2006/7/31

夏用のリード&首輪なのだ〜  
昨日、僕の住んでいる関東地方の梅雨が明けた。
やっと、やっと明けた、というのが僕の実感だ。

僕は、ずっと前に新しいリード&首輪を買って貰った。
夏用の、涼しげな色のものだ。
梅雨が明けたら おろそうと決めていたのだ。

そういうわけで、僕は、今朝、新しいリード&首輪を
つけてもらい、ママと朝のお散歩に出かけた。

早速、ゆりちゃんのパパさんに
「おっ おぼっちゃま 夏仕様のリード&首輪だね!」
と声をかけてもらい、嬉しかった。
パパさんはこれからお仕事に出かけるから、
当然お忙しいはずのに、すれ違うだけでなく、
いつもゆりちゃんと僕を遊ばせてくれる。
今日もゆりちゃんとじゃれることができた。満足である。

次に、モモちゃん・アンちゃん・サチちゃんと
そのパパさん&ママさんに会った。
モモちゃんのママさんも 僕のリード&首輪を見て、
「あっ 夏色になった!」って言ってくれた。
いつもサチちゃんは 僕を見つけると全速力で
走ってきてくれる。僕たちは今日も会えた事を喜び合った。

新しいリード&首輪をみなさんに注目していただいたので、
ママはすっかりご機嫌である。
(なんで人間は リード&首輪のごとき『外見』に
こだわるのであろうか?と僕は犬なので不思議に思う。)
そして、驚いたことに、夕方のお散歩に出かけるとき、
新しいリード&首輪をつけた僕の写真を撮ろうというのである。

クリックすると元のサイズで表示します
17:31 夕方のお散歩 出発。
   僕んちの玄関を出たところ。
   「おぼっちゃま お座りして! 写真撮るよ〜」
   いやだよっ  早く公園に行くんだ〜い
   ママ、早くおいでよ

クリックすると元のサイズで表示します
17:32 ママ〜 何やってるんだよお
   早く僕のリードを持って! 出発だよ!!

クリックすると元のサイズで表示します
17:57 いつもの公園の広場Aに到着。
   ここは気持ちがいいな・・。

クリックすると元のサイズで表示します
18:18 広場Bに移動。ナノちゃんと遊んだ。
   前足をつないで休憩中のナノちゃんと僕。

この後、公園を一周して、再び広場Aに到着。
クーちゃんと暴れた。
チョビちゃんが来て、ママ同士で世間話をしていたら、
マロンちゃんが来た。
次にビンゴちゃん、そしてミントちゃんも来た。
実に沢山のお友達に会えて、僕は大満足である。
「梅雨が明けたというのに、涼しいわね。寒いくらい。
お散歩は楽だけど、農作物が心配ね。」
ママたちのそんな会話が聞こえてきた。

今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 豚肉・ラム肉・そうめん・キャベツ・
 きゅうり・人参・ひじき・切干大根

残さず食べた。おかわりを要求。乾燥鱈とドライフードをもらった。
今日はお散歩で沢山歩いたし、遊んだので、すぐに眠くなった。
20:20 就寝である。
遊んでくれたお友達、どうもありがとう。
とても楽しかった。よい一日だった。
0

2006/7/30

僕、進歩したよ〜  
日曜日であるが、今朝の僕は、どうしてもパパと
早朝散歩に行きたかった。
寝ているパパを起こした。
(実は このところ、早朝散歩はサボり気味なのである。)

パパはおそろしく眠そうだったけど、
僕のお散歩のリクエストに答えてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します
5:43「おぼっちゃま 今日はどちらのコースにいきませうか?」
   僕は、是非パパと行きたいコースがあった。
   『近所の川岸コース』である。

クリックすると元のサイズで表示します
5:51 『川岸コース』に行くには、
   この『百段階段』を降りていくのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
5:54 『百段階段』は、ホントに百段ある。
   僕にとってかなり長い階段なので、
   途中で立ち止まって休憩をしたり 草を食べたりする。
   ちなみに、僕はこの草(エノコログサ)以外は
   あまり食べたいとは思わない。

クリックすると元のサイズで表示します
6:06 ず〜〜っと渡れなかった恐怖の橋。
   僕は勇気を出して渡ったのだ!
   へっぴり腰なのが その時の恐怖を物語っている。

クリックすると元のサイズで表示します
6:07 こわごわと橋を渡る僕に、怪しげな視線を投げかける
   高尚な毛並みの猫。

クリックすると元のサイズで表示します
6:12 渡り終えて、橋をふりかえったところ。
   緊張のあまり、座り込んでいるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
6:28 今度は『百段階段』を登って帰ってきた。
   猫ちゃんが僕を出迎えてくれた。
   猫ちゃんに 橋を渡れたことを報告したら、喜んでくれた。
   僕も嬉しかった。

今日は僕なりの進歩をパパに見てもらうことができた。
もちろん、パパも喜んでくれて、帰宅したら
真っ先にママにそのことを報告していた。
ママに褒めてもらった♪
みんなに褒められて、僕はとても幸せな気持ちになった。

夕方のお散歩では、ガールフレンドのメイちゃんと
ずっと一緒にいつもの公園を歩くことができた。
楽しかった。

恒例の今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 牛すじ肉・豚肉・白米・茄子・トマト・
 キャベツ・きゅうり・亜麻の実油

お腹がすいていたし、美味しかったので 残さず食べた。
「おぼっちゃま たくさん食べてくれてよかった〜」
残さないで食べると、ママはとても喜んでくれる。
僕は食が細い犬なので、ママには食事ではいろいろと
心配をかけているのである。
(でも、僕はほとんどお腹を壊したこと、ないんだよ。
体は丈夫なのかもしれないね。)

今日もよい一日だった。
おやすみなさい。
0

2006/7/29

ワインに酔いしれるひと時なのだ〜  
夕食後、僕は、椅子に座っているママの足元で
ゆったりとくつろいでいた。

「あら? おぼっちゃま、ペチャペチャ音がしてるけど
何やってるの?」
クリックすると元のサイズで表示します
ぺちゃぺちゃ・・・
「なんか 様子がいつもと違うみたい・・ 何だろ??」
そう? 別に何でもないよ。うひゃうひゃっ

クリックすると元のサイズで表示します
「前足を舐めてるの?」
ううん 前足はほのかに香りがついたので
その香りを嗅いで 余韻にひたってるの〜。

クリックすると元のサイズで表示します
ふ〜〜〜〜〜〜っ
なんかいい気持ちなのだ〜
「ああ〜〜っ ワインのコルク栓、舐めてたの?」
そうだよ〜〜ん この前、パパにもらったんだぜ〜〜
「子犬の頃、コルク栓をかじって、酔っ払ったこと覚えてる?
ソファーのに飛び乗ろうとして 失敗してずり落ちたのよ。」
そんなことあったん?

クリックすると元のサイズで表示します
あ〜〜〜〜〜〜っ いい気持ちだぜ〜〜〜〜っ

クリックすると元のサイズで表示します
ほのかに酔いが回ってきたみたいだぜ〜〜〜〜っ

先ほど食べた僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 ラム肉・卵・クスクス・キャベツ・いんげん・
 人参・チキンの冷たいスープ・ごま油

今日もたくさんお散歩をして、たくさんのお友達と会えた。
ご飯は久しぶり、僕の大好物のラム肉だった。
ワインの香りも楽しむことが出来た。
楽しかった。よい一日だった。
0

2006/7/28

恐怖のヒル体験なのだ〜  
お断り:今日の僕のブログは気持ち悪いお話です。
    虫が嫌いな方は、覚悟してお読みくださいね。

ママと一緒に、軽快に朝のお散歩。
雲があるけれど、うっすらと日が差していて、
ちょっと気温が高いけど、なかなか快適だぜ!
スタートして数十メートル。

うわあああああっ!!
僕の前足にベトッと張り付いたものがいた。
口を近づけてみて、剥がそうとしたが、
僕の力ではどうにもならない。
僕は後ろ足で立ち上がって 前足をブルブル振り回した。
「おぼっちゃま どうしたのん?
立ち上がると人間みたいだよ〜」
ママの暢気な声が聞こえた。

「あちゃ〜 前足にヒルがくっついてる〜」
こういう時のママは冷静である。
「うひゃ〜 気持ち悪いねえ〜 取ってあげるよ〜」
と言いながら、お散歩バックの中から
ポリ袋を取り出して、それを右手にかぶせると、
20〜30cmくらいあるヒルをつまんで 
丁寧に剥がしてくれた。

実は、僕は 以前にも一度、この『ヒル』というものに
前足を絡まれたことがある。
そのときも、ママに剥がしてもらったのだ。

一度体験していたといっても、この恐怖は変わらない。
僕はショックで、お散歩を中止しようと、来た道を戻り始めた。
「おぼっちゃま ほんとうにお散歩中止していいの?」
ママに聞かれて、やっぱり気を取り直し、お散歩には行くことにした。

夕方のお散歩は 朝、ヒルに出会ったコースは避けて、
別の道を通っていつもの公園に行った。

万次郎くん、ニコちゃん&チョッパー君と
薄暗くなった芝生の広場で思いっきり遊んだ。

聞いてみると、万次郎君も、チョッパー君も
『ヒル体験者』なんだそうだ。
ママさんたちの情報によると、そのヒルは
『コウガイヒル』って名前らしい。
(→興味のある方はこちらのHPをご覧ください。
  ヒルの仲間 ってところに比較的気持ちの悪くない
  と思われる写真があります。)
(ちなみに、コウガイヒルの「コウガイ」とは
その頭の形が 笄(=こうがい・櫛の一種)に似ていることから
そう呼ばれているらしいです。)

ママがお家に帰ってから調べてみたところ、
人間の血を吸う「ヒル」とは別のもので、
人間や動物の血を吸うことはないとのこと。
(どおりで、僕の前足、異常なしである。)
ナメクジやミミズを体液で溶かしながら食べて生きているそうだ。
それにしても、20cm以上ある茶色い紐のようなヌメヌメした体は
勘弁してほしい気持ち悪さである。

恒例の今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・オートミール・牛乳と鶏肉の冷たいスープ・
 ブロッコリー・キャベツ・人参

クリックすると元のサイズで表示します
ママ・・ ご飯まだ?
「もう少しで出来上がるよ〜 待っててね〜」

クリックすると元のサイズで表示します
「あら〜っ もう寝てる!」

20:00を過ぎると 僕は眠くて起きていられないんだよ。
今日は朝から「恐怖のヒル体験」だったし、
夕方はお友達と思いっきりはじけたし、
今日はいろんな意味で疲れたよ。
(夕飯はそのうち目が覚めたら食べるね・・。)
おやすみなさ〜い。
0

2006/7/27

フラワーエッセンスに助けられたのだ〜  
クリックすると元のサイズで表示します
夕方のお散歩で十分歩いた僕は、
「ご飯食べなさいね」とママが言っているのを
無視して、ママのベッドで気持ちよ〜く寝ていた。

クリックすると元のサイズで表示します
うわああああああっ
僕は飛び起きて、玄関に走った。
「おぼっちゃま どっ・・どうしたの?」
今、パーンっていう花火の音がした〜。
恐いよお・・。

「あちゃ〜 また花火に怯えてる・・。
ブルブル震えちゃうんだもんねえ よっぽど恐いんだねえ・・」
当たり前だよ。花火は恐いに決まってるでしょう!

ママが、以前、雷を恐がる僕の為に購入していた
フラワーエッセンスを持ってきた。
数滴を手に取り、その手で僕の体をやさしく撫でてくれた。
いい香りだ。

不思議なことに、ハーハーしていた僕の呼吸が落ち着き、
震えも治まってきた。
クリックすると元のサイズで表示します
数分で気持ちが楽になった。
クリックすると元のサイズで表示します
使ったのは、これ。
ミムラス(MIMULUSU)というお花のエッセンスだ。

クリックすると元のサイズで表示します
このパンフレットによると、
ミムラスのエッセンスは、
『臆病で恐がり屋、他の動物や来客、雷、花火など
特定のものを恐がるときに。』と書かれている。
僕には花火の時、効果てきめんであることがわかった。
(雷はどうか・・?雷は、僕の住んでいる横浜ではあまり発生せず、
いまのところ、効果の程を試す機会がない。そのうちわかるかな?)

→詳しい情報はこちらのHPをどうぞ
 Healing Herbs(ヒーリングハーブエッセンス)のページに記載されています。

恒例の今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 かつお節ご飯・鶏肉・人参・ひじき・
 レタス・セロリ・亜麻の実油

今日はフラワーエッセンスに助けられた。
これがあれば、花火という遊びをする人間との共存生活が
可能になると確信した。
よい一日だった。
0

2006/7/26

暑かったのだ〜  
久しぶりに朝から太陽を見た。
関東地方、11日ぶりの晴れ、なんだそうだ。
晴れだと気持ちがいいのだ。

パパと 久しぶりに早朝散歩に行った。
クリックすると元のサイズで表示します
5:52 「ねこちゃん、おはよ〜〜っ」
   「おぼっちゃま 元気だった?」

帰宅後、今度はママと朝のお散歩で、いつもの公園に行った。
気温がぐんぐん上がってくるので、早めに切り上げることにした。
公園の中は緑がたくさんあって涼しいのだが、
帰路のコンクリートが熱くなってしまうからだ。

こうなってくると、夕方のお散歩は
今までより遅い時間にシフトする。
今日はいつもより30分遅い18:00スタートで
『一戸建住宅経由いつもの公園一周コース』である。

途中、隣のマンションのメイちゃんと一緒になった。
メイちゃんは僕と大の仲良し。
一緒に歩きたそうだったが、ママが
「このコースは2時間コースだよ」と説明したら、
メイちゃんのママさんは「ええええっ」と叫び、
途中で引き返すことになってしまった。

メイちゃんは体も小さいし、日頃からそんなにたくさん
歩いていないみたいだから 残念だけど 僕としては
引き止めるわけにはいかなかった。
メイちゃんと歩きながら、真っ赤な夕日が沈むのを眺めた。
きれいだった。

予定通りのコースを歩き、お友達と挨拶を交わし、
暗くなってからは、誰もいない公園の広場を
内緒で走らせてもらって、帰宅した。
クリックすると元のサイズで表示します
19:50 帰宅後真っ先に『ひんやりプレート』へ。
   暑いのだ〜〜〜〜っ。

『ひんやりプレート』が気持ちよくて、
僕はすぐに眠くなってしまった。

19:55 前もって作っておいて冷蔵庫で冷やされていた夕飯。
   「おぼっちゃま ご飯を食べてから寝なさいよ。」
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・牛すじ肉・ゆで卵・じゃがいも・
 ブロッコリー・キャベツ・人参・牛乳とビーフのスープ

何回もママが声をかけてくれたが、
僕はひたすら寝続けた。

クリックすると元のサイズで表示します
21:55 やっと起きた。
   そして、お腹がものすご〜くすいていることに気がついた。
   ガツガツ食べた。
   
「おぼっちゃま 2時間も寝てるんだもの、心配したわよ〜」
特に具合が悪いわけではなかったんだよ。
ただ、眠かっただけさ。

夕飯のほかに、ドライフード・乾燥鱈・砂肝も要求し、食べた。
美味しかった。

今日は暑かったけれど、元気にお散歩できた。
たくさんのお友達と会えた。
ご飯も美味しく食べられた。
よかった。よい一日だった。


0

2006/7/25

夏の夜の過ごし方なのだ〜  
今日は曇り。
雨の心配がないということは、
夕方のお散歩で、沢山のお友達に会える!
僕は16:30ごろからわくわく&そわそわしていた。

17:00すぎに、ママが支度を始めた。
虫除けスプレーを皮膚に満遍なく塗りつけている。
(ちょっと 臭いな・・。)
氷水入りのペットボトルをちゃんと用意している
(僕がお友達と飲むんだぜ♪)

「おぼっちゃま お待たせ!
お散歩行こうね〜」
待ってましたぜ〜〜。17:30出発。
選んだコースは『一戸建て住宅経由いつもの公園一周コース』。
雨が降っていないと、足取りも軽い。
楽しい、楽しい。

いつもの公園の広場で、僕はひたすら待っていた。
お友達が来るのを待っていた。
期待通り、万次郎君が、ポチちゃんが、そして
カカオ君が続々と来た〜!

「雨の日はどうしていたの?」
みんな、雨の日は近所をお散歩する程度で、
公園には来ていなかったそうだ。
「今日は みんなと会うの、久しぶりだから
おぼっちゃま 嬉しくてたまらないわね〜。」

僕は大満足だった。

帰宅後は、約20分で夕飯だ。
夏のメニューは、水分を多く摂るように、
ということで、冷たいスープがかけられているのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・合挽き肉・タイ米・トマト・きゅうり・
 茄子・キャベツ・牛すじ肉のスープ

ベランダに出ようかな?
お腹が満たされたので眠くなったな・・。
クリックすると元のサイズで表示します
蚊取り線香がベランダにある。
ちょっと 煙たいなあ・・。玄関に移動しよう。

クリックすると元のサイズで表示します
玄関のドアを開けてくれたので、風が通るのだ。
涼しい。ここで寝ることにする。

クリックすると元のサイズで表示します
おっ・・・パパの気配だ。
ママ、来てよ。
僕はできる限り お鼻をドアから出して
パパが歩いてくるのを待っているのである。
「ただいま〜 おぼっちゃま」

嬉しいのだ。
これからパパの夕飯に付き合うのだ。
そうすると、豚耳を切ってもらえるのだ。

今日は沢山のお友達と公園で遊ぶことができた。
みんな どうもありがとう。とても楽しかった。
よい一日だった。
0

2006/7/24

寝坊する犬なのだ〜  
僕は子犬の頃からずっと5:00に起床する犬だった。
家の中では誰よりも早く目が覚める犬だった。
パパとママを起こすのが僕の仕事だった。

それが、7月に入ってから、徐々に崩れ始めた。
「おぼっちゃま 朝寝坊してるわね」と
陰でいわれるようになってしまった。

5:30に出発する早朝散歩が 
お流れになることが多くなってしまった。

今朝も寝坊してしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
5:47 水色のひんやりプレートの上で
   ひたすら寝続ける僕である。

ひんやりプレートは僕の身長よりやや小さくできている。
全身がくまなく冷やされるようにするにはどうしたらよいのか?
僕は長期にわたって、日々いろいろな姿勢を試してみた。
そして、ついに『冷え効率』の良い『ひえひえポーズ』を
見つけるに至ったのである。
上の写真の姿勢である。
これこそ、最も快適に眠れ、且つ、
最も効率よく全身が冷えるポーズなのである。

あまりにも快適なので、朝は起きない。
早朝散歩も行かない。
お散歩が少なくなって不満ではないのかって?
ママと朝のお散歩に行くから 
決して不満ではないのである。

恒例の今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 合挽肉・五穀米・キャベツ・ブロッコリー・
 人参・ひじき・野菜のスープ

今日の犬的教訓:気持ちのよい寝場所があると、
        犬も朝寝坊になる。
        →『ひんやりプレート』がある限り、
         夏の間の僕は寝坊する可能性が大きい。
         ゆえに、目覚まし時計を活用すべし。

今日も かなりの距離をお散歩した。
お友達はいつもの公園にはあまり来ていないようだった。
雨の日は、みんな公園までお散歩に来ない傾向にある。
早く梅雨が明けてください!とお願いしながら
寝ることにする。おやすみなさい。
今日もよい一日だった。

0

2006/7/23

スプーンで食べさせてもらったのだ〜  
「おぼっちゃま おはよう!」
ママはいつものように元気であるが、
僕は眠くてしかたがない。
外は雨である。
クリックすると元のサイズで表示します
7:00 「ご飯食べなさ〜い」
   眠いから食べたくないよお。
   
ご飯を食べずに 僕はタオルの上でゴロゴロとしながら、
人間が朝ごはんを食べるのを窓際でながめていた。

「おぼっちゃま 朝のお散歩、いきましょう。
雨、やんできたわよ。」
僕は朝ごはんを食べていなかったのだが、
ママと一緒にいつもの公園に行った。

雨上がりの公園は 一面霧が立ち込めていて、
広場の地面は泥沼と化していた。
お友達には ほとんど会えなかった。

今日は日曜日。パパもママもお休みだ。
少々の雨であっても、パパとママは
テニスに出かけてしまう。
ママ・・ 僕、一緒に行きたいけど、ダメだよね。
それはわかってるんだよ。
だからさ・・ ご飯 食べさせてよ。
ねえ、お留守番してるから、出かける前に、
僕にご飯を食べさせてよ。
クリックすると元のサイズで表示します
9:11 「おぼっちゃま 甘えん坊ねえ。
   もう出かけなくてはいけない時間なんだけど・・・
   朝ごはんは ちゃんと食べなくてはいけないのよ。」
クリックすると元のサイズで表示します
9:12 ママからスプーンで食べさせてもらうのだ。
   う〜ん 幸せなのだ〜。

パパは こんな僕を見て、あきれていた。
「こんな犬、他にいるのかなあ?」

「おぼっちゃま テニスに行ってくるから、
お留守番お願いね。」
は〜い、いってらっしゃい。ママ、食べさせてくれてありがと。
満足したから、僕、おとなしくお留守番してるね。

恒例の今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・クスクス・乾燥鱈・キャベツ・
 ピーマン・おくら・トマト・冬瓜

今日は、夕方のお散歩はパパとママと一緒に行った。
パパを『一戸建て住宅経由いつもの公園一周コース』へ
案内した。
パパはこのコースを歩くのは初めて。
「面白いコースだね。」と言ってくれた。よかった。

今日はママに甘えることができた。
ゆっくりお散歩をすることもできた。

夕飯は、僕のが先に出来上がったのだが、
僕は食べずにお座りをして待っていた。
そして、全員で一緒の時間に食べた。
(注:平日は、パパは帰宅の時間が遅いので
一緒に食べられないことが多いのです。)
家族全員でご飯を食べることはとても楽しい と思った。
よい一日だった。
0

2006/7/22

花火に怯えているのだ〜  
「あれ? おぼっちゃま どうしたの?
夕食後、いつものように、ベランダで
涼んでいるのかと思ったら・・・」
クリックすると元のサイズで表示します
「玄関にいたの?」
珍しいわね、夜、玄関にいるなんて・・。
「何? お靴が邪魔なの?」
クリックすると元のサイズで表示します
お靴、しまってくれてありがとう。でもね・・
違うんだよ・・・ ベランダに居たらね・・
花火の音がしてね・・・
クリックすると元のサイズで表示します
うわっ また パーン って音がああああ!
玄関を開けて逃げ出したいくらいだよ。
「大丈夫よ。恐くないから・・。」

さっきから、近所のお子さんたちが ベランダのある方の道端で
花火をしているでしょ。だから ベランダから一番離れた
玄関に非難してるんだよお。

クリックすると元のサイズで表示します
「おぼっちゃま もう花火終わったみたいよ。」
ほんと? ほんとに終わった?
「もう・・ そんなに怯えなくても大丈夫よ!」
僕、花火、苦手です・・・。

恒例の今日の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・白米・クスクス・牛すじ肉のスープ・
 カリフラワー・キャベツ・人参・ピーマン・大根

今日は、花火に怯えてしまった。
聞くところによると、人間は 
夏には たびたび花火で遊ぶらしい。
人間との共存を目指す僕としては、
これも克服しなければならないことのひとつである。

お散歩で会っているお友達、花火恐くないのかな?
との思いを馳せながら・・おやすみなさい。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ