2012/2/20


クライストチャーチの現状を少し・・・・
こちらでも地震から1年を明後日迎えます。テレビも特集を組んだり、新聞各紙もその記事を書いています。
余震も殆ど無くなり、生活は完全に普通になっています。先日もFBに書きましたが、もちろん被災者の方々の苦悩は消えたわけではありません。ただ、救いは、皆さんの前向きな姿勢と実行力だと思います。それは、日本の方々も一緒だと思います。
行く先々で、「いや〜今回の地震は、我々にとってクライストチャーチを再建するいい機会だよ。新しいクライストチャーチを作って皆で頑張って行くんだ」と。また、大聖堂の大司教も市議会に推薦され、議会にも参入し、新しい街づくりに一役かわれるとの話も聞きました。街の中心は、危険と判断された建物が壊されていますが、その他方、その近くで、復興のために新しいビルの建築もすこしずつ。
教育関係は、市の東側の学校で一部まだ校舎が使えない学校もありますが、ほぼ平常の使用に耐えられるように補強等済み、大丈夫です。大学は、建物そのものが古く、ちょうど再建計画が進んでいた時なので、一気にその計画を進めています。今は、平屋の仮校舎で授業をしています。今日から大学も新学期の授業開始。
高校生も大学生も頑張っております。
クリックすると元のサイズで表示します
大学仮校舎
クリックすると元のサイズで表示します
大学仮校舎
クリックすると元のサイズで表示します
図書館は大丈夫でした
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ