2009/10/5

僕 お陰様で5歳になりました なのだ〜  

今にも雨が降り出しそうな空模様だけれど
そんなお天気を全く気にすることなく
僕はいつもどおり朝のお散歩スタートだよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜。

実はね・・ 今日はね・・ ちょっとだけ特別な日なんだ。
朝起きたら パパとママが僕に
「お誕生日おめでとう!」って言ってくれたんだ。
そう、今日は僕の5歳の誕生日。

僕は5歳のお誕生日を迎えるにあたって、
昨晩、僕はママと一緒に 僕の過去の写真を見ていたんだ。
そうしたら(こんな小さなことを 僕は気にしていたんだなあ・・)
と 懐かしく思い出されたことがあったんだ。

そのお話を聞いてくれるお友達 来てくれないかな・・・。

『いつもの公園』をどんどん進んでいって
クリックすると元のサイズで表示します
『クローバーの広場』まで来て 僕はお友達が来るのを待つことに。

しばらくしたら ポメラニアンちゃんが来てくれたよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
(おはようなのだ〜)
(おはよう!)
(あのね、今日で僕 5歳になったんだけど・・)
(そうなんだ〜 おめでとう!)
(ありがとう。でね、僕の子犬時代のお話聞いてくれる?)
(うん!)

クリックすると元のサイズで表示します
この写真は 今のパパとママのおうちにもらわれて来る前に
住んでいた元の飼い主さんのおうちなんだよ〜。
このおうちには 飼い主さんの他に 父犬・母犬そして
複数の猫ちゃんも住んでいたんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
僕は 5年前の10月5日に7匹兄弟の一番目として
生まれてきたんだ。
母犬が僕らを産んだ日は 飼い主さんは出張中。
母犬は ヒトリで頑張って僕ら7匹を産んでくれたんだよ〜。

僕ら兄弟姉妹は みんな元気。
毎日じゃれたり 一緒に寝たりして
すくすくと大きくなっていった。

そして 生後7週目に当たる11月23日に 
今のパパとママが尋ねてきたんだ。

「一番目に生まれたワンちゃんを譲ってください。大切に育てますから」
「どうぞよろしく」
そんな会話が交わされた後、
僕はママに抱っこされながら 
パパの車に乗って 今の横浜に来たってわけなんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
これは 生後3ヶ月のころの僕。
クリックすると元のサイズで表示します
体重も5`を越え いたずらも日を追う毎に激しさを増して
ママは『しつけ』にてんやわんやだったころ。

僕は このころから自分の耳が垂れていることを気にし始めていたんだ。
なぜかって?
それは 父犬も母犬も立ち耳だったからなんだ。

パパもママも そんなことは全く気にしていなかったけれど、
僕は父犬や母犬みたいなピーンとした耳に憧れていたんだ。 

生後4ヶ月になっても 僕の耳は垂れ耳だった・・。

半ば諦めかけた生後5ヶ月に入った時だった。
クリックすると元のサイズで表示します
僕は 生まれて初めて 伊豆というところへ旅行に
連れて行ってもらったんだ。
この時 僕の体重は10`くらいだったろうか。
すでに父犬・母犬とほぼ同じ体格にまで成長していたんだよ〜。

そして、帰宅して旅行中に撮ってもらった写真を見て僕は狂喜した。
僕の耳は ほとんど立ち耳に近い形になっていたのだった。

でもさ・・ 今になって思えば 耳の形なんて なんてことないのに
なんであんな小さいことで悩んでいたんだろね(笑)。

(そうだねえ・・ 悩みってのは 乗り越えてしまえば
 なんてことないものなのかもしれないね)
(うんうん そうだね〜)
今日は 遊んでくれた上に、
 僕の昔の話まで聞いてくれて どうもありがとうなのだ〜)
(どういたしまして また遊ぼうね)
(うん! またね〜)

このような素敵なお友達に恵まれて 僕は幸せもんだなあ・・
と思いながら 笑顔で帰路についたのであった。

今日もよい1日だった。感謝!

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 犬用缶詰・鶏肉・クスクス・おから・
 キャベツ・人参・いんげん
 (ガツガツの完食!)

<あとがき>
クリックすると元のサイズで表示します
うちの犬は お陰様で5歳の誕生日を 無事迎えることができました。
あんなにやんちゃで 暴れん坊で
『いつもの公園』では『暴走野郎』と呼ばれていた
1歳前後の頃が夢のようです。
健康に育ってくれて 今では16`の体格に。
相変わらず食が細くて 手作り食で工夫する毎日で、
元来料理が得意ではない私にとっては 正直言って大変です。
これからも うちの犬が毎日たくさんお散歩して
たくさんのお友達に会って 笑顔で暮らせるよう
私自身のの健康にも注意し 努力していくつもりです。
そして これからもずっとずっと「今日もよい1日だった」
とにっこり笑顔で締めくくれるブログを
書いていけたらいいなあ と思うのです。
                          (おぼっちゃま犬のママ記)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ