2010/1/18

『お仕事』といわれると張り切っちゃう僕 なのだ〜  

今朝も僕は ほぼ定刻どおり お散歩スタートだよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜。

『いつもの公園』に向かう途中で
出会ったのは・・・ 
クリックすると元のサイズで表示します
仲良しのハスキーちゃん。
お互いに寒いのが大好きということで、
今朝の寒さを一緒にダンスを踊って喜び合い、 
僕は うほほ〜〜〜い気分♪

『いつもの公園』に到着すると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
登山コースを どんどん登っていくよ〜。

頂上付近で 園内を冷静に見渡してみると
今日はお友達の気配が感じられないことがわかった。
「今日は月曜日だから お友達少ないかもね・・」
うん・・。

ということで、予定を変更して 
一戸建て住宅地を散策することに。
クリックすると元のサイズで表示します
スタタタタ〜♪

ところが、どうしたことであろうか、
住宅地を歩けど 歩けど お友達に全く会えないのである・・。
クリックすると元のサイズで表示します
『正方形の公園』に来てみたけれど だ〜れも居なかった・・・。

場所を移動してみよう ということで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
『一戸建て住宅地内の小公園』まで歩いてみたけれど
だ〜れも居なかった・・・。

だんだん 歩く速度が遅くなってきちゃったよ。
クリックすると元のサイズで表示します
トボトボ トボトボ うつむき加減で歩道橋を渡って・・・
クリックすると元のサイズで表示します
僕んちまで帰ってきてしまった。
「お友達 少なかったね〜」
うん・・。

帰宅後 朝ご飯をモソモソと食べ、
ぼんやりとしている僕に ママが言った。
「そうだ! 『お仕事』があるんだけれど・・ いいかな?」
うん? 何?
僕は 目をキラキラさせて ママのことを見上げた。

「もうすぐ野菜の宅配便のお兄さんが来るからね。
 お兄さんが来たら 教えてほしいんだ〜」
うんうん!!

『お仕事』を与えられると 僕は俄然張り切っちゃうんだ。
少し開けてある玄関の隙間に 鼻先をちょっと出して
お兄さんが来るのを 今か今かと待ち続けること約5分。

(ママ〜〜 お兄さんが来たよ〜〜〜!)
僕は ベランダで洗濯物を干しているママのところへ
走っていって 鼻先でママの足をツンツンして教えてあげた。
「ん? お兄さん 来たの?」
うんうん!

クリックすると元のサイズで表示します
お兄さんは 野菜の入ったダンボールをママに渡しながら
「ワンちゃん おはよう。」「またね〜」
などと 僕に話しかけてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します
「おぼっちゃま お兄さんが来たのを教えてくれて ありがとうね〜」
うんうん どういたしましてなのだ〜♪

僕の『お仕事』が終わった。 
お兄さんにも会えたし ママにも喜んでもらえたし 
ということで 笑顔満開となった僕であった。

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・牛肉・白米・玄米・おから・
 白菜・人参・ホウレン草・胡麻
 (ガツガツの完食! 
  この他にジャーキーとドライフードももらったのだ〜)

今日も僕はこんな風にして 元気に過ごすことができた。
今日も楽しかった。よい1日だった。
 
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ