2008/8/15

狐さんがいっぱい なのだ〜  

日の出とともに お日様のひかりがギラギラと照りつけていて
今日も暑くなりそうな予感〜。

そんな中、僕は元気いっぱいに『いつもの公園』をお散歩だよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜♪
このコースは 涼しいね。木陰ってありがたいのだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は た〜くさんのお友達に会うことができた。
ここの広場も 次々とお友達が来て 挨拶してくれたよ〜。
うれしいのだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
クローバーの広場に到着〜。
日向の場所は ここから見ると まぶしくてクラクラしちゃう。
熱気もすごいから 木陰でゆっくりしているだけ。

今日は『終戦の日』。
63年前の夏、僕の先祖はどこで何をしていたのだろうか・・。

僕が パーンという音や 花火や 雷に怯えるのは
もしかしたら、遠い先祖のだれかが、
空襲や銃撃の恐怖を味わったことがあるからかも・・・。

それが僕のDNAに 深く刻み込まれていて、
時折 パーンという音や 花火や雷で
自分でも異常と思える恐怖感に襲われる・・・。

クローバーの上を吹いてくる風が 
熱気を帯びているのを感じながら
そんなことをボーッと考える僕であった。

「さあ そろそろ帰ろうか・・・」
うん そうだね・・。
クリックすると元のサイズで表示します
出口で 氷水グビグビ〜。
「これからは アスファルトの道だからね。
気をつけて帰ろうね」
うん!

帰宅して しばらくゆっくりしていたら、
パパとママが テーブルを囲んで
「どうやって持っていけばいいかな?」
とか言っていた。

テーブルの上をのぞいて見たら・・・
クリックすると元のサイズで表示します
榊(さかき)・ペットボトル入りの水・
お米・塩・油揚げ などがあった。

そして、パパとママはこれらのものを持って、
「ちょっとお留守番していてね」
と言って 出かけてしまい、
30分もしないうちに帰って来た。

何をしてたん? 
「『お稲荷さん』にお供え物を持っていったんだよ〜」 
とのことである。

僕の住んでいるマンションの一角には 古くからの
『お稲荷さん』の祠があるんだ。
住民のみなさんが 交代で毎月15日に
お供え物を持っていくことになっているんだそうだ。

『お稲荷さん』は 稲荷神社が元になっていて
そのミニチュア化したものが 各地にあって、
稲の豊作や 商売繁盛を祈るんだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
その祠は こんな感じになんだって。
おおっ 狐さんがいっぱいなのだ〜〜〜〜!

僕は犬なので 神社ではいつも狛犬に注目するのだが、
なんと『お稲荷さん』には 狛犬のポジションを
狐が得て 鎮座しているではないか〜!
これには驚いた。

どうやら 狐は神様のお使いなんだそうで、
油揚げが大好物という。
これには 僕は へ〜〜! という言葉しか出ないのであった。
それでもって、
(狐かあ・・。『お稲荷さん』って 犬にとっては
近づくのが怖い感じがするな・・)と思ったのであった。

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 牛すじ肉・鶏肉・おから・オートミール・
 キャベツ・きゅうり・人参・切干大根・椎茸
 (完食! この他に 夕食前にビーフジャーキーと乾燥鱈を
  もらったのだ〜)

今日も暑かったけれど、僕は 元気に楽しく過ごすことができた。
平和な日々を送る事ができることに感謝しつつ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
おやすみなさ〜い。
今日もよい1日だった。
                                  →僕の健康メモ
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ