2006/6/30

不死鳥のごとくよみがえるハート型おもちゃ  
過日、僕はブログの愛読者の方から頂いた
ハート型のおもちゃを 一日にして壊してしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
その日のブログにも書いたが、
僕は壊してしまったことを大変に後悔している。

抜け殻になってしまったハート型おもちゃ。
よ〜く見ると、ニットのところに
小さい穴が開いているだけで、他のところは健在!

僕は、ママにお願いして、綿を詰めてもらうことにした。
クリックすると元のサイズで表示します
「は〜い! ぎゅうぎゅうに詰めてあげるね」

クリックすると元のサイズで表示します
ありがと。 僕、夢中&没頭でありま〜す。

クリックすると元のサイズで表示します
たまらんぞ〜〜〜!

クリックすると元のサイズで表示します
うひゃうひゃ♪

「おぼっちゃま どう? 面白い?」
クリックすると元のサイズで表示します
「あれ??」 不在・・・・
もう終わっちゃったよ。僕はベランダにいるんだよ。

綿を詰め終わってから 崩壊まで 所要時間約4分。
あっという間の作業である。

これが数回繰り返される日もあり、一回で終わる日もある。
回数はその日の気分次第である。

ママ、このおもちゃ、繰り返し使えるから楽しいね〜。
「ほんとね。いいもの頂いたよね〜。」

さて、今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 豚肉・白米・牛すじのスープ・おから・
 水菜・小松菜・なす・トマト・かぼちゃ

夕方のお散歩では、パパとよく行く『近所のマンション〜川岸一周コース』へ
ママを案内した。
ママにとっては初めての道だった。
「おぼっちゃま こんな道があるのね〜 たのしい〜〜」
ママはやたら感激していた。

今日も蒸し暑かったが、元気で過ごすことができた。
よい一日だった。
0

2006/6/29

パパの名誉回復なるか? 早朝散歩  
一昨日(6月27日)、早朝散歩を激しく拒否され、
さらに昨日、早朝散歩に行くことが出来ないくらい
深い眠りに陥っていたパパ。

僕、ほんとのことを言うと、
 パパって、僕が寝ているときに帰ってきて、
 僕のより 美味しそうな夕飯を食べてる・・・ 不満あり〜!
って思い始めていたんだよ〜。

僕の思っていることが なんとな〜くパパに伝わっていたのだろうか?
今朝は パパはちょっと寝坊したが、
さわやかに起きて、僕を早朝散歩連れて行ってくれた。

5:45 早朝散歩 出発である。

クリックすると元のサイズで表示します
5:46 エレベーターを使わせてもらう。
   相変わらず、床に青いシートが敷き詰められている。
   なんとなく水を思わせるいや〜な感じ。
   やっぱり青色は嫌いだな・・。
   ちょっと緊張している僕です。

今日は時間がない、という理由で
『近所のマンション一周コース』

クリックすると元のサイズで表示します
6:03 お隣のマンションの広場に到着。
 
クリックすると元のサイズで表示します
6:04 少々暑いが、よいお天気である。
   実に気分がよいのだ〜〜。
   「おぼっちゃま 今日は暑くなりそうですな」

クリックすると元のサイズで表示します
6:05 お友達、来るかな〜?
   来るまで、枝をガジガジして待ってるんだ〜。
   「おぼっちゃま そろそろお家に帰らなければなりませぬ。」
   えっ もう帰るのお〜!?
   「もうお時間でございます。」

クリックすると元のサイズで表示します
6:07 この広場に来てから まだ5分経っていないんじゃないのお?
   やだよ 帰りたくないよ〜〜!
   必殺『帰りたくないのポーズ』なのだ。

6:15 帰宅
   「おかえりなさ〜い。楽しかった?」
   僕は無言で ママに足を拭いてもらった。
   パパは、「今日も広場でひっくり返って 帰宅拒否なんだよな〜」
   とママに報告していた。
   ママは 雑巾で僕の背中もゴシゴシ拭いてくれた。
   少しだけ玄関に砂が落ちた。

パパが僕に対しての名誉回復に努力していることは よくわかった。
その努力は認めることにした。
欲を言えばもう少し時間が欲しかったね・・。
   
恒例の今日の夕飯です。   
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・オートミール・カッテージチーズ・レタス・
 キャベツ・トマト・きゅうり・オリーブ油

夕方のお散歩では 思う存分お友達と遊ぶことができた。
とってもとってもお腹がすいていたので、全部食べた。

今日は僕の住んでいる横浜でも30℃以上の夏日になったらしい。
お散歩に出かけるときには、ペットボトルに入った
氷水が必需品になってきた。
(氷水をお友達に分けてあげると 
人気がぐ〜んとアップするんだぜ!ふふっ)

今日も楽しかった。よい一日だった。
0

2006/6/28

螺旋階段を克服できるか?  
僕んちのあるマンションの4階から 
お外に出る方法は 3通りある。
 @ エレベーターを使用する
 A エレベーター脇の階段を使用する
 B 螺旋階段(非常階段)を使用する

@のエレベーターは、乗るときにボタンを押さなければならない。
それを僕はひとりで押すことができない。
エレベーターに乗るには 人間が付き添ってくれなければならない、
という不便さがつきまとう。

Aの階段 これは僕は普通に歩いて使う事ができる。
いざというとこは、これを使ってひとりで地上に
出ることができる。

Bの螺旋階段。問題はこれである。
クリックすると元のサイズで表示します
お恥ずかしいことだが、実は、
僕は螺旋階段に一歩も足を踏み入れることができないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
夕日を浴びて美しく輝く螺旋階段。
ママは 毎日螺旋階段まで僕を連れて行くけれど、
使用したことはない未知の階段である。

ママは、万が一、災害などで、エレベーターもその脇の階段も
使用できなくなる場合があるかもしれないので
僕も螺旋階段を使えるようにしたほうがよい、と
考えているらしい。

その意図するところはよく理解しているが、僕の場合、
そう簡単に螺旋階段を下りられないのだ。

理由? 簡単である。高いところが恐いからだ。
現状では『万が一』のときは、ママに抱っこしてもらって
螺旋階段を使い、地上に降りるしかない・・・。

「おぼっちゃま いつか螺旋階段克服しようね!」
人間との共存は 時に恐怖との戦いとなる。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方のお散歩で、いつもの公園の広場に来た。
沢山のお友達と広場で遊んだ。

お友達に 螺旋階段で悩んでいることを話したら、
そのお友達は一戸建てに住んでいるので、
螺旋階段の存在自体を知らない、と言っていた。
 おぼっちゃま つまらないことでくよくよするなよ〜。
 おもいっきり 遊ぼうぜ〜!
お友達のお誘いに思わず笑顔♪

広場では偶然、♂犬のお友達ばかりが大集合した。
みんな穏やかな性格で、とても仲良しである。
遊んでくれたお友達、どうもありがとう。

今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 豚肉・乾燥鱈・白米・レタス・きゃべつ・
 かぼちゃ・にんじん・ひじき

お腹がすいていたので 残さず食べた。

今日も楽しかった。よい一日だった。
0

2006/6/27

早朝散歩 断固拒否なのだ〜  
5:30 「いってらっしゃ〜い」
   パパと早朝散歩、出発である。
   僕は雨の気配を感じていた。
   パパは長靴&雨合羽というフル装備で、
   何日ぶりかの早朝散歩に燃えているようだ。
   (注:実はパパは、最近犬にはわからない諸事情あるらしく、
   早朝散歩もなかなか実現できない状況なのだ。)

クリックすると元のサイズで表示します
5:32 ママ・・・ 僕ね、お散歩やめようかと思うの。開けてよ。
   「おぼっちゃま ママは現在シャワーを浴びていると思われます。
   今は、ドアを開けられる状況ではございませぬ。」

クリックすると元のサイズで表示します
5:35 マンションの廊下を往復してみた。
   ママ・・ 開けてよ もうシャワー浴び終わったでしょ?
   
クリックすると元のサイズで表示します
5:36 ママ・・・ 雨だよ お外は雨だよ・・・
   
クリックすると元のサイズで表示します
5:40 「おぼっちゃま 小雨でございます。
   出かけてみましょう。お散歩というものは、
   多少気が進まなくとも、行ってみれば楽しいものですぞ。」
   
クリックすると元のサイズで表示します
5:41 いやだあ〜〜〜!! 早朝散歩拒否〜〜〜!

クリックすると元のサイズで表示します
5:41 断固として拒否

5:41 パパ「ただいまあ・・」
   ママ「どうしたの? 早かったのね。」
   パパ「おぼっちゃま 廊下を往復しただけで、
      外まで出なかったんだよ。」
   ママ「そうだったの・・ ご飯食べたら、ママといつもの公園に
      行きましょうね。」

僕は、人間語がしゃべれないから、自分の気持ちを上手に
パパに伝えることができない。
でも、ママは僕の気持ちがよくわかっている。
「おぼっちゃまは、パパがお疲れなのに無理してお散歩行くのは
イヤなのよね。楽しくないものね。」

言うまでもなく、朝食後、僕はママと一緒に
いつもの公園に喜んでお散歩に行った。

今日の犬的教訓@:精神的余裕なしにお散歩に出かけても楽しくない。
今日の犬的教訓A:コンスタントに毎日お散歩に
         連れて行ってくれる人間が好き。

恒例の今日の夕飯です
クリックすると元のサイズで表示します
 牛すじ肉・鶏肉・白米・ビーフスープ・キャベツ・  
 トマト・きゅーり・なす

今日は僕の住んでいる横浜では、晴れて30℃くらいまで気温が上がった。
暑かったけれど、僕は元気!
夕方のお散歩もとても楽しかった。
いつもの公園で遊んでくれたお友達、ありがとう!

今日も楽しかった。よい一日だった。
0

2006/6/26

牛の魅力♪  
ママが大量の牛のすじ肉を買ってきた。
お鍋に入れて、1時間以上もぐつぐつと煮込んでいる。
(ママは、時々、こうして僕のご飯を作り置きし、冷凍保存しているのだ。)

ビーフスープの香りがお家の中いっぱいに漂っている。
ふふふっ 今日の僕の夕飯は『牛』〜♪
楽しみに待っていた。今か今かと待っていた。

ところが! 
今日の夕飯は、はっきり言って、期待はずれだった。
クリックすると元のサイズで表示します
 豚肉・鶏肉・牛すじ肉・白米・卵・
 キャベツ・さつまいも・いんげん

クリックすると元のサイズで表示します
僕は上のほうにある牛すじ肉を食べた。
うんうん 牛すじ肉は 歯ごたえもあるし、美味しいねえ・・。
と思っていたら、食べ進むうちに下の方から出てきてのは、
軟弱な味の鶏肉&豚肉である。

が〜〜ん。もういらない・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
「あら? おぼっちゃま ご飯残したの?
どうしてなのかなあ・・・」

クリックすると元のサイズで表示します
「おぼっちゃま、何? どうしたの? こわいお顔してる・・。
お腹がいっぱいになったんで残したんじゃないの?」
ママ、ちがうよ〜。
僕が何で牛のひづめを持っているのか、
よ〜く考えてみてよ!!

クリックすると元のサイズで表示します
クンクン。 お鼻ヒクヒクななんだよな〜。
ああ・・ いい匂い。牛の匂いが漂ってくる〜。

「もしかして、今、お部屋の中で強烈な牛の匂いがするので、
牛より味の薄い豚とか鶏の肉は 魅力がなくなってしまったの?」
ママ、よく気がついてくれたねえ・・。

この後、ママはお鍋の中のビーフスープを冷ましてくれて、
残してあったご飯にかけてくれた。
夕飯の魅力、グ〜〜ンとアップ!

クリックすると元のサイズで表示します
美味しいよ 美味しいよお!
牛のスープは素晴らしい味だね!!

クリックすると元のサイズで表示します
一応、全部食べたのだ。
「おぼっちゃま もう少しきれいにお皿を舐めてくれると
いいんだけどなあ・・」

今日の犬的教訓:牛を煮込んでいる部屋で 牛以外の肉を
        食べることは困難である。

今日はお天気があまり良くなかったが、
なんとか朝も夕方もお散歩に出かけることができた。

夕飯では、僕の我侭をママが聞いてくれた。
うれしかった。よい一日だった。

九州では大雨による被害が出ているとママから聞いた。
心配である。
被害がこれ以上広がらないよう、祈りながら寝ることにする。
おやすみなさい。
0

2006/6/25

僕の嫌いな色は・・・  
僕の家は、マンションの4階にある。
お散歩の時は、階段かエレベーターを使う。

昨日の早朝散歩で、エレベーターに乗ろうとして、
ギョッとした。
いつもとエレベーターの中の様子が違うのだ。

多分、お引越しか、リフォームをするお宅があって、
そのための荷物の搬出入でエレベーター内を傷つけないように、
という配慮なんだと思う。
クリックすると元のサイズで表示します
それにしても、なんでまた青色のシートなんだろう?
犬としては、こういうところの人間の感覚を不思議に思う。
一瞬、深い水たまりになってしまったのかと思うではないか!

僕は水が嫌いだから、青色とか水色の床は
すぐに足を踏み入れることができないのだ。
エレベーターはあきらめて、階段を使うことにした。

そういえば、暑さ対策として買って貰った
ひんやりプレートも、水色である。
だから、なかなか上に乗ることが出来ずに
悩んだものだった。

クリックすると元のサイズで表示します
早朝散歩を終えて、帰宅するとき、
言うまでもなく、僕は階段を使った。

青い色は苦手である。

さて、今日の夕飯です。
 豚肉・白米・キャベツ・いんげん・人参・
 なす・おから・乾燥鱈

今日は午前中は元気だったが、
午後からは低気圧が近づいてくるのが感じられ、
僕のテンションはどんどん下がっていった。
夕方のお散歩は、いつもの公園に行く気力がなく、
『近所のマンション一周コース』にしてもらった。

明日は残念ながら、雨だと思う・・・。
お休みなさい。



0

2006/6/24

土曜日のひととき  
今日は土曜日だ。梅雨なのに、朝から晴れている。
こういう日は、パパとママはテニスに出かける。

僕はなんとか二人に同行しようと試みた。
  ママが出かけようとする5分くらい前から
  自分のリードとお散歩バックの懸かっている壁の前で
  ずっとおすわりをしてみた。
  その後、玄関のドアの前でずっとおすわりをしてみた。
しかし、こんなに努力をしたにもかかわらず、
ママの「お留守番お願いしますね!」の一言で、
僕の願いは空しく却下され、お留守番決定となってしまった・・・。

パパとママは 13:00ごろには帰ってきた。

「おぼっちゃま お留守番ありがと!」
ママが僕をたくさんたくさん撫でてくれた。
お留守番のご褒美のおやつももらった。

今日はママはゆっくりできるみたいなので、
一緒にベランダで過ごそうよ、と誘ってみた。
クリックすると元のサイズで表示します
「気持ちいいね〜」
うん、僕はお留守番のとき、お昼寝から目が覚めると、
いつもこうやって過ごしているんだよ。
「そうなんだ〜。」

クリックすると元のサイズで表示します
「あっ 車が通ったね!」
うん 通ったね!!

クリックすると元のサイズで表示します
「あっ 人も通ったね!」
うん ママの知ってる人だよね?
「そうだよ。いつもおぼっちゃまのこと、撫でてくれる人だよ。」

ママと過ごすベランダ、いいものだな〜と思った。

今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・白米・納豆・キャベツ・いんげん・
 人参・ひじき・切干大根・胡麻
 この他に、乾燥鱈ももらったのだ♪

夕方のお散歩ではいつもの公園に行った。
数え切れないくらいの 沢山のお友達が集まっていた。
みんなと挨拶をしたり、一緒に歩いたりした。

薄暗くなって だれもいなくなってから、
広場で 万次郎君と おもいっきり走った。

今日も僕は完全燃焼である。
とっても楽しかった。よい一日だった。
0

2006/6/23

お友達、大好きなのだ〜  
僕はお散歩が大好きだ。

寝ることも好きだけど、お散歩のほうが好きだ。
食べることも好きだけど、お散歩のほうが好きだ。
僕にとって 一番はお散歩。
二番は寝ること。三番は食べることだ。

お散歩のどこが好きなんだろうか?と考えてみた。
それは、お友達に会えるから である。

朝のお散歩は、いつもの公園をママと一緒に
早足で歩いて一周するくらいで帰ってくる。
所要時間は40〜50分。
ママが平日はお仕事に出かけるので、
平日の朝のお散歩にこれ以上時間を割くことは
困難だと聞き、僕は納得している。

夕方のお散歩は、いつもの公園を僕のペースで
ゆっくりと歩いたり、お友達と遊んだりさせてもらっている。
一日の中で、一番楽しみにしている時間なのだ。

今日は こんな感じだった。
17:30 出発
17:45 いつもの公園の入り口到着

クリックすると元のサイズで表示します
18:00 広場Aにて 伏せをしてお友達を待つ僕です。
   (お友達に会えたので 広場Bに移動)
クリックすると元のサイズで表示します
18:11 広場Bにて お座りをしてお友達を待つ僕です。
   
クリックすると元のサイズで表示します
18:13 広場Bを住処にしている猫ちゃんたち。
   お友達は犬だけではないのだ。
   この広場の猫ちゃんとはちょっと距離を置いてお話するだけなのだ。
   
クリックすると元のサイズで表示します
18:20 沢山のお友達に会えて、思わず笑顔の僕です。
   (広場Bに満足したら、広場Cに移動)
クリックすると元のサイズで表示します
18:51 広場Cにて 今日の一番のアイドル的わんちゃん。
   テリアのマツちゃん親子。
   ママさんは4匹を二本の手で華麗に操っていた。

   この他にも沢山のお友達に会えて大満足。
   特に、万次郎君と僕は、人気がなくなった薄暗い公園を
   いつまでもいつまでも走っていた。
   ママたちが 「そろそろ帰りましょうか?」と言うので、
   僕は必殺『帰りたくないのポーズ』。
   ところが、ママの『抱っこ』により、
   公園を後にすることになってしまった。
19:30 帰宅

そして、今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 ラム肉・マッシュポテト・カッテージチーズ・
 トマト・なす・きゅうり・水菜・にんにく

沢山遊んだので、眠くてご飯の途中で寝てしまった。
そうしたら、ママがスプーンでご飯を食べさせてくれた。
なんだかとってもうれしかった。

今日も楽しかった。
一緒に遊んでくれた沢山のお友達、ありがとう。
お陰様でとてもよい一日だった。
0

2006/6/22

鱈がない!   
僕は、犬用のおやつとして売られている
『乾燥鱈(=たら)』が大好きである。
夕飯にトッピングされて出てくると、
例外なく、真っ先に鱈を食べることにしている。

ところが! 昨晩、僕んちの鱈のストックが
ゼロになってしまったのだ。
「おぼっちゃま 明日買って来るからね〜」
うん、絶対に買ってきてね。約束だよ。

夕方のことだった。ママが暗い顔をして帰宅した。
「おぼっちゃま・・ ごめんね・・・
実は・・・ いつものペットショップに行ったんだけど・・・
乾燥鱈 売っていなかったのよ・・。」
えええええっ 買って来るって約束したじゃない!!
「ほんとにほんとに ごめんね。代わりのもの、買ってきたから、
今日はこれで 許してね。」

今日の夕飯です。鱈の代わりのトッピングは何だろう?
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・牛すじ肉・クスクス・いんげん・水菜 トマト・
 なす・ひじき・煮干・乾燥アキレス腱(多分、牛か馬)

クリックすると元のサイズで表示します
ペロッ 舐めてみた。これは肉の一種だ。

クリックすると元のサイズで表示します
「おぼっちゃま アキレス腱 気に入ってくれたかな〜?」
ん? そうね・・ 鱈の魅力にはかなわないことは確かだね。
それに、アキレス腱って すじ肉のことでしょ?
すじ肉だったら、ご飯の中に入ってるから、今日のメニューは
素材がダブってるってことだよね。
それから、あのちっちゃい煮干ってあまり好ましくないね。
明日は 鱈を買って来てね。

クリックすると元のサイズで表示します
うひゃっ いただきま〜す!
(本当は これは美味しいと思っている僕であった。)

今日は鱈がなかったのが、残念だった。
乾燥した鱈の ぱりぱりした感触と味が恋しい。
でも、鱈のほかにも、歯ごたえ&味を楽しめるアキレス腱というものが
存在することを知ったので、有意義な日となった。

夕方のお散歩では、カカオ君と広場で走らせてもらった。
ミニチュア・ピンシャーのカカオ君って 僕より
小さいのに、走るとめちゃくちゃ早いんだ。
僕は驚いてしまった。
カカオ君、楽しかったね。ありがとう!

明日のお天気が心配だ。
今日は早めに寝ることにする。
おやすみなさい。よい一日だった。
0

2006/6/21

早朝散歩で引き受けたことは・・・  
最近、諸事情あって、『朝寝坊のおぼっちゃま』であった。
早朝散歩をサボった日もあった。
そんなことでは いけないよな〜 と思い、
今朝はちゃんとパパを起こして、早朝散歩に行った。

5:35 「行ってきま〜す」
   早朝散歩スタートである。
クリックすると元のサイズで表示します
5:43 僕「猫さん おはよ〜。
     今朝のお散歩は、『近所の川岸コース』。行ってくるね。」
   猫さん「えええっ・・川岸に行くのお?気をつけてね。」
   パパ「おぼっちゃま 猫さん、えらく驚いてますな。
      何かあるんでしょうかね?」
クリックすると元のサイズで表示します
5:54 川の橋に到着
   僕「ふ〜っ 相変わらず橋は恐いよねえ・・。」

クリックすると元のサイズで表示します
5:55 僕「おっ 猫だ!
     さっき、猫さんが心配してくれたのは
     この猫がいるからなのかな?」
   パパ「おぼっちゃま 結構な毛並みの猫ですな。」
   僕「そうだね。少し気むずかしそうだね。」
   僕は ここで引き返すことにした。
   危険を感じたら その先には行かないという
   僕の決断なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
6:06 猫ちゃん「おぼっちゃま〜 待ってたわよ」
   
クリックすると元のサイズで表示します
6:06 猫ちゃん「川岸に向かったと聞いて、
       心配してたの。大丈夫だった?」
   僕「うん! 毛並みのよさそうな猫がいて、
     こっちを見ていたけど、大丈夫だったよ。」
   猫ちゃん「そう・・ よかった。実はね・・・
        最近、変な猫が川のあたりに出没するって情報があって、
        気をつけるようにって 母猫に言われたばかりなのよ。」
   僕「心配してくれて ありがとうね。じゃ また・・」

クリックすると元のサイズで表示します
6:07 パパ「おぼっちゃま 猫ちゃんがついてきますぞ」
   僕「パパ・・・ もう少しだけ 猫ちゃんと遊んでもいい?」
   パパ「仕方がありませぬ。少しだけですぞ。」
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
僕はこの時、猫のお友達みんなに、
時々川岸に変な猫がいないかどうか
パトロールを引き受けることを約束した。
そして、橋を渡って向こう岸に行くという目標は、
当面の間、保留にすることにした。

恒例の、今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・卵・白米・牛すじのスープ・キャベツ・
 ブロッコリーの茎・いんげん・人参

今日は早朝散歩で猫ちゃんと仲良くできて、うれしかった。
夕方のお散歩ではナノちゃんと久しぶりに
おもいっきり走ることができた。
うれしかった。ありがとう!
よい一日だった。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ