2012/3/11

あの震災から1年 祈りと感謝の1日だったのだ〜  

東日本大震災。
今日3月11日で 発生からちょうど一年。

あの日の14:46 僕んちも大きく揺れた。
本棚の上から 大きな縫いぐるみが落ちてきた。
恐ろしい揺れ方だった。

それからというもの、余震が起きるたびに
僕は恐くて おうちの中を走り回った。

今でも 体に感じられる地震が起きると
僕は動揺を隠し切れない。

たくさんの方の命が失われ、未だに行方不明の方も・・・。
避難生活を強いられている方も・・・。

僕がもし東北に生活している犬だったら
僕はこうして生きていられなかったかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
毎朝 僕は元気にお散歩スタートしているけれど
それはあり難い事なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
あの日以来 僕はお友達に会えたことを
今まで以上に喜ぶ犬になった。

クリックすると元のサイズで表示します
お友達も 今まで以上に会えたことに
感激してくれるようになったように思える。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに会えたお友達には
元気で会えてよかったな〜〜 と
感激するようになった。
 
クリックすると元のサイズで表示します
今日の『いつもの公園』は
日曜日ということもあってか
たくさんのお友達に 次々と会えた。

クリックすると元のサイズで表示します
友は友を呼び いい雰囲気に包まれた。

飼い主さんたちも 笑顔でお話をしている。
これでこそ『いつもの公園』だ。
僕の大好きな『いつもの公園』だ。

クリックすると元のサイズで表示します
うれしくなって 僕は思いっきり樹木スリスリ〜♪

「このようなひとときを過ごせることに
心から感謝しないといけないね・・・」
うんうん! そうだよね。

たまたま僕は 横浜の犬だった。
それは本当に偶然のことなんだけれど、
何か大きな力によって生かされているような 
そんな気がするのだ。

「元気にこうして暮らせることに
 感謝しなければいけないよ・・」
うんうん!

クリックすると元のサイズで表示します
今朝の『いつもの公園』・・・ 
いつもとちょっと違っていました。

園内を歩く方たちが 厳粛な気持ちで歩いていたからかもしれません。
園内のお花を 立ち止まって眺めている方たちが
祈りを捧げていたからかもしれません。


午後になって 震災の起きた時刻の14:46になると 
ママは静かに黙祷を捧げていました。
その時、日本中が静かな祈りに包まれたのを
僕は感じました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ