2007/11/25

う〜ん!いや〜!  ニュージーランド留学のしかた

あの〜日本で色々とあるとは思いますが・・・・「海外に行けばなんとかなる」とか、「日本で高校を卒業出来ないから、海外に行ったらそれが出来る」って気持ちで、お子さんを安易に海外留学に出さない方が、お子様のためだと言うことを申し上げたい!
海外でお子さんが一人で生活(社会・学校)をすることは、本当に大変なことです。言葉の問題だけじゃないどころか、言葉の問題はほんの一部にしかすぎないのです。その環境の中で生活できるようになれば、それは大きな大きな自信につながることは認めます。間違いないです。でも、ご両親が前述のようなお気持ちで留学を勧められたのなら、お子様はすべて感じ取って、「どうせ・・・・」って気持ちになりかねません。だから、本人の気持ちももちろん大切ですが、ご両親の気持ちはそれ以上に大切だということをご理解ください。
業者選びも大切。心のケァがちゃんと出来る業者選択。これは大切です。当たり前でしょって言われるかもしれませんが、もし私が、その子の親であれば、事前に日本の担当者に会うだけでなく、現地の担当者とも会って見るぐらいはしたいな〜と思いますし、するでしょう。
先般ある高校の先生に言われました。「最近の親御さんは、子供が何かことを起こしたとき(大小かかわらず)、親としてどうしていいか分からず、我々のところに来て、どうしたらいいんでしょう。教えてください。って来るんですよ。どう思います?」
問題解決能力が無いのであれば、その親の子供にも無い!と分かってください。
顔だけじゃなく、人として「子は親の鏡です。」
ある方と、こちらで話をしててすごく思ったこと、感じたことを書きました。
口直し?に今朝の日の出の写真を。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ