2009/10/16

突然のダッシュには理由があるのだ〜  

朝のお散歩にでかけようと玄関を出ると ひんやりした空気。
また少し秋が深まったかな と思える。
クリックすると元のサイズで表示します
うほほ〜〜〜〜〜い♪

暑がりの僕は このくらいの気温になると
すこぶる快調で 今朝なんて早くお散歩に連れて行ってもらいたくて
目が覚めてからず〜〜っと
(早く〜 早く〜 お散歩〜)
と心の中で唱えながら ママの後をついて歩いていたんだ。
そんでもって やっとお散歩スタートとなると
張り切っちゃうんだよね〜。

車の通る道は「お行儀よく歩いて!」
って言われるから きちんと歩くんだけれど、
『いつもの公園』の登山コースに入ると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
思いっきり走って そんでもって(あれ? ママ、大丈夫?)
と、振り返ってあげたりするのだ。

さて・・・
だいぶ走ったことだし これから先は
ペースダウンして ゆっくり歩くことにしよう。
クリックすると元のサイズで表示します
クンカクンカ〜。

このあたりは あまり紅葉する樹木がないんだよねえ・・。
すれちがうお友達に挨拶しながら
どんどん進んでいくよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでもクンカクンカ〜。
あっ このドウダンツツジは もう少しすると
赤く紅葉してきれいなんだよね〜。
楽しみなのだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
ここの公孫樹の木、銀杏がだいぶ通路に落ちているんだけれど
葉はまだ黄色くなっていないね〜。
そのうち ここの通路は公孫樹の葉の絨毯になるんだよね。
その上を カシャカシャ音と立てて歩くことを
考えるだけでワクワクするね〜。

そして、『クローバーの広場』に到着〜。
クリックすると元のサイズで表示します
ダッシュ ダッシュ ダッシュ〜♪

「あれ? 突然走り出して どうしたの?」
(あとでわかると思うよ 急ぐよ 急ぐよ〜!)
いつもだったら 広場ではお友達が来るまでずっと待っている僕が
だれも居ない広場を全力疾走で通り抜けたもんだから 
ママはとても驚いたようだった。

クリックすると元のサイズで表示します
「あれ? 今度は突然ストップしちゃった・・。 どうしたの?」
(ちょっと待つのだ〜 下の道をお友達が歩いているのだ〜。)

クリックすると元のサイズで表示します
出口へ向かう坂道は ゆっくりゆっくり歩くのだ。
下の道を出口に向かって歩いているお友達は
小型犬だから あまり早い歩みではないからね。

すれ違うお友達に挨拶をしながら ゆっくりゆっくり〜♪
クンカクンカに必要以上に時間をかけながら ゆっくりゆっくり〜♪

そして 出口のところで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
(おはようなのだ〜)
(おはよう!)
(ここで会えるなんて奇遇なのだ〜)
(一緒に帰りましょ)
(うんうん! 一緒に帰るのだ〜)
という具合に あたかも偶然といった雰囲気をかもし出し、
一緒に帰ることに成功〜!

クリックすると元のサイズで表示します
スタタタタ〜〜〜♪

いつも公園を出てからの帰路は トボトボと歩く僕。
それが 仲良しのお友達と一緒に帰れたことで
今朝はとても軽やかなものになったのだった。

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉 豚肉・鶏がらぺースト・オートミール・
 水菜・人参・キャベツ・ひじき・亜麻仁油
 (ガツガツの完食!)

今日も僕はこんな風にして元気に楽しく過ごすことができた。
挨拶してくれたお友達、一緒に帰ってくれたお友達
みんなどうもありがとう。また会おうね。
今日もよい1日だった。
                                →僕の健康メモ



続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ