2011/3/11


現地マネージャーより近況がきましたのでご覧ください。

 2月22日の地震後以来、学校は休校していましたが、昨日(3月9日)から、学校が再開しました。被害の集中した、シティはまだ立ち入り制限区域になっていて、シティーを中心に運行している市バスは前面運行していませんが、NZESCのほとんどの生徒は、シティーを通らないバス路線ですし、スクールバスも運行していますから、問題なく通学できています。
 今日、昼休みに学校を訪問し、みんなに会って来ました。地震後の休校が長く外出もままならなかったため、時間を持て余していた感もあるので、学校が始まって、みんな一様にいい笑顔を見せてくれましたが、休みが長かった分、生活のリズムが乱れて、体がだるく感じる生徒もいました。4月16日から、2週間の秋休みは、予定どおりなのかはまだ分かりません。クライストチャーチ全域の学校が、昨日から再開されたわけでもなく、東部地域を中心に小中高あわせて、9つの学校が、再開出来ないほどのダメージを受けており、被害のなかった高校の校舎を使って、午前部(8:00am〜1:00pm)と午後部(1:00pm〜6pm)に分かれて学校を再開するところもあります。合併を余儀なくされた学校も、そうでない学校も公立は、来週からの再開を目指しています。ミドルトンは、公立高校ではありませんから、合併はありませんが、他校からの一時的な転入を一部受け入れていて、違う学校の制服を着た生徒達がちらほら見受けられました。
 今回の地震は、生徒たちは学校で被災しましたが、300人を超える死者、行方不明者が出た大惨事でありながら、学校での重傷を負った生徒や行方不明者、そして死者が出なかったこと、また、ミドルトンや、生徒のホームステイ先の被害もほとんどなかったことは、まさに不幸中の幸いです。まだまだ、一日に数回は余震を感じます。ですから、常に避難方法、安全管理を意識した生活、そして一日も早く、もとの生活パターンに戻れるよう励ましています。
生徒の写真の一部をご覧ください
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4

2011/3/8


在留邦人各位



       クライストチャーチにおける地震の発生(3月8日)

                                平成23年3月8日

在ニュージーランド日本大使館

      クライストチャーチの状況を以下のとおりお知らせします。

1 被害状況
 報道等の情報によれば、クライストチャーチ市で生じた地震による死者数は166名となっています。

2 支援・インフラ等に関する情報
(1)市内の水力供給は89%ほどに回復しています。また市内電力の96%が回復しています。
(2)NZ防災省によれば、被災住宅周辺に放置されたゴミや汚水が河川に流れ込み、衛生環境を悪化させていることを受け、今週7日(月)〜11日(金)の間、市内の緑蓋及び赤蓋のゴミ箱(家庭ゴミ及び生ゴミ)については、所定日の如何を問わず回収作業を行う(黄蓋のゴミ箱(リサイクルゴミ)については、所定日の回収)模様です。
(3)NZ防災省により発表された、クライストチャーチ市のリカバリー支援センター(Recovery Assistance Centre)設置場所は次のとおりです。
Linwood Community Link:154 Aldwins Road
Linwood Wainoni Aranui Recreation Centre:31 Hampshire Street
Wainoni Parklands Baptist Church:180 Queenspark Drive
Parklands St Faiths Hall:46 Hawke Street
New Brighton Nga Hau e Wha Marae:250 Pages Road
Aranui Shirley Rugby Club:Burwood Park, New Brighton Road, Shirley/Dallington
Lyttelton Recreation Centre:25 Winchester Street, Lyttelton
Sydenham Community Centre:23-25 Hutcheson Street, Sydenham

3 立入制限地区(cordon)の一部解除
NZ防災省によると、次の日程にて、クライストチャーチ市CBD北部(zone3)の立入制限解除が行われる模様です。
3月10日(木)8:00:住居所有者及びビル経営者等
同11日(金)8:00:一般公開

詳細は次のWEBページを参照下さい。
○Canterbury Erthquake 内関連WEBページ
http://canterburyearthquake.org.nz/2011/03/07/public-information-update/
○NZ防災省HP(地図あり)
http://www.civildefence.govt.nz/

4 その他
(1)NZ防災省はカンタベリ地域の住民に対し余震などの二次災害に備えた注意喚起を呼びかけています。今後とも引き続き安全情報の確保に努めて下さい。

(2)関連情報サイト案内
○Environment Canterbury 作成のWEBサイト
http://canterburyearthquake.org.nz/
※水の支給については、同サイト内の次のページをご覧下さい。
http://canterburyearthquake.org.nz/water-tanker-timetable-for-deliveries/
○NZ政府HP
http://www.beehive.govt.nz/
○NZ警察HP
http://www.police.govt.nz/
○NZ防災省HP
http://www.civildefence.govt.nz/
○クライストチャーチ市HP
http://www.ccc.govt.nz/
○TVNZ(国営放送CH1)HP
http://tvnz.co.nz/
○ACCHP
http://www.acc.co.nz/index.htm
○NZ赤十字社HP
http://www.redcross.org.nz/cms_display.php?sn=55&st=1
○EQCHP
http://www.eqc.govt.nz/home.aspx



0

2011/3/8


このたびの地震で、私の知人・友人で数人と連絡が取れない状態が続いていました。
しかし、先日書いたfacebookの発信のお陰で、全員の無事が確認出来ました。
やはり、地震の影響で、電気が止まっていたのが主な原因のようです。
しかし、確認されるまでは、このことは正直誰にも言えず、またどう言っていいのかも分からず心を痛めていましたが、一気に解消されました。本当によかった。
一人は、大聖堂から徒歩2〜3分のビルで仕事中でした。メールによると、やはりそのビルも隣のビルが寄りかかってきた状態で、ほぼ倒壊したようで、地震の時には、頭の上に天井が落ちてきたようです。ただ、怪我は無かったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
地震後に皆で元気にランチをした時の写真を送ってくれました

とはいえ、まだ遺体確認が出来ていない方が、日本人を含めたくさんいらっしゃいます。早くすべてのことが確認出来るように祈りたいと思います。
NZのマスコミやEducation New Zealand等のレポートによると、被害を受けて学校もあり、その生徒は、今週から随時クライストチャーチの被害を受けていない学校に校舎を借りて授業を再開するようです。これらの判断と行動が非常に早いと思います。
また、首相とクライストチャーチ市長は、大聖堂を含む街の復興計画をすでに固めたようで、15年を掛け、Bealey AvenueとMoorhouse Avenueの間の街づくりに早急に着手するようです。一日も早い復興も祈りたいと思います。
2

2011/3/8


Middleton Grange Schoolより、今回の地震を教訓に「緊急時対応表」が発表されましたので、お伝えいたします。*生徒・ホストにも同じものが渡されています。

MIDDLETON GRANGE SCHOOL
Earthquake and Aftershock Emergency Response Plan
This plan defines the responsibilities for action in an emergency affecting Middleton Grange School. The response to an earthquake depends on where you are at the time the event occurs
Is there any immediate Hazard?
Indoors
Outside
DROP, take COVER under desks, table or door frame and remain there until told to move by a staff member. HOLD on to desk or table legs.
No
Yes
 Remain Inside
 Pupils await instructions from a teacher
 Safely proceed directly to the evacuation area
 await further instructions
No Bell or 3 Short ‘All Clear’ Bells Sound
A continuous Evacuation Bell or Siren Sounds (will be within 2-3 minutes)
 Staff Check Wellbeing of pupils.
 Physical
 Emotional
 Y7-13 Send pupils who require assistance with another calm student to Student Services
 Y1-6 Teachers manage pupils in class (HOPS, AHOPS, Librarian or Teacher Aides will visit classes)
 Resume Lessons
 Safely proceed directly to the evacuation area (Rolls are to be taken as for Fire Evacuations)
 await further instructions
Safely move well away from buildings, balconies and stairways to an area clear of any hazards
Under no circumstances re-enter the building within 5minutes or until an all clear bell sounds
No Bell or 3 Short ‘All Clear’ Bells Sound
 Duty Teachers and Prefects check on Pupil Welfare
 Continue with Activities
PTO
General
 Year 7 -13 Pupils are not to visit the Primary School
 If power is disrupted any evacuation will be signaled by continuous blasts on hand held sirens or by a Staff member wearing a fire warden’s vest providing instructions.
 If deemed necessary, the Property Manager or his delegate will turn off electricity and gas.
EMERGENCY PROCEDURES
FOR THOSE IN WHEEL CHAIRS
 If the person is downstairs and is easily evacuated, then do so.
 If the person is upstairs then take them to a safe place and leave them there with a caregiver.
 Safe Places Include:
o Under door frames.
o In the stairwell assuming it is clear of hazards
 Do not use the lift.
 The Head Warden should be told where exactly the person is so that an appropriate recue can be made. OR
If the person is in danger two caregivers (teachers) can tilt their chair backwards (one holding the handles at the rear of the chair, and one holding the seat or frame of the chair from in front) and take them down the stairs
Senior Leadership Team Duties
Immediately Text the Principal with a code for recommended action
Principal or his delegate’s duties
Makes decision with regard to school evacuation
E
Evacuation recommended
O
All OK
Follow the emergency response plan
Run to the control Centre
(Unless higher needs at their current location)
Rings continuous Bell for Evacuation
No Bell or rings 3 Short ‘All Clear’ Bells
Pupils and Staff return to class activities
(Staff follow procedures to further check Pupil’s Wellbeing)
 Establish and remain at a Control Centre near or in the staff carpark outside the administration area.
 Take charge of all activities.
 Designate an area and staff members to accommodate first aid requirements.
 Ensure school roll including visitors checked off as soon as possible.
 Ensure attention is given to special needs/disabled people on site.
 Using the school’s communication system or non-teaching staff, check with each class teacher as to their well being or needs.
 Ensure the telephone system is initially only used for the sole purpose of contacting emergency services for assistance.
 Determine whether or not to resume normal school activities.
 If parents/caregivers collect their children, they need to sign out on an A-Z roll at the control centre
 Approve the departure of any teaching staff leaving the school premises.
 If the school needs to be closed, ensure parents/caregivers are informed to collect pupils.
 If it becomes essential to move staff and pupils to an alternative site, ensure a large notice is left at the vacated premises in a prominent position stating the new location.
 Consider the possibility that some pupils may not have been collected by normal school closing time. Ensure arrangements are in place to cover this
0

2011/3/6


ちょっと前後しますが、2月28日に学校に集まった、地震後初めての生徒の写真をご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します
4

2011/3/6


NZから高校の卒業式のために、一時帰国していた二人がNZに帰りました。
帰ったら余震があったようですが、周りの環境もまだ落ち着いていない中、ボランティア活動も視野に入れて頑張る覚悟を聞いております。
本当に気をつけて、頑張ってください。

クリックすると元のサイズで表示します
5日にクライストチャーチに到着したNIさん

クリックすると元のサイズで表示します
6日にクライストチャーチに到着したRO君
2

2011/3/6


Middleton Grange School情報以下の通りです。(取り急ぎ原文をアップします)

Dear Parents and Care-givers,

It was good to see many of our Year 10-13 pupils this week for a fun day out at Hanmer Springs and some English lessons on Friday at the venue around the corner from our school. The good news is that the school is preparing to open this coming week. Here is the letter from our Principal, Mr Vanderpyl. Please read carefully. We will phone the parents, guardians or homestays of all pupils once we have the confirmed first day back.



Thank you very much for your patience in waiting to hear when Middleton Grange School would reopen. The Board has not been allowed to make a decision on this because we have been and remain under Civil Defence rules. We have however been busy getting ready so that when we are able to make a decision, it can be done so quickly. Be assured that we are not holding information as to when the school might or might not reopen, as we have received information from the Civil Defence or the Ministry of Education we have passed this on.



There is a Ministry of Education process we have to follow before we can reopen the school. It is a comprehensive list, but in summary it is:

1. Civil defence rules to be lifted or adapted for schools. (They have already adapted them so that adults are allowed on the school site, but NO pupils as yet)

2. Structural Engineers report (this has been done and sent to the Ministry of Education)

3. Repair work as needed (this has been done)

4. Water quality (we have had it tested and it is clear, but pupils must bring their own bottled water until the CCC lifts the boil water condition. We will have some boiled water on site for contingencies)

5. Sewerage working (it is working)

6. Staff are physically and emotionally safe to return (we contacted our staff last weekend and will do so again this weekend)

7. Transport available (there will be small changes to school bus services, routes 2 and 3, these will be communicated to you next week and via the website)

8. Pupil welfare needs can be met (we will have counselling staff on site for the week and we will also allow parents to stay at school during the day if they wish – the staffroom will be available for tea and coffee.)



Our plan is this:



Day 1 (Tuesday 8th March) – Teacher Only Day. This is to allow staff to meet together for the first time since February 22nd, to redesign curriculum plans, hear from the guidance counsellors, and get their classrooms ready for pupils.



Day 2 (Wednesday 9th March) – pupils return ASSUMING we have MOE clearance. The Board cannot allow pupils on site unless we have this approval from the Ministry of Education. . This will be a late start to the day, beginning at 9.30am. While we would like all pupils to return we understand that some in the Eastern Suburbs may find this a little difficult so do not feel under compulsion to return your child to school if there are greater home needs. I will email you early next week a programme for the morning where we will have an assembly etc. I will also email you our emergency procedures so that you can see how we deal with these types of emergencies. The Senior Leadership Team have met to review these and added some extra guidelines to ensure even greater safety for your children.



Please contact the school where there are particular needs we should be aware of for your children.



Please keep an eye on the school website which I hope will be updated later today to reflect this information.



I am sure that all of you will have either a close connection or know of someone who has tragically died in this earthquake. Our love and condolences go out to you and we know that the peace of our Lord is with you.

I want to mention in particular that Ryan Thompson (staff member) lost a younger brother Isaac in the earthquake. Isaac was an ex-pupil of Middleton Grange School.



Do talk and pray with your children about the return to school next week, pray also for staff and their readiness to recommence teaching and learning.





Please call our office 341 4054 for emergency numbers if required or the office on Monday if you have further questions.





Best wishes



Greg Scott

Director

Middleton Grange International College

50 Acacia Avenue

CHRISTCHURCH 8041

NEW ZEALAND

Phone: +64 3 341 4054/ Mobile: +64 21 2422868 Fax: +64 3 341 4056

www.middletoninternational.com

Created For Community



0

2011/3/6


3月2日付けの大使館情報です。

在留邦人各位



       クライストチャーチにおける地震の発生(3月2日)

平成23年3月2日

在ニュージーランド日本大使館

クライストチャーチの状況を以下のとおりお知らせします。



1 被害・救出状況

 報道等の情報によれば、これまでのところ死者159名、240名以上が行方不明(死者数が含まれる可能性あり)となっています。



2 支援・インフラ等に関する情報

(1)市内の水力供給は66%ほどに回復しています。また市内電力の87%が回復しています。



(2)Environment Canterburyによると明日3日より2週間、毎日7:00より19:00まで市内の一部の区間においてバス及びフェリーの無料運行を行う模様です。路線等の詳細はEnvironment CanterburyのHP(3.(2)参照)または次のWEBサイトにてお確かめ下さい。

http://www.metroinfo.co.nz/



(3)TVNZの報道によると、カンタベリー地区医療スタッフにより、ワイマカリリ川(Waimakariri River)河口〜リトルトン港(Lyttelton Harbour)間のビーチにおいて下水による汚染が進んでおり、健康上の問題が生じる恐れがあるため、近づかないようにとの呼びかけが行われている模様です。



下水による汚染が進んでいるとされるビーチは次のとおりです。

Spencer Beach、Waimairi Beach、North Beach、New Brighton Beach、South Brighton Beach、Christchurch Estuary、Sumner, Scarborough beaches、Taylor's Mistake Beach及びLyttelton Harbourの全てのビーチ.



(4)ACC及びクライストチャーチ市の発表によると、ACCより、クライストチャーチで生じた地震の被害者に対する保障・支援のための準備を進めている模様です。

内容の詳細はACCのHP(3.(2)参照)または次のWEBページでお確かめ下さい。

http://www.beehive.govt.nz/release/acc-support-chch-earthquake-victims

http://www.acc.co.nz/making-a-claim/canterbury-earthquake/index.htm

 なお、ACCは補償内容に関する日本語パンフレットを作成しています。

 詳しくは上記ACCのHPをご参照ください。

 

3 その他

(1)NZ防災省はカンタベリ地域の住民に対し与信などの2時災害に備えた注意喚起を呼びかけています。今後とも引き続き安全情報の確保に努めて下さい。



(2)関連情報サイト案内

○Environment Canterbury 作成のWEBサイト

http://canterburyearthquake.org.nz/

※水の支給については、同サイト内の次のページをご覧下さい。

http://canterburyearthquake.org.nz/water-tanker-timetable-for-deliveries/

○NZ警察HP

http://www.police.govt.nz/

○NZ防災省HP

http://www.civildefence.govt.nz/

○クライストチャーチ市HP

http://www.beehive.govt.nz/

○TVNZ(国営放送CH1)HP

http://tvnz.co.nz/

○ACCHP

http://www.acc.co.nz/index.htm


0

2011/3/4


このたび、facebookに登録いたしました。
NZのほとんどの学校がすでに登録しており、今回の地震時の生徒との安否確認にも活用されました。そのことから当方も登録をしたところ、e-mailアドレスをコンピューターに登録していた皆様のところにfacebookのお誘いのメールが行きました。お誘いが行くことは存じ上げずに登録し、ご不審に思われた方もいらっしゃるのではないかと思います。
このブログ上で、ご説明させていただき、お詫び申し上げます。
ただ、これからも活用していきたく思っておりますので、ご賛同いただける方は、その旨facebook画面上でご登録いただければと思います。
以上、ご理解いただくと共に、よろしくお願い申し上げます。
1

2011/3/4


大使館より、このたびの地震に関する情報として、下記が送られてきましたので、お伝えいたします。

クライストチャーチの状況を以下のとおりお知らせします。

1 被害・救出状況

 報道等の情報によれば、これまでのところ死者161名、200名以上が行方不明(死者数が含まれる可能性あり)となっています。3日午後、ニュージーランド政府は、被災地における捜索救助(rescue)から遺体のリカバリーの段階(body recovery phase)へ移項する旨発表しました。


2 支援・インフラ等に関する情報

(1)市内の水力供給は67%ほどに回復しています。また市内電力の87%が回復しています。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ