2010/10/24

素敵なお友達にありがとうなのだ〜(PartT 午前の部)  

今朝も僕は ほぼ定刻どおりお散歩スタートだよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜♪

今朝の6:30に観測された最低気温は13.5℃。
僕ら北方犬種というのは 気温が低下に反比例して
体力・気力がアップしていくんだよ〜。
今朝の僕なんて 最初っからパワー全開。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは 隣のマンションの広場で 猛ダッシュ〜♪

その後も ジョギング並の速さでず〜っと走り続けて・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
高速道路の橋のあたりで 相当ペースダウンして来たママを
振り返り 叱咤激励し・・・
クリックすると元のサイズで表示します
『小公園』で休憩したいというママの希望に聞く耳持たず
ズンズンと通り抜け・・・
クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園に到着してからも スタタタタ〜だったんだよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
最初に休憩らしきものが入ったのは
毎日曜 この公園で集まって走っている『走る会』の方たちが
列を作って 一斉に走り出した時のみ。

「ああ よかった ちょっと休憩できるわ・・」
ママの呼吸が整い、『走る会』の方たちの姿も見えなくなったところで 
僕は再スタート〜。

そして到着した『クローバーの広場』では・・・
クリックすると元のサイズで表示します
先に到着していた 白くて綺麗なお友達が出迎えてくれたよ〜。

お友達は 今日は白い毛皮の上に 
鮮やかな赤のボーダーのお洋服をまとい、
首にはリボンもつけていて
まさに今流行の『フレンチマリン』といった雰囲気。
お友達のママさんのお手製なんだって〜。

(似合うのだ〜 かわいいよ!)
と言っている僕をじっと見つめる視線・・・。
それは 広場のほぼ中央に立っている
堂々たる体格の ジャーマン・シェパード君のものだった。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャーマン・シェパード君と僕は 何回か会ったことがあるけれど
なぜか一緒にじゃれ合って遊ぶという関係ではないんだ。

今朝の広場は 男子はジャーマン・シェパード君と僕だけで
他のお友達は皆 女の子ばかり。

距離を置きながら
(さて・・・ どうしようか・・・)
と、僕はモジモジ〜。

女の子の間には(あのフタリ、どうなるかしら・・)と
ちょっとした緊張ムードが出始めていた。

ママが
(おぼっちゃまは近づかないだろうな このまま帰るか・・)
と思い始めていたところ、
白くて綺麗なお友達が ジャーマン・シェパード君に
笑顔で近づいていった。
クリックすると元のサイズで表示します
それをきっかけに 僕もクンカクンカするふりをしながら
さりげなく近づいてみた。

そうしたら・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ジャーマン・シェパード君は 優しい目で僕を見て
歩み寄ってきてくれた。素敵な紳士犬だと思った。

お友達みんなが 集まってきた。 
広場は楽しい雰囲気になったのだった。

クリックすると元のサイズで表示します
「今朝も楽しかったね」
うんうん!
「みんなとっても素敵なお友達だね」
うんうん!

大満足でおうちまで帰って来たのであった。

                      (PartU 午後の部に続く)

2010/10/24

トリミングに行って いろいろお世話になりました なのだ〜(PartU 午後の部)  

「これから トリマーさんのところへ行くよ〜」
うほほ〜〜〜い♪
「パパは出かけていて 自家用車がないからね・・
 この前のペットタクシーにお願いして
 この前の運転手さんに来てもらうことしたからね〜」
うほほ〜〜〜い♪
「支度して 待っていようね」
うんうん♪

しばらくしたら 電話が鳴って
「はい わかりました 今行きま〜す」
とママがしゃべって
そんでもって お外に出て行くと
この前の運転手さんが 車の外で笑顔で待っていてくれた。

「こんにちは〜 お世話になります」
はい どうぞ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
車は 国道をビュンビュン走って
渋滞もなく 順調にトリマーさんのお店に到着〜。

クリックすると元のサイズで表示します
トリマーさんのお姉さんが大好きな僕。
ワクワクしながらお店の中へ。

こんにちはなのだ〜!
「こんにちは〜」
クリックすると元のサイズで表示します
まずは トリマーさんのお姉さんに挨拶〜。

クリックすると元のサイズで表示します
トリマーさんのお姉さんと ママのお話が終わるのを待って
そうしたら すぐにタクシーに戻って
おうちに帰る ってのが僕の計画だ。

「それでは よろしくお願いします」
「はい」
クリックすると元のサイズで表示します
やっとお話が終わったので 僕は
帰るつもりで ドアに向かってお座り。

そうしていたら・・・
なんと僕は トリマーさんのお姉さんはヒョイと抱き上げられ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
そのまま奥のトリミングルームヘ運ばれてしまったのだ・・・。

その後は シャンプーやらカットやら 爪きりやら肛門腺絞りやら
耳掃除なんかもしれくれちゃって・・・
クリックすると元のサイズで表示します
1時間くらい経過したころ 窓越しにママの姿が見えた。

そんでもって 僕は仕上げにバンダナを巻いてもらって
トリミング終了〜。

出迎えたママは 僕がトリミング中に テーブルから飛び降りて
迷惑をかけてしまったことを見ていたらしく、
「飛び降りだでしょ! いけないね〜!」
と 僕を叱るのであった。

「ほら! お姉さんにお礼を言って! 
 どうもありがとうございました」
(ありがとうございましたなのだ〜)
「またお越し下さいませ ありがとうござました」

クリックすると元のサイズで表示します
僕は再びタクシーに乗って
快適ドライブを楽しんで帰って来たのであった。

クリックすると元のサイズで表示します
トリマーさん、運転手さん 大変お世話になりました。

今日も元気に楽しく過ごすことが出来たことに感謝。
よい1日だった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ