2008/9/2

味覚について 考えてみたのだ〜  

今朝も僕は 元気いっぱいにお散歩スタートだよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜。

『いつもの公園』に到着〜。
たくさんのお友達の気配がする〜。 ワクワクなのだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
みんながよく集まっている広場へ 
急ぐのだ 急ぐのだ〜!

クリックすると元のサイズで表示します
休憩しながら
お友達 来て欲しいな・・・
と思っていたら ダルメシアンちゃんが来てくれたよ。

いつもパパさんにぴったり寄り添って
お行儀よく歩いているダルメシアンちゃん。
模範的なお散歩 と みんなに絶賛されているのだが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
笹を見ると その魅力に取り付かれたようになり、 
パパさんに引っ張られて ヨコ歩きになりながらも
笹をムシャムシャと食べるんだ。

ダルメシアンちゃんは、いつも僕に
(笹は 美味しいのよ〜。食べなさいよ〜。)
と教えてくれる。
しかし、どういうわけか僕は笹を食べたいと思わないのだ。

僕は ネコじゃらしだったら 食べたいと思う。
事実 ネコじゃらしを よく食べている。

同じ犬でも 食べたい草が微妙に異なるっていうのは、
なかなか興味深いことである。
犬の種類によって 又は 個々の犬によって
味覚が少しずつ違うってことなんだろうか?

あっ・・ 猫ちゃん!
クリックすると元のサイズで表示します
おはよう なのだ〜。

(ねえ・・ 猫ちゃん ネコじゃらし好きかい?)
と尋ねてみたら
(うん! じゃれて遊ぶにゃ)
と 僕にはよくわからない返事が返ってきた。

犬と猫とは 味覚は異なるのだろうか?
聞いたところによると 市販のキャットフードは
ドッグフードよりも 味が濃いという。
僕は 1日でいいから 猫になって
猫の味覚というものを 体験してみたいなあ・・・
と思うのであった。

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 昨日の残り(冷凍保存したものを解凍)・
 鶏肉(皮・砂肝)・牛すじ肉
 (ガツガツの完食!)

夕飯を食べ終わって 僕は気がついた。
昨日、全く食べたいと思わなかったものを、
今日の僕は 美味しくてガツガツ食べたのだ。

トッピングされた 鶏肉と牛肉のカホリに誘引されて食べ始めたら、
昨日(不味いから食べたくないのだ〜)
と言っていたものが 美味しいものに変身してしまったのだ。
ああ・・ 何て気まぐれなのだろう 僕の味覚!
味覚なんて 相対的なものかも・・。

そう思った所で、気がついた。
いつ食べても『美味しい!!』と 僕が絶賛するものがある。
毎月『ついたちの日』の夕食後に出てくる
フィラリア予防のお薬である。

「おぼっちゃま〜 これ食べる〜?」
ん? 何??
クリックすると元のサイズで表示します
フィラリア予防のお薬とわかると
僕の瞳は キラリ〜〜ン!
クリックすると元のサイズで表示します
何も言われなくても 即座にお座りしちゃうのだ〜。

このお薬 1ヶ月に1回しかもらえないんだけど、
そのたびごとに 絶対的に美味しいと思う僕なのであ〜る。

今日は味覚について 僕なりにあれこれ考えてみた。
ママが言った。
「毎日 『美味しい』と言ってご飯を食べられるのは
幸せなことなんだよ〜」
うんうん そうだね!

今日も僕は 元気に過ごすことができた。
お散歩で一緒に歩いてくれたお友達、
挨拶してくれたお友達 みんなどうもありがとう。
今日も楽しかった。 よい1日だった。
                                  →僕の健康メモ
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ