2007/2/28

1年前・2年前の僕を振り返ってみたのだ〜  
お散歩で、出会った犬のお友達がとても可愛かった。
ママが「まだ 子犬ちゃんですか?」と聞いたら、
「4ヶ月なんですよ。」と言っていた。

ママは、子犬ちゃんに出会うと必ずと言っていいほど、
「おぼっちゃまも あのくらいの頃があったのよねえ・・」
と懐かしそうな目をして、僕の頭を撫でてくれる。
「なんで頭を撫でるん?」って聞くと、
「大きくなったなあ・・って思ってるのよ。」
と答える。

僕は、子犬ちゃんに出会うと必ず思い出すことがある。
それは、毎日ママにダッコしてもらっていたことだ。

生後3ヶ月半くらいまでは、ワクチンの接種が終わっていなかったので
僕はまだ 自分の足でお散歩をすることができなかった。
だから、毎日ママにダッコしてもらって、近所をブラブラと歩いて回り、
たくさんの人間の皆さんに撫でてもらったり、
犬のお友達に「お散歩デビューしたら、遊んでくださいね」
と挨拶したりしていたのだった。
懐かしい思い出だ。

昔のことを思い出したので、ちょうど2年前の僕(4ヶ月)と
1年前の僕(1歳4ヶ月)の写真を出してきてみた。

まずは、1年前の僕である。
クリックすると元のサイズで表示します
                     [2006年2月28日撮影]
この日は、ママが薬箱を整理していて、古い包帯を
僕にくれたんだ。僕は大喜びで包帯で遊んだのだ〜。

そして、2年前の僕である。
クリックすると元のサイズで表示します
                     [2005年2月28日撮影]
自分でも何をこんなに楽しそうにしているのかと
笑ってしまうのだが、ガジガジするものをもらって
夢中になっているところのようだ。

このころは、お散歩デビューをしていて、
毎日同じ年頃のお友達と公園で会って、
大暴れしていたころである。
そして、うちの中でも起きているときは大暴れ。
僕が眠ると、ママはホッしたそうだ(笑)。

今日の僕は? というと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ウォークイン・クローゼット兼ベッドルームという
驚くほど狭い空間で 丸くなって寝ているのだ。

今日の僕は もううちの中で大暴れすることもない。
そして、ママに甘えたくてもダッコしてもらえないくらい
大きく(体重17kg)成長してしまったのだ。
僕、夢の中では 時々ママにダッコされてお散歩してるんだ。
とっても暖かい夢なんだよ。

さて、今日の僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・牛肉・五穀米・おから・
 きゅうり・いんげん・カリフラワー・人参
 (ちょっとだけ残してしまった・・。でも、ドライフードもらったのだ〜)

今日は思い出に浸ってしまった。
早いもので、明日から3月。
僕の住む横浜では このまま雪を見ることなく
春を迎えることになるのだろうか?

今日も僕はたくさんお散歩し、たくさんのお友達に会うことが出来た。
楽しかった。今日もよい1日だった。
0

2007/2/27

僕のペット『かたつむり君の生活』なのだ〜  
昨日(2/26)の僕のブログで、僕のペットのかたつむり君たちについて
書いたところ、いつも僕のブログを読んでくださっていて、
コメントを書いてくださる傘たてさんから、次のような
ご質問をいただきました。

 いつ頃の季節に連れてきたカタツムリを
 どうやって いつ頃 冬眠させるのか
 教えてくださいまし。
 そして、春に目覚めたら、どうやって
 飼ってあげたらいいのですか?


僕の拙い知識と経験からですので、ご満足いただける回答が
できるかどうかわかりませんが、僕んちのかたつむり君の
生活をご紹介しながら、お答えしてみたいと思います。

まず、いつ頃の季節に連れてくればいいか?
という質問ですが、僕はお散歩の途中でかたつむり君を見つけたら
いつでも連れてきていいと思います。
飼いたい!と思った時、ふと目にとまった時、
その時が飼い時です。『思い立ったら吉日』であります。

ちなみに、僕のペットのかたつむり君たちは、一匹は
スーパーで購入した白菜の中からコロンと出てきたそうです。
時期は3月ごろ。僕が生まれる前の2004年3月ことです。
それをママが「何かのご縁だわ」と思い 飼い始めたそうです。
その時の殻の直径は5mm程度だったそうで、白菜生れの
白菜育ちだと思われます。

その他のかたつむり君たちは 僕が『いつもの公園』を
お散歩しながら見つけて 鼻先でクンクンさせながら
ママにその存在を教えてあげて、家まで連れ帰ってきたのです。
時期は2005年の梅雨のころが 一番多かったと記憶しています。

次の質問の、どうやっていつ頃冬眠させるのか
についてですが・・・
僕はかたつむり君を観察し始めてから 二回の冬眠を見てきたわけですが、
二回とも、自然に12月初旬に冬眠していった、という感じでした。

11月中旬を過ぎると、レタスやきゅうり・白菜・キャベツといった
好物をだんだん食べなくなり、動きも徐々に鈍くなってきて、
そのうち殻の入り口に体液で薄い透明の膜を張り、
12月の初旬には 冬眠していました。
そうなったら、今まで毎日行っていた霧吹きや餌やりも
『啓蟄』まで ストップします。

そして、最後の質問の 春に目覚めたらどうやって飼ったらよいか
についてですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
プラスチックの入れ物(空気穴の開いているもの)に入れて、
1日1〜2回 霧吹きで水遣りをし、
レタスやきゅうり・白菜・キャベツなどの野菜を与え、
殻を作るカルシウム補給のために、時々
卵の殻を置いてあげるようにします。

お世話することといったら、
時々、プラスチックの容器を洗ったり、
野菜が腐らないように気をつけて、
早めに新しい野菜に取り替えてあげる程度です。
僕たち犬のようにお散歩に連れて行く必要はありません。

大人になったかたつむりは、6月から8月ごろ、産卵します。
そのときは土があったほうが 産みやすいと聞いたことがあります。
昨年(2006年7月)に 僕んちでもかたつむりが
産卵しました。二匹がそれぞれ 一度に10個以上産みました。

僕はそのとき、ママと相談して、ほとんどの卵を
『いつもの公園』の土の中にこっそりと埋めてあげました。
僕んちでそんなにたくさん(数十匹!)のかたつむり君を
育てる自信がなかったからです。

今、僕んちにいる 一番小さな赤ちゃんかたつむりは、
ママと僕が埋めた土のところで 2006年9月の雨上がりの日に
見つけた大勢の赤ちゃんかたつむりのうちの一匹です。
ママと僕は あのときの卵から孵化したんだ、と信じています。

僕の過去のブログ「おぼっちゃま犬の生活U」に於いて、
僕のペットのかたつむり君について
二回、書いたことがありました。

一回目は 2006年3月11日
二回目は 2006年6月14日です。
もしよろしければ、日付のところをクリックして覗いてみて下さいね。

かたつむり君は僕のペットってことになってるんだけど、
本当のことを言うと、僕はほとんどお世話をしていないのだ。
今日、ママがかたつむり君の容器を洗っているとき、僕は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
どういうわけか、ペットボトルのキャップ開けに
没頭していたのだ〜。

さて、最後に今日の僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・ラム肉・オートミール・じゃがいも・
 ブロッコリー・セロリ・人参・いんげん
 (今日も完食! おかわりにドライフードももらったのだ〜)

今日も僕は たくさんたくさんお散歩して、
ご飯も残さず食べ、元気に暮らすことができた。
今日も楽しかった。よい1日だった。
0

2007/2/26

僕のペットは 早めの啓蟄なのだ〜  
昨日と今日は快晴。朝は、気温がぐ〜〜んと下がった。
最低気温が珍しく0℃くらいになったそうだ。

朝のお散歩で『いつもの公園』に行ったら、
広場の土はカチ〜〜ンと凍りついていた。
菜の花畑の土に 2cm位の霜柱を発見した。
クリックすると元のサイズで表示します
菜の花にとって、芽が伸びてきたときに
このような寒気が到来するなんて 
予想していなかったんじゃないかな?

気温が下がったことは確かだが、
確実に日が長くなっている。
僕のお部屋にさしこむ朝の光も
確実に春の陽射しになっている。
クリックすると元のサイズで表示します

今朝は、日当たりのよい崖のところで、
ふきのとうを見つけた。
「ふきのとうが もう顔を出してるなんて、今年は春が早いわねえ。」
ママがウォーキングをしている女性とそんな会話をしていた。
「そういえば、昔、ふきのとうと柳の芽が出る頃がちょうど
『啓蟄』だったと聞いたことがあるけど・・」
「へえ〜 そうなんですか〜」

ママと家に帰ってから調べてみたら、『啓蟄』は3月6日ごろらしい。
でも、ふきのとうを発見したことで、僕んちは 
ママと僕の独断で 早めの『啓蟄』を決行することにした。
それはどういうことかと言うと・・・

僕のペットのかたつむり君たちを
冬の眠りから目覚めてもらう という
人工的『啓蟄』をやってしまおうということである。

やり方は簡単である。
今まで冬眠状態で 餌も水も与えていなかった状態だった
かたつむり君に 霧吹きで水分を与え、きゅうりなどの好物を
置いてあげればいいのである。
クリックすると元のサイズで表示します
僕んちは 僕が暑がりなので暖房を極力控えている。
現在の室温は15℃くらいである。
かたつむり君たちにとって 活動開始にはちょっと寒いかな・・
と思ったのだが、元気に食事をし、動いているので安心した。

ちなみに 小さいかたつむり君は 昨年の夏生まれた
赤ちゃんのかたつむりである。
これから夏に向かってどんどん成長して
他のかたつむり君たちと同じくらいになるのかと思うと
今からとても楽しみである。

さて、恒例の今日の僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・牛肉・鯵の煮干・オートミール+牛乳・
 セロリ・人参・レタス
 (完食! このほかにドライフードももらったのだ〜)

今日も夕方のお散歩では たくさんのお友達と
遊ぶことができた。
日が長くなったので 僕は二箇所の公園をハシゴし、
そちらの公園でもお友達と遊ぶことができた。

今日も楽しかった。よい1日だった。 
0

2007/2/25

マーキング(トイレ・『小』)についての考察なのだ〜  
いつも僕のブログを読んでコメントを書いて下さる
『いたずらじいさん、今日も行く』のアナキョンジャさん
(チワワのヨボ君のママさん)
から、
僕のトイレについてのレポートを とのリクエストをいただきました。

これについては、実はなかなか一回のレポートには
纏める事の出来ない奥深いものがあるのですが、
今朝の僕のトイレシーンをパパに撮影してもらいましたので、
それらの写真から 人間の皆さんにご理解いただけるよう、
僕なりの説明をしていこうと思います。

お散歩スタート。
クリックすると元のサイズで表示します
僕んちを出ると、アスファルトの下り坂である。
このあたりは 僕のテリトリーであることが確立していることもあり、
無駄なマーキングは一切せずに 早足で通り過ぎる。
コースは『いつもの公園一周コース』である。

クリックすると元のサイズで表示します
坂を下りたところから、国道1号線の歩道になる。
国道では、車がビュンビュン通るので 恐い。
だから、ほとんどマーキングをしない。
早足にさらに加速をつけながら 通り抜ける。

クリックすると元のサイズで表示します
国道1号線を左折して 住宅地の道に入る。
このような雑草が生い茂っていて、そのまま
枯れ草となっているところは おもわず
マーキングをしたくなる衝動に駆られるところである。
今日は 既に先にマーキングをした痕跡がみられ、
念入りにお手紙のメッセージチェックをし、
即座に お返事のマーキングをしておいた。

クリックすると元のサイズで表示します
次のマーキングポイントは『いつもの公園』の入り口付近。
枯葉が堆積しているところに 既に多くの犬のお友達の
お手紙が残されている。
僕も『おぼっちゃま犬参上』とメッセージを残しておいた。

クリックすると元のサイズで表示します
公園をどんどん進んでいくと、大木がたくさんある。
大木の幹やその周辺は お友達のメッセージがたくさん
残されている。
この場所は 一応時間をかけてメッセージを読んだが、
僕には関係がないことだったので、お返事なし。

クリックすると元のサイズで表示します
少し足を進めると、今度はかなり気になるメッセージ発見。
このような平面に残されたものは 間違いなく♀犬ちゃんのものである。
この時点で『僕、この匂いが気に入りました♪』となったので
その上に一寸のズレもなく マーキングをし、
僕の気持ちをアピールしておくことにした。

そしてさらに・・・
クリックすると元のサイズで表示します
すぐ近くの 木の幹の出来る限り高い位置にマーキングをする。
高い位置にマーキングすることにより、僕が
どのくらい大きい犬かを知らせることができるからである。
これが♀犬ちゃんへの さらなるアピールとなるのだ。

さらに公園をどんどん歩いていくと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
僕より体格の小さいと思われる♂犬のマーキングを発見。
ただちに、その上にマーキングし、僕のほうが大きいぞ〜と
権力を誇示し、ちょっとした優越感に浸る。

クリックすると元のサイズで表示します
これは 公園を管理している『センター長』さんからの
メッセージのたて看板である。
人間の皆さんに宛てた内容らしいが、
一応僕も読みましたよ〜 ということを伝えたくて
マーキングしておいたのだ。

今朝のマーキングシーンは このくらい。
特徴として挙げられることは
公園の外では ほとんどマーキングしない ということである。
これは、いつも行き慣れた公園でのマーキングに熱中している
ということと、行き帰りの道は 交通量が激しいので
落ち着かないという理由があるのだ。

そうそう、こうやって 一生懸命マーキングしてるんだけど・・・
クリックすると元のサイズで表示します
実は僕のパパは こうやってお水で流してくれちゃうのだ。
街中ではこういうのがマナーになりつつあるらしい。

今度、機会があったら、初めての場所でのマーキングの様子も 
レポートしてみたいと思っている。

さて、今日の僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 合挽き肉・鶏肉・五穀米・納豆・
 キャベツ・人参・大根・いんげん・ひじき
 (完食! おかわりにドライフード。豚耳ももらったのだ〜)

今日の夕飯の納豆は美味しかったが、
食べ終わった後、お口のまわりにネバネバが付着したのが気になり・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こうやって お口のまわりをキレイにしたのだ〜。

今日は 夕方のお散歩では 広場で思いっきり遊ぶことができた。
楽しかった。一緒に遊んでくれたたくさんのお友達、
どうもありがとう。また会おうね!

今日も楽しかった。よい1日だった。
0

2007/2/24

絨毯ボロボロには 理由があるのだ〜  
2月19日の僕のブログに於いて、僕の寝場所について書いたが、
実はもうひとつ、僕の寝場所があるのだ。
ママに 昨晩ちょうど写真を撮ってもらったことでもあるので、
ここに追記しておこうと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
場所は、パパとママのベッドのすぐ下で、
僕の専用毛布が敷いてあるところである。

この部屋は 一応、ベッドルームとなっているのだが、
実際はベッドのほかに、洋服の収納場所も兼ねていて、
ウォークインクローゼットの中に 無理にベッドを入れて
寝ているようにも見える 真に狭い空間である。
だから、僕の寝る場所は こんなに狭いスペースである。
足をグッと伸ばすと ダンボールに触る。
まあ、こういう場所というのは 僕ら犬にとって
安心できる場所でもあるので、僕は結構気に入っている。

写真の僕の頭の先に、絨毯がボロボロになっているのが
わかると思う。これは 何を隠そう、僕の仕業である。

子犬の頃は、とにかく僕は家の中を暴れまわっていて、
あらゆるものを壊そうとしていた。
壁・絨毯・家具 etc. 
それも1歳の誕生日を迎えた頃から 徐々に落ち着いてきて
破壊行為も少なくなってきた。

ところが、この枕もとの絨毯は、つい最近ボロボロに
した。2歳を過ぎて、以前に比べるとかなり落ち着きが
でてきた現在、なぜ、このような行動に出たのか?

それは・・・・

朝、目覚まし時計が鳴って、ママが起き、
シャワーを浴びているにもかかわらず、
パパが起きないで 寝ていることがあり、
そんなパパに起きてもらいたく思って 絨毯を掘るのである。

去年の冬は、ママがシャワーを浴びている時間に
パパと『早朝散歩』に出かけていた。ほぼ毎日だった。
近所を軽く一周するだけだったが、
ホームレスの猫ちゃんと仲良くなれたりして
実に有意義なお散歩であった。

それが、最近は パパがお疲れの様子で、
ほとんど実行されていないのである。
僕も 同居人(犬)として、そのあたりの事情は
一応理解しているつもりだ。
(だから、毎日絨毯を掘っているわけでは ないのだよ。)
しかし、犬社会における縄張り争いとか、
猫ちゃんとの関係とかで、時には『早朝散歩』に
行かねばならぬ事態も生じる。
そんなときに、絨毯を掘るのである。

「おぼっちゃま 絨毯掘っては いけませぬ!」
パパは 絨毯の危機を感じ取り、起き上がる。
「しょうがないですな・・ お散歩 行きませう。」
疲れているのに、すまないねえ と僕は心の中で
お礼を言いながら 『早朝散歩』に出かけるのである。

さて、恒例の今日の僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・豚肉・五穀米・おから・じゃがいも・
 キャベツ・ブロッコリーの茎・人参・グレープシードオイル
 (完食! おかわりにドライフードと乾燥鱈ももらったのだ〜)

食後、「美味しかった?」とママに聞かれたので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
『美味しかったよ』のポーズで満足したことを伝えた。

今日はお散歩でたくさんのお友達と仲良く遊べた。
とても楽しかった。みんな どうもありがとう。

今日も楽しかった。よい1日だった。
0

2007/2/23

4回もお散歩行ったのだ〜  
今日は朝から生憎の雨。

このところお疲れ気味のパパを無理に起こして
早朝散歩に行ってみたけれど、雨。

その後、ママと『いつもの公園』まで
いつもと同じように朝のお散歩に出かけてみたけれど、雨。
お友達は だれもいなかった。公園ひとりじめ状態。

帰宅したら、パパがまだ出勤する前で、お家に居た。
「おぼっちゃま〜 雨の中 がんばったな〜
まるで修行僧みたいだぞ〜。」
シュギョウソウ? なんだそれ??
全身びしょぬれで 色が黒っぽくなっている状態を
シュギョウソウっていうのかな?

ママにタオルでごしごし拭いてもらって
ベランダに向かったら ベランダも雨。
クリックすると元のサイズで表示します
雨が吹き込んでいるので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
仕方ないよね、ここで外を眺めなければ・・。

そのうち、ママはお仕事に出かけてしまった。
この雨では ママも 会社に着いたら全身びしょ濡れで
色が黒っぽくなって シュギョウソウになるんだろうか? 
心配だな・・。

夕方まで どよよ〜〜んとして過ごしていたら、
ママが帰ってきた。
「雨が上がってるよ〜 お散歩行こうね〜」
やった〜!

毎度のことだが、夕方のお散歩では『いつもの公園』に行った。
公園は 土の上も 落ち葉の上も、枯れ草のところも、
みんな僕の足を置くと 雨水がじゅわ〜〜〜っ と
滲み出してくるような状態だった。
来ているお友達は いつもよりかなり少なかった。

雨の後、お散歩コースがこんな状態になっていると、
一番困ることは『大』をする場所の選定である。
神経質と思われるかもしれないが、
僕は足元が濡れているところで『大』をしたくないのである。
結局、夕方のお散歩では 好ましい場所が見つからず、帰宅。

そのうち、夕飯が出来てきた。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・豚肉・五穀米・おから・キャベツ・
 人参・いんげん・ワカサギ・亜麻の実油
 (完食! おかわりにドライフードももらったのだ〜)

食べ終わって、暫く家の中でまったりしていたら・・・
『大』の予感がしてきた。大変だ。
僕としては、できれば、お部屋の中では したくない。
しかし、自力で外へ出ることは無理である。
なんとかして この緊迫した状況をママに知らせなければ・・・。

僕は、ママのそばをついて歩き、
心の中で「外で『大』したいのだ〜」と叫び続けた。
ママは「何ですか〜♪」と言うだけで 僕の心の叫びは
なかなか通じない。

困った・・・。

そうだ! 

僕は ママのお散歩靴をくわえてきて、ママの
足元に置いた。
「ん?? お外に行きたいの?」
そして、リードが掛かっている壁のところで
リードを見上げた。
「そっか・・ お散歩で『大』が出なかったものね・・」

やっと僕の思っていることが通じ、今日の4回目のお散歩であ〜る。
ママは 僕がじめじめしたところでは出来ないことを知っているので、
砂利が敷き詰めてあるところまで 連れて行ってくれた。
こういうお天気のときは 砂利のところが一番水はけがよいのだ。

やっと やっと 出来たのだ〜。
すっきり〜〜〜〜〜〜っ

安心して帰宅。
その後、パパの夕飯におつきあいして、豚耳をもらったのだ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は 朝から雨だったが、夕方から急速にお天気が回復したので、
気分は それほど どよよ〜〜ん ではなかった。
結局、今日の僕は幸せなことに
4回もお散歩に連れて行ってもらったのだった。
楽しかった。よい1日だった。
0

2007/2/22

ついにローハイドボールが完全崩壊なのだ〜  
16:35 夕方のお散歩スタートである。
元気に『いつもの公園』に行った。
広場に行ったら、お友達がどんどん集まってきて
楽しい雰囲気になっていた。

ところが!

雨が降り出してしまったのであ〜る。
むごいことである。

「早めに帰りましょうね」
「残念だわね〜」
みんなそれぞれのお家の方向に帰っていってしまった。

僕はママにお願いして、少し公園の中を歩いて17:40帰宅した。
僕もママもびしょぬれになってしまった。
ママにゴシゴシとタオルで拭いてもらった。

クリックすると元のサイズで表示します
17:46 僕の大好きなベランダも 雨が吹き込んでいて
   びしょぬれである。これではベランダに出られないのだ・・。

クリックすると元のサイズで表示します
18:02 つまんないな・・・
   「ご飯 早めに作ってあげるからね。」

僕は玩具箱をひっくり返して ローハイドボールを取り出し・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ガジガジすることにした。

「あら? ローハイドボールが皮だけになってる〜!」
クリックすると元のサイズで表示します
そうだよ 中身だけガジガジしていたら、
皮だけ残ったんだよ。
「面白〜〜い♪」

この後、僕はガジガジを続行し、
皮の部分も食べてしまった。

そんなことをしているうちに 18:45夕飯が出来てきた。
クリックすると元のサイズで表示します
 ラム肉・鶏肉・五穀米・じゃがいも・
 セロリ・トマト・ローズマリー・にんにく
 (完食! このほかに乾燥鱈ももらったのだ〜)

ローハイドボールを食べた後なので、ママはご飯を残すかな?
と思ったそうだが、全部食べたので 褒めてもらったのだ〜。

思い返せば、このローハイドボールはずっと僕の玩具箱に入っていた。
食べられる物だ とママに説明されても、
僕はそんな言葉を一切信じないで、
ずっとボールとして扱ってきたのだ。

最初に僕んちにこのローハイドボールが来たのは
昨年(2006年)の9月11日だった。
クリックすると元のサイズで表示します
                     [2006年9月11日撮影]
最初見たとき、大きさといい、重さといい、
まさに野球ボールだったので、食べるとかかじるという発想が
僕にはなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
                     [2006年9月11日撮影]
香ばしい肉系の匂いのするボール という感じで 
この日は ボールを転がして楽しく遊んでのであった。

ローハイドボールは 他のボールと同じ扱いをしていたので、
玩具箱に入れられ、たまに取り出して遊ぶ程度の存在だった。
クリックすると元のサイズで表示します
                     [2006年10月20日撮影]

あまりにも長持ちするもので、ママも驚いていた。
僕に何度も「このボールは食べられるんだよ」と説明してくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
                     [2006年12月18日撮影]
にもかかわらず、ボールは奇跡的無傷状態を保っていた。

それが ふとしたきっかけで ガジガジされるようになったのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
                      [2007年2月6日撮影]
このときは 確か、人間の夕飯を食べたいと主張したら、
無情にもきっぱりと拒絶され、その腹いせにガジガジしてみたのだった。

そして、あれよあれよと言う間に、今日のような皮だけの状態に。
形あるものはいつかは壊れる。
そして、一度崩れ始めると あっという間に崩壊してしまう。
ここにも 『諸行無常』 に通じる哲学を垣間見ることができる。

今日は 雨天のお散歩だったので 実は僕自身が
不完全燃焼だったのだ。
だから ローハイドボールにガジガジして 
僕の有り余る元気を燃焼させたのだ。
考えようによっては、僕はローハイドボールに
救われたのかもしれない。
ありがとう、ローハイドボール。

「また 新しいローハイドボール買ってくるね」
うんうん また買ってね♪

今日も楽しかった。よい1日だった。
0

2007/2/21

幸せな朝のひとときなのだ〜  
今日はどうやら ママは午後からお仕事の日らしい。
ママの朝起きてからの動きを見ていると、
午後からお仕事の日は なんとなくゆったりしているから、
僕にはわかるのだ。

だから、朝のお散歩も『ゆとり散歩』というヤツで 
わざと無駄にゆっくり歩いてみたりするのだ。

8:15 朝のお散歩から帰ってくると、ベランダで朝食である。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもは お部屋の中で食べるのだが、ベランダでの朝食は
外を眺めながらの『ゆとりの朝食』ってヤツで、
なんとなくリッチな気分になれるから 不思議である。

8:46 朝食の後は、ママがベランダで洗濯物を干すのにお付き合いする。
クリックすると元のサイズで表示します
ママは お洗濯が好きなんだそうだ。
今日も晴天につき、早朝から精力的に洗濯機を回転させていたようだ。

8:51 おっ・・・ 幼稚園バスの到着だ!
クリックすると元のサイズで表示します
いいな〜 僕も幼稚園行きたいなあ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
幼稚園のお友達は み〜んなバスに乗って行っちゃったねえ。
平和だな〜。 う〜〜ん 眠くなってきたのだ〜。

熟睡。

クリックすると元のサイズで表示します
ママ〜〜ッ!!
「は〜い どうしたの?」
僕がベランダで寝ているうちに どっかへ行っちゃったのかと思ったよ。
「大丈夫よ 今日は午前中はお家に居ますよ。」

安心。

クリックすると元のサイズで表示します
9:44 また眠くなった。大あくびなのだ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
9:45 ごろりん。おやすみなさ〜〜い。

たまにママが午後から出勤の日があって、
僕はこのように『ゆとりの朝』を体験することができる。
ママも 家事をやりながらも なんとなく
ゆったりしていて、そういう雰囲気が僕は大好きなのだ。
特に 今日みたいに晴れて暖かい日は 幸せ気分が
増すような気がする。

最後に今日の僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・豚肉・五穀米・白菜・水菜・
 人参・しめじ・ひじき・高野豆腐・
 切干大根・黒胡麻・ごま油
 (完食! おいしかったのだ〜)

今日は よいお天気だったので 僕も元気回復だった。
とても暖かくて 聞くところによると3月下旬から4月上旬の
気温だったらしい。
『いつもの公園』の桜の蕾が もう少しで開きそうな感じがした。

今日も楽しかった。よい1日だった。
0

2007/2/20

雨天につき 気分はどよよ〜〜んなのだ〜  
今朝の僕は 朝6:00が過ぎても起きられなかった。
人間の朝ごはんの時間になっていて お部屋には
朝ごはんの匂いが立ち込めているのに 寝続けた。
お散歩の時間の 6:30になって やっと起きてきた。
「おぼっちゃま おはよ〜〜」
僕の気分は どよよ〜〜ん である。
「今日は 昼ごろから雨になるみたいだから、
気分がどよよ〜ん なのね(笑)」
パパとママが 僕の寝ぼけた表情を見て 笑っている。

朝のお散歩は いつもどおり約1時間のコースを歩いた。

僕の住んでいる横浜では 昼前には雨が降り出した。
気温もどんどん下がっているみたいで 寒かった。

夕方のお散歩は、霧雨の中 あまり気分が乗らなかったが
ママに促されて しぶしぶ出かけることにした。
近所の公園でどよよ〜〜ん としていたら、
ガールフレンドのワンちゃんに
「今日は元気ないのね」と、笑われてしまった。

それがきっかけになって、やっぱり歩こう!
という気になってきた。
一戸建て住宅の中の 小さな公園まで足を伸ばしてみた。
霧雨の中、たくさんのお友達がお散歩していて、
思ったより楽しかった。
僕がどよよ〜〜んのせいか、みんなは元気だな〜と感じだ。

多少気が進まなくても お散歩には出かけてみるものだ、
そうすれば何かしら楽しいことがあるものだと 感じだ。

約1時間半 のんびりお散歩して帰ってきた。

今日の僕の夕飯ができてきたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・オートミール+牛乳・キャベツ・
 ブロッコリー・人参・しめじ
クリックすると元のサイズで表示します
「あっ おぼっちゃま めずらしくご飯残してる!」 
気分がどよよ〜〜んに加えて、運動もいつもの半分以下だし・・・
だから残してしまったのだ。

食後、ママが会社に持っていっているトートバックから
ペットボトルを出してきてくれた。
「おぼっちゃま〜 ペットボトルあるけど 遊ぶかな?」
クリックすると元のサイズで表示します
19:50 ペットボトル もらったのだ〜
クリックすると元のサイズで表示します
ペットボトルのキャップ開け なのだ〜
クリックすると元のサイズで表示します
19:51 キャップはすぐに開いたのだ〜
   ん? 中に何か入ってる・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
おおっ これは牛のアキレス腱だ!
クリックすると元のサイズで表示します
うひゃひゃ〜〜〜っ うれしいのだ〜〜

「う〜〜ん この感じだと アキレス腱を出すことは
難しいかな〜? 時間かかりそうだな・・」
とママがつぶやいた瞬間、僕は ペットボトルを
ひっくり返してみた。
そしたら アキレス腱が ポロッと出てきた。
クリックすると元のサイズで表示します
19:53 ママ、すぐに出てきたよ〜
   「えらい えらい よくひっくり返すということを考えついたねえ」
クリックすると元のサイズで表示します
ペロペロ よい風味なのだ〜
クリックすると元のサイズで表示します
ガジガジ するのだ〜
クリックすると元のサイズで表示します
19:53 カリコリ カリコリ 
   よい噛み心地だ。おいしいのだ〜。

ちょっと頭を使って、アキレス腱をカリコリ噛んでいたら、
すぐに眠くなってしまった。
相変わらず気分は どよよ〜〜ん。
20:00 就寝。

今日はお天気がよくなかったし、昼の気温が
どんどん下がって寒かったから 
僕は一日中 どよよ〜〜ん だった。
でも、かんばってお散歩に行った。
こんな自分を 自分で褒めて、1日を締めくくろうと思う。
おやすみなさ〜い。
0

2007/2/19

寝場所についての考察なのだ〜  
僕は 自分用のベッドというものを持っていない。
お部屋の中の 毛布やタオルなどが敷いてあるところが
自分の寝るところだ という認識で生活している。

僕んちには 複数の場所に 毛布やタオルが敷いてあるので、
気分に応じて 寝場所を移動するということが可能なのである。

そこで、今日はなぜその場所を選んで寝たのか、
写真を交えて自分なりに分析をしてみようと思う。

寝場所No.1
クリックすると元のサイズで表示します
 場所は僕の部屋。
 僕が寝るために毛布が敷いてある場所である。
 最もノーマルな寝場所といえる。
 背中には 観葉植物の大鉢があり、
 頭の位置には テーブルの足があり、
 体を安定させるのにちょうどよい。
 お気に入りの場所であり、人間の要求に応じた寝場所でもある。

寝場所No.2
クリックすると元のサイズで表示します
 場所は パパとママのベッドの掛け布団の上。
 本当は ここは僕は寝てはいけないところなのだ。
 知っているんだけど、ちょっとだけ拝借するのだ。
 実は 少なくとも1日1回は 拝借しているのだ。
 掛け布団が乱れていて、まだぬくもりが残っているうちに、
 僕の体に丁度よく沿う 窪みを見つけ 丸くなって寝るのが楽しい。
 秘密の寝場所である。

寝場所No.3
クリックすると元のサイズで表示します
 場所は 玄関に通じる廊下。
 こんなところで寝ていると 踏まれてしまうのではないかと
 心配される方も多いかと思うのだが、一人っ子の僕は
 絶対に踏まれることがない。
 ここは もともとはタオルは敷かれていなかったのだが、
 僕が寝る頻度が高いことがわかり、タオルが敷かれるようになった。
 ここで寝るのは、 夜、だいたい1時間以内で
 パパが帰ってくるとわかっている時。
 玄関でいち早く出迎えたい、しかし眠い。
 それならば 一番玄関に近い場所で寝て待っていよう という発想である。
 夏は 玄関を開けておいてくれるので 風通しがよくて
 気持ちよい場所となるため、夏季の昼間の使用時間が増える場所だ。

寝場所No.4
クリックすると元のサイズで表示します
 場所は人間が食事をするテーブルの部屋。
 オイルヒーターが点火している時は 
 ぬくぬくと暖かい場所である。
 ちなみに、スノコは、オイルヒーターとそのコンセントがあって、
 危険なので、僕が近づかないように という配慮で置かれている
 と聞いている。
 このスノコが倒れると非常に恐いので 臆病者の僕はこれ以上
 近寄らないことにしている。
 異常に寒いときに ここでちょっとだけ
 温まることがある。

寝場所No.5
クリックすると元のサイズで表示します
 場所は ベランダに通じる窓のすぐそば。
 寝場所No.4で 温まりすぎて暑くなったら、
 こちらに移動するパターンが圧倒的に多い。
 このときの特徴は 暑いために 丸くなって寝ることはせず、
 のび〜〜〜っ として寝ていることである。
 そして、人間がこちらを向いた途端に、立ち上がって窓を見ながら
 心の中で「窓を開けてくれ〜」と叫ぶ。心の叫びが通じて
 窓が開くやいなや、ベランダに出て 火照った体を冷やすのである。
 寝場所No.4&No.5は 両方とも、冬バージョンの寝場所である
 ことは言うまでもない。

じつは まだまだ 秘密の寝場所はあるんだけれど、
ママがいないときに こっそりと使用していたりするものだから、
写真に撮られていないのである。
その場所? ふふっ・・・秘密なのだ〜。

さて、最後に今日の僕の夕飯です。
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・ラム肉・ペンネ・じゃがいも・
 水菜・キャベツ・蕪(かぶ)・人参・オリーブ油
 (完食! おかわりに ドライフードと乾燥鱈ももらったのだ〜)

今日も僕は元気にお散歩することができた。
夕方のお散歩は 早めの16:00スタートで『いつもの公園』に行ったら、
予想以上にたくさんのお友達に会えて、嬉しくてたまらなかった。
公園に長居をし、薄暗くなってから一戸建て住宅の中にある
小さな公園にも足を伸ばして帰宅。所要時間2時間半。
僕は大満足、ママはへとへとである。

今日も楽しかった。よい1日だった。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ