2008/1/31


ラジオって日本でもあまり聞く機会がない。聞くとすると車の中。カーラジオ。
日本と海外のラジオの使っている周波数って違うの知っていました?
マニア?の方ならご存知でしょうが、例えば日本とここニュージーランドでも違います。日本から輸入した中古車についているカーラジオのスイッチを入れると、2〜3局しか入らない。おまけに1つはクラッシック専門。さすがの私も・・・特に長距離を走る機会が多いので、何とかしたかった。もちろん、ステレオ本体を変えればいいのですが、そこまで・・・・。でも、周波数変更機(名前は定かでないですが)ってものがあるのです。車のステレオとアンテナをつなぐ線につける小さな機械。電源は必要ですが、ラジオの電源から取って、後はアンテナ線につなぐだけ。先日、その部品を買ってきて自分でつけてみました。ラジオをはずして・・・所要時間約30分で終了。スイッチを入れてみる。お〜!たくさんはいるじゃないですか〜!嬉しい!私が一番聞きたかった94.5hzイージーリスニング・チャンネル。聞けます!
ここだけじゃなく、海外ではFM局が非常に多い!日本では本当に少ないし、喋りが多い局ばかり。海外では、音楽がほとんどという局が多い。コマーシャルが無いと、収入が無いので、どうしているんだろう?って考えてしまうが、音楽が聴ければいい!
ちなみにこの部品の値段は、約900円ぐらい。
0

2008/1/31


この国には、日本の文化と違うな〜ってことを時々感じさせられますが、下のポスター?がよく飲食店に貼ってあります。意味は「酔っ払いには、お酒を提供いたしません」ほかのポスターには「酔った方には、お酒を提供しませんし、お引取り願います」と書いてある。先日、飲食店に勤めている方に話しを聞く機会があった。「この国では、看板に書いてあるとおりで、酔った方には、今日はもうお酒出せないので、帰りましょう。って平気で言えるんです。もし従わなかった場合は、警察を呼ぶ権利もありますし、店から切符を渡せるんです。切符を持っている人には、お酒を提供しない権利もお店には与えられているんです。」すごくないですか?いいじゃないですか〜!気持ちよくお酒を楽しみ、喧嘩になりそうだったら、お店が権利で追い出せる。日本もこういうのを考えたらどうでしょうか?ちなみに私はお酒が飲めません?!
「じゃぁ、僕はニュージーランドに行ったらお酒が飲めないの?」って考えている方!そうそう!あなたですよ?!
クリックすると元のサイズで表示します
この文章の上に、Lawと書いてあるポスターもあります。
0

2008/1/31


昨日30日には、別の学校に行く新入生が、担任の先生の面談を受けました。
新入生は、一人ずつ担任の先生が丁寧に、授業のこと、ロッカーのこと、荷物のこと、教室のこと・・・・・1つずつ説明してくれます。
「明日(31日)は朝8時45分に体育館に集合し、全校集会の後、スコットハウスミーティングがあり、その後はこの教室で、一日同じクラスのみんなと過ごすからね。分かった?」「はい!」初日からしっかり先生の言ってることが分かっています。すごい!
この学校の同じクラスには、1年生から3年生まで混在しています。各学年の生徒が、先輩後輩で仲良く色々な催しに取り組んだり、毎朝のホームルームで交わっていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
「ここには各科目の先生の名前が書いてあるから、毎日タイムテーブルを見ながら、その教室に行くんだよ。」「はい!」担任のMr.Irving(アーヴィング)先生から説明を受けます。

クリックすると元のサイズで表示します
保護者説明会が後日行われます。案内が生徒に渡されます。
0

2008/1/31

いよいよ!不安な新入生と先輩  ニュージーランド留学サポートについて

29日に新入生が学校のある新天地に移動しました。
学校では、早速選択科目の決定や、制服の購入などなど、あわただしい時間が過ぎていきます。もちろんホームステイをしますので、新しい家族との出会いも。
そんな中、彼の安心の材料?になるのが、先輩たちです。先輩たちと、学校外で会い、質問をしたり、先輩から注意事項があったり。緊張しますが、楽しい時間を過ごしました。
クリックすると元のサイズで表示します
先生と選択科目を相談しながら決めていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
先輩たちからアドバイスも。話をしているのは、この街にある、カンタベリー地方で一番有名な(美味しい!)パイを食べられるBakeryです。

クリックすると元のサイズで表示します
新しいホームステイ先で。新しい家族の誕生。あらたに、小さなかわいい弟と妹が出来ました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ