2008/8/12

旅行にいってきたのだ〜(PartU 自然&観光編)  

8月11日〜8月12日 僕が旅行に連れていってもらった
箱根 という場所は 僕んちから西の方角へ
約80kmほど離れている。

今回の車の移動は 東名高速を使わずに
毎年お正月に開催される「箱根大学駅伝」
とほぼ同じコースを行くことにした。

暑さの中の移動なので 僕が疲れないようにと、
途中で「神奈川県立 大磯城山公園」で休憩。

この公園は 旧三井財閥の別荘だったところだそうで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
シイやカシの木々が繁り 木陰がたくさんで
涼むこともできるんだ。
奥には 茶室もある情緒溢れる場所なんだよ〜。

入り口には・・・
クリックすると元のサイズで表示します
僕の体よりちょっと大きいくらいの 
木製のカブトムシが飾ってあって
僕のママは 創作意欲がメラメラと湧いてくるのを感じたそうだ。

そして、車はさらに西へ向かい
山をどんどん登って 箱根に到着〜。

僕の住む横浜より 標高が高く、
気温は5℃くらい低いんじゃないか とのことで、
車から下りると 空気はひんやり、爽やか〜。
(僕が滞在した日の箱根の 
最低気温は23℃で、最高気温は28℃。)

宿泊したペンションの周囲をお散歩すると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
草の緑が どことなく 生き生きとしているように思えた。

クリックすると元のサイズで表示します
箱根には 芦ノ湖という湖があって、
人間のみなさんは そこの湖畔から ロープウエーに乗って
大涌谷という温泉地や さらに山の上のほうまで 
楽に行くことができるらしい。

僕ら犬にとって 楽しかったのは、
おっきな広場があったこと。
クリックすると元のサイズで表示します
僕は 朝露の残る広場を 気持ちよく走ったんだよ〜♪
クリックすると元のサイズで表示します
ママと一緒に 思いっきり走ったんだよ〜♪♪

そうそう、芦ノ湖には・・・
クリックすると元のサイズで表示します
観光遊覧船も走っているんだ。
僕は 水が苦手なんで 乗ってみたいとは思わないけれど、
人間のみなさんは 湖上からの箱根も楽しめるみたいだ。

あと、湖畔には 美術館がいくつかあるんだ。
ママの希望で「玉村豊男ライフアートミュージアム
に立ち寄ったんだけど、
僕は 絵を鑑賞することができないもんで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こんな風にして お外で待っていたんだ。
そうしたら、 通りがかったたくさんの人間の方達に話しかけられて、
いっぱいいっぱい撫でてもらったりして、
僕は なんだか幸せいっぱい気分になったのだよ〜。

こんな感じで 箱根の観光を僕なりに楽しんで、
そしてまた車に乗って・・・
クリックすると元のサイズで表示します
車窓から 外の景色を眺めたり・・・
クリックすると元のサイズで表示します
眠くなったら 後部座席にデローンと横たわって寝たりして
僕んちまで帰って来たのであった。

「暑いねえ・・」
パパとママが 車を降りるなり言った。
僕もそう思った。
箱根は 涼しくて過ごしやすかった。
人間のみなさんにお世話になって、可愛がってもらえたし、
新しいお友達もできたし、お陰様でとても楽しかった。
クリックすると元のサイズで表示します
よい旅行だった。感謝!

2008/8/12

旅行にいってきたのだ〜 (Part T ペンション編)  

僕は8月11日から「旅行」に連れて行ってもらったんだよ〜。

僕んちから 西の方角へ車を走らせ、
途中から山道をグングン登って
到着したところは『箱根』という場所。

そして 泊ったところは
ペットと一緒に泊れる『ペンション ポーテラス』さん。

クリックすると元のサイズで表示します
そのペンションには ドッグランもあるんだ。
一緒に宿泊するワンちゃんたちが みんなここに集まってきたんだ。
すぐに仲良くなれて、僕はとってもうれしかったのだ〜。

実は 僕がここのペンションに泊らせていただくのは
昨年の8月に続いて 今回が2回目。
パパとママは勿論、僕もとても気に入って それでまた
今年も連れてきてもらった というわけなんだ。
到着して チェックインした時 僕の名前を呼んでくれて、
「ようこそ〜」と言ってくれたんだよ〜 
僕、と〜ってもうれしかったな〜♪

そして、このペンションで飼われている 4匹のワンちゃん
(半次郎君・音次郎くん・チャッピーちゃん・ミニマックちゃん)
に 今年もまた会えるかな〜って 
僕は密かに楽しみにしていたんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
そうそう、玄関のドアの隣には 犬用の足洗い場があって、
ここで足をきれいにしてから お部屋に入るようになっているんだよ。
これは、靴を履く習慣のない僕ら犬にとっては うれしい設備だ。

クリックすると元のサイズで表示します
泊ったお部屋は こんな感じで、
人間用のベッドの他に 犬専用のベッドもあるんだ。
でもね・・・
クリックすると元のサイズで表示します
このようなベッドを使い慣れていない僕は
床で寝ていました〜(笑)。

食堂は 僕ら犬も同伴可なんだよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
壁には こういうフックがあって、
リードをつないでおけるようになっている。

クリックすると元のサイズで表示します
人間の食事中は おとなしくしていたほうがいいいのだ〜
ということで、こうやってテーブルの下に「伏せ」状態。

ときどき 他のテーブルのワンちゃんたちと
人間の足ごしに アイコンタクトをとって、犬同士で
(へへへっ 可愛いね)とか
(うはっ 遊びたいね?)とか
そんなことを楽しんでいたのだ〜。

ママによると お料理は
「味・量・盛り付け 全てにおいて大満足」
とのことで、食事中の人間の皆さんは
とっても幸せそうであった。

一方、僕ら犬は ご飯はどうしていたかというと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
それぞれのお部屋で 各家庭から持ってきたご飯を食べたのであ〜る。

この食堂で 僕がうれしかったことは、
オーナーさんやオーナーの奥様が
僕ら犬のことを気遣ってくれて
食事を運んできてくれる度に
「元気?」とか「疲れちゃったかな?」
などと声をかけてくれること。

そして、もうひとつ うれしかったことは 
ペンションで飼われている 
G・シュナウザー&フラットのmix犬の 半次郎君(38kg)を
食後の食堂に連れてきてくれたこと。
クリックすると元のサイズで表示します
半次郎くんと僕は すぐに仲良くなって 
一緒に遊んだんだよ〜♪

今まで(こういう場所では おとなしくしてるのだ・・)
と こ〜んな表情をしていた僕だったんだけど・・・
クリックすると元のサイズで表示します
半次郎君の登場で・・・
クリックすると元のサイズで表示します
僕は 一気に満面の笑顔となったのであ〜る♪

こんな感じで 僕はとても楽しくペンションでの
ひとときを過ごすことができた。

僕たち一家は オーナーと奥様の暖かいおもてなしと
他のお客さんとの素敵な出会いに感謝して、
8月12日の朝、ペンションを後にし 帰路についたのであった。
                          (PartU 自然&観光編に続く)





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ