2009/5/1


先日28日に以前にもご紹介したJALT(Japan Association for Language Teaching)のミーティングがあり、参加してきました。今回のテーマはPresentation。人に教えることはPresentationだということで、PresentationのスペシャリストMr.Garr Reynoldsが講師として来られて、1時間40分にわたりしっかりと講義?をされました。
Presentationとは?良いPresenationと悪いPresentationの違い・・・・・自分が普段営業でしているPresentationの悪いところも少し?(じゃいけないけれど)分かったような気がします。会場は、文教女子大学のBECCと言う施設。大学が新設した英語教育用の建物。(Bunkyo English Communication Centre)講義終了後、同大学がある広島市の可部という地域にあるインド料理店で会食。もちろんメニューはカレー!美味しかった!
クリックすると元のサイズで表示します
会場となったBECCの外観
クリックすると元のサイズで表示します
ロビーは、Nativeの先生と学生が憩える空間になっていました
クリックすると元のサイズで表示します
Lesson1はThink like a designer!
クリックすると元のサイズで表示します
観念を割ることの大切さを学びました
クリックすると元のサイズで表示します
私の大好きなパワーポイントの弱点も・・・・!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ