2012/2/19

たくさんの方にお世話になって 感謝感謝の1日だったのだ〜  

今日は、15:00〜トリミングを予約している日だった。

14:30ごろ ママの支度が整った頃
ちょっとしたハプニングが・・・。
お約束していた ペットタクシーのおじさんが
約束の時間に来れなくなってしまったらしいのだ。

「う〜〜ん 困ったなあ・・・」
トリマーさんのお店まで 歩いて行くとしたら
30分では到着しないかもしれない。
そうなると 15:00の予約時間に間に合わなくなってしまう。

「とにかく トリマーさんに電話してみよう!」

電話するママの足元でお座りをして
どうなるのか心配する僕。
「ええ・・ そういうわけで15:00には間に合わなくなってしまいまして・・」
「はい・・ はい・・」

最初沈みがちだったママの声。
それが・・
「えっ・・ 大丈夫なんですか?」
「わ〜 ありがとうございま〜す!」
突然明るい声になった。
「わかりました。はい・・ はい・・・ はい・・・・
それでは・・ はい・・ よろしくお願いします。」


「大丈夫みたいよ。トリマーさんのお店まで車で行けるよ」
ほんと?
 「うん! トリマーさんが 車を手配してくださったの」
うほほ〜〜〜い♪

なにをどういう風に「手配」したのか
僕には容易には理解できなかったのだが、
10分くらいおうちで待っていたら
驚いたことにお友達のパパさんが 
車で迎えに来てくれたのだった。

「どうぞ〜」
「ありがとうございま〜す。突然のことですみません。」
「いえいえ」
「失礼しま〜す」
クリックすると元のサイズで表示します
お友達のパパさんの車で
トリマーさんのお店まで 約15分のドライブ〜〜♪

「ほんとうにありがとうございました〜」
「どういたしまして♪」
お陰様で 時間通りにトリマーさんのお店に到着〜。
クリックすると元のサイズで表示します
トリマーさんは いつもと変わらずとても元気そうだった。
笑顔で僕を出迎えてくれた。

僕はそれを見て 安心した。
挨拶をしたら すぐに帰ろうと思っていた。

ところが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
僕の意に反して 僕はママにグイグイ引っ張られながら
奥のお部屋に連れて行かれてしまったのだった。

トリミングは 否応なく開始される。
シャワーでビショビショ
シャンプーでアワアワ
ドライヤーでブローブロー
爪切りでチョッキンチョッキン
足先の毛を カットカット

うは〜〜〜〜〜!! 
たいへ〜〜んなのだ〜〜〜!!

約1時間経過。
クリックすると元のサイズで表示します
ママが迎えに来てくれた。

「お世話様でした〜」
「ありがとうございました〜」
来月の予約をして
トリマーさんにお礼を言って
お店を後にすることに。

ペットタクシーのおじさんが お店の外で
待っていてくれた。
「先ほどはすみませんでした」
「いいえ〜 大丈夫でしたよ〜」

クリックすると元のサイズで表示します
帰路もドライブを楽しむ僕。

いつも同じ時間にトリミングの予約をしているのだが
12月と1月は 帰路は真っ暗で 車のヘッドライトが眩しかった。
それが 今日は夕陽がキラキラと輝いていて
ああ・・ 日が伸びたんだな〜 と実感。
クリックすると元のサイズで表示します
今日、僕は こんな感じでたくさんの方にお世話になったのです。
感謝感謝の1日でありました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ