最近、KIWI BANKなる日本の郵便貯金ではないが、銀行もスタート。窓口ではこの業務はせず、他の部屋でしている。日本では、民営化になる前から、郵便受付窓口より保険と銀行業務の窓口の方が多く、どちらが本業かわからない状態だったように私は感じていたのですが・・・・。
売っている物を撮ってきたので、少しご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します
便箋、封筒、箱、大きな袋類もすべて揃ってる。
クリックすると元のサイズで表示します
下の左にあるのは、CDを送る箱、その右の筒は、ポスター等を送るもの
クリックすると元のサイズで表示します
この棚には、自動車の書類がすべて揃ってる
0

2007/12/5

先生の旅立ち〜Surprise Party  ニュージーランドの教育

今日は、生徒の旅立ちではなく、先生の旅立ち!この先生は、クライストチャーチでも名門ミッション系学校(幼稚園から高校・インターナショナルまで)のインターナショナル部門の校長先生。15年間この学校で活躍され、今のインターナショナルの元を作られたのもこの先生。今回辞められ、フランスの田舎になんと900年前のお城を手に入れ、そこに行かれるとのこと。900年ですよ。私の最初に質問は、「お化け出ないの?」でした。そうしたら、「私が一番最初に不動産屋に聞いたのも、同じ質問だったわ。出ないそうよ」って言われたから、意地悪にも「業者は出ても出ないって言いますよねっ」って言ったら、本人も周りにも大受け!

今日は、サプライズなので、先生が到着するまでは先生は何も知らされていない。だから、サプライズ。先生たちや、外国からの生徒のエージェントが呼ばれていました。
クリックすると元のサイズで表示します
教頭のDavidの司会でスタート!
クリックすると元のサイズで表示します
校長も花束をもらって感無量?!この国では、多くの女性校長先生が活躍!
クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、みんなで記念撮影!!
私もプレゼントをどうしようかと迷った末、下の写真の3点にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
上の2枚は表裏です。非常に珍しいA3サイズの大きなカード!英語の分かる方は是非読んでみて下さい。参加者全員から大喝采?大爆笑でした。*皆にどこで買ったのか聞かれました。
クリックすると元のサイズで表示します
先生たちと事前にFunny Faceで写真を撮り、写真たてに入れてプレゼント!これまた大受け!
クリックすると元のサイズで表示します
本の中は、普通のフランス語の参考書。表には、「新しい棲家に住むことを決めたニュージーランド人へのスペシャルアドバイス本!お城をどうやって綺麗に保つ方法は、この本をよく読んで勉強すること!」と言う偽表紙を作って渡しました。これも当然大爆笑!!〜大成功!!
0

2007/12/5


タイトルの通り、「夏だ〜!!」
いや〜今日は暑い!日差しが完全に夏!
夏の匂いのひとつに、アスファルトの焼ける匂いがあることに今日気がつきました。
その匂いを嗅ぐと、夏がきたんだな〜って実感できるような気がします。
クリックすると元のサイズで表示します
日差しhが伝わるかな〜?!
クリックすると元のサイズで表示します
日差しその2 愛車は黒なので、余計に暑い!
クリックすると元のサイズで表示します
典型的なキーウィ(ニュージーランド人のこと)の夏のスタイル!Tシャツに半ズボン
肩が落ちているのは、暑さのせいではなく、お歳のせい?
0

2007/12/4

日本の教育?文化?  ニュージーランドの教育

今日は、書くことが盛りだくさん。先ほどから、語学学校の校長(オーナー)である、Mrs.Kathryn Thorne先生と日本の教育について話が盛り上がりました。で、レポートしたいと思います。
私は、(私だけではありませんが)常々、日本の教育(文化)は与える教育である!と言ってきました。だから、こちらに来て、「取りに行く(考える)」教育を受けると、何かしら頭の中が変わると申し上げてきました。
で、先ほどMrs.Thorneが日本の文化はすごいけど、頭に良くない。と言いました。例えば、日本ではどこからとなく、女性の声がして「入り口はこちらです。」「このエレベーターは上に参ります」「お金はここに入れてください」・・・・・とすべて案内してくれる。要するに、考える必要が無い!言われた通りのことをしておけば間違いが無い!でしょ?って言われて、「その通り!」と。ほかにも、例えばインターネットで何かを検索します。ひとつの事柄について、3通り調べたとします。その3通りを結びつけて、答えを出さないといけないのですが、日本では、3通りが答え!ってなっている。要するに、インターネットで調べたことの「コピー」を作ればそれで終わってしまう。何かを探し、考え、結びつけ、と言うことをしなくても良くなっているのが日本じゃないだろうか。
また、Mrs.Thorneは、「これは日本だけじゃない。アジア全体に言えること」とも。だから、この学校では、単に英語を教えるだけじゃなく、「考える」作業に慣れる時間とスキルを授業に取り入れている。そうしないと、いきなり高校などに入ると、考える力が無く、「え〜なんで教えてくれないの?」と不満ばかりが出てくる。そういう教育機関が多くなればいいのに。切実です!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/4

ペットの留学?いえいえ  ニュージーランド一般情報

街中で見つけたトラック。見ると、ペットの移動トリマーさん?!ちょうど昨日の朝、ニュースでやってたのだ!トラックの後ろの荷台の部分に、お風呂とトリマー台があり、トラックの中で、気持ち良さそうにシャワーをしてもらう映像を昨日見たばかり。これだ!日本にもあるのでしょうか?留学には関係ないと思われるかもしれませんが、この国、ペットを飼っている人も多いし、たとえば犬は、小さな時に犬の幼稚園に入れないといけないと言う決まりもある。そのため、先般ご案内したCPITには、アニマルケアーのコースもあります。これを勉強するために来る日本人も増えるんではないでしょうか?!
ちなみに、このクライストチャーチには基本的に野良猫はいません。猫が歩いていたら、どこかの飼い猫です!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/4

語学トレーニングセンター  ニュージーランドの教育

午後からは、語学トレーニングセンターの社長二人と打ち合わせ。社長二人って?って?二人社長制を取っていらっしゃるので、その二人と打ち合わせ。
ここのメインは、海外の英語の先生のトレーニング。もちろん主にはアジアの先生たち。年々、こちらへ来られてトレーニングを受ける方、また先生をその国に招聘してトレーニングを受ける方(国や学校)が増えています。日本も小学校から英語を教えることが決まって、各教育委員会や学校で様々な取り組みをされていますが、効果が上がっているのでしょうか?もしそのようなことで、お困りでしたら、私どもにご相談いただければ、一挙に解決いたします。自信を持って!クリックすると元のサイズで表示します
右のJennyの顔がこわばっているのはなぜ?この写真を撮る前に3人で大笑いをしていたので、疲れたのかな〜?!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ