2012/12/21

リフォーム 第5日目なのだ〜  

今日で 僕んちのリフォームは5日目に入りました。

お散歩から帰ってくると
「ソファーのお部屋に行ってね〜」
とママに言われ、僕は素直に従います。

お部屋の入り口には 
今日も柵やスーツケースでバリケード。
クリックすると元のサイズで表示します
僕がリフォームのお邪魔をしないように、
ということらしいけれど、
僕は お邪魔なんてするつもりはないのだから
必要ないと思うんだけどなあ〜。

=====================

そんなことを思っていると 9:00になって、
職人さん達が続々と集まってきた。

早速、作業開始だ。

今日は 寝室の壁紙の張替えをやってもらうらしい。
クリックすると元のサイズで表示します
ベッドには 汚れ防止のビニールクロスをかけてもらって
これで安心!

クリックすると元のサイズで表示します
壁紙の職人さんは 昨日に引き続き今日もひとり。

「この機械があれば、一人でも大丈夫」
なんだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
迅速かつ丁寧に作業を進めていきます。

==================

同時に洗面所でも作業が開始されました。
クリックすると元のサイズで表示します
洗面所の棚が 大工さんによって運び込まれます。

これは 洗面所の置くものとその量から綿密に計算して
ママが大工さんにオーダーしたもの。

作業所で 事前に簡単に組み立ててきたものを運び入れ、
この場で仕上げていくとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
なんと、ふたりの大工さんは 実の兄弟。

作業中にちょっと手伝って欲しいことなどは 
特に言葉にしなくても、阿吽の呼吸でわかるそうです。
 
クリックすると元のサイズで表示します
洗面台の設置をしてくれるのは 別の職人。

狭い洗面所、 人口密度高くて大変そう〜〜!

=======================

予定では今日がリフォーム工事の最終日。
しかし、洗面所の鏡が届かなかった というハプニングがあり、
鏡は 仮のものを設置することで、一連の作業はおしまい。
クリックすると元のサイズで表示します
厳重な意味でのリフォーム完成は 来年1月になるみたいですが、
ママは「お正月をキレイなお部屋で迎えることができるから
とっても嬉しいわ〜」と とても喜んでいました。

ママのその気持ちは すぐ僕にも伝わってきて
僕まで幸せな気持ちになったのです。

そして、僕が人間の言葉を話せたら、
一生懸命作業をしてくださった職人さんたちに 大きな声で
「ありがとうございました!」
と言いたいな〜 と思ったのでした。

2012/12/20

リフォーム 第4日目なのだ〜  

今日で 僕んちのリフォームは
4日目に入りました。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日同様、僕はソファーのあるお部屋で
過ごすことになりました。
職人さんたちのお邪魔をしないように、
ということらしいです。

柵やバリケード代わりのスーツケースや小テーブルなんて
特に必要ないと思うのですが、
ママがこういうものを置いてしまったのですから
仕方がありません。

僕は今日も このお部屋でまったりであります。

===========================

こんなリラックスモードの僕とは対照的に、
職人さんたちは 大忙し。
クリックすると元のサイズで表示します
今日のリフォームのメインは
洗面所の壁紙と床のビニールシート貼り。

昨日、台所の床の工事をやっている間に、
洗面所の今までの壁紙と床のシートは
きれいに剥がされていた。

クリックすると元のサイズで表示します
職人さんは リビングに大きな機械を運び込み、
手際よくセット開始。

クリックすると元のサイズで表示します
これは 壁紙に糊をつける機械なんだって。
重さは約15キロあるそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで セット完了〜。

職人さん曰く、この機械を導入したことで、
今まで ふたりの職人さんで1週間かかった壁紙貼りの作業が
ひとりで4日間でできるようになったとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
洗面所の壁紙が 貼られていく。
クリックすると元のサイズで表示します
床のビニールシートも。


===========================

このような作業が行われている間、
僕は ソファーのお部屋でこんな感じで過ごしていたのです。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、お外が薄暗くなってきたと感じた17:00頃、
「では失礼します。
 また明日、よろしくお願いします。」
「お疲れ様でした〜。
 明日もよろしくお願いしますね〜」
という声がして 職人さん達は帰っていきました。


いよいよ明日は リフォームの最終日。

ママが明日の完成を とっても楽しみにしているようで、
そのワクワク感が伝わってきて、
僕もなんか楽しい気持ちになったのでした。


2012/12/19

リフォーム 第3日目なのだ〜  

今朝も僕は いつもどおり『いつもの公園』をお散歩したよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
「今日は リフォームの工事が
 昨日までよりも大がかりなんだよ〜」
へ〜 そうなんだ〜

「お仕事のお邪魔しないよう、
 お利口さんにしてるんだよ〜」
わかったよ〜


=======================

お散歩から帰ってくるやいなや、
ママは 台所に入って ものすごい勢いで
食器をダンボールに詰め始めた。

「今日は 台所もリフォームしてもらうから
食器棚を動かし易いようにしておかなくちゃ・・」
とのこと。

なるほど、大がかりというのは このことか、
と納得しながら その様子を眺めていたら、
「おぼっちゃまは ソファーのお部屋に居てね〜」
と言われたので 僕は素直にソファーのお部屋へ。

クリックすると元のサイズで表示します
すると、予想しなかったことが起こった。

ソファーのお部屋の入り口には
バリケードのごとき 柵・ゴミ箱・スーツケースが
並べられたのだ。

僕はそれを見て 今日一日このお部屋から出られないように
されてしまったと悟った。


けど、よ〜〜く考えたら
いつもこの場所でゆっくりお昼寝してるんだから
今日もここでお昼寝をすればいいわけで、
僕の生活に影響はないのだ。

柵の所から 工事の様子を眺める事だってできるし〜。

そんなことを考えているうちに 午前9時になり、
昨日と同じように 職人さんたちが僕んちにやってきた。

==========================

今日のリフォーム工事のメインは 台所。
クリックすると元のサイズで表示します
何を隠そう この台所のボロボロの床のビニールシートは
僕の子犬時代の芸術作品。

名残惜しいけれど 今日でさようなら。
新しい床に貼り替えてもらうことになっているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
大変なのは 台所から冷蔵庫や食器棚を
リビングに運び出すことだった。

職人さんが2人がかりで 一生懸命運んでいた。

運び出しが終わると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
職人さんふたりは へらのようなものを手に
無言で床を剥がし始めた。

ものすごい勢いで剥がされていく床のビニールシート。

ああ・・ 僕もあのへらさえあれば
床を全面制覇できたのに・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
新しい床が糊付けされていく。

クリックすると元のサイズで表示します
そろそろ 仕上げ段階。
職人さんふたりの息は ぴったりだと思った。

==========================

「お疲れ様でした〜」
「明日もまた来ますので よろしくお願いします」

時刻は17:00。
職人さんたちは 帰って行った。

==========================

「おぼっちゃま〜 出てきていいよ〜」
ソファーのお部屋から出てきた僕。
クリックすると元のサイズで表示します
消えてしまった僕の芸術作品・・・。
ちょっと寂しい気持ちになったけれど、
「台所がきれいになってうれしいわ〜」
とママがとても喜んでいるのを見て、
僕も幸せな気持ちになったのでした。

2012/12/18

リフォーム 第2日目なのだ〜  

今朝、僕の住む横浜地方は
霧がとっても深かったんだよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
ほら、『いつもの公園』が 
全然違う場所みたいな感じでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します
すんごく幻想的で素敵だったんだよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな風景、滅多に見られるものじゃないから
僕はもう少し『いつもの公園』に居たかった。

でも、今日も9時から リフォーム工事の方たちが
僕んちに来てくれることになっているんで
あきらめて 帰路につくことにしたんだよ〜。

==========================

おうちに着いて 十数分。
予定通り 職人さんたちが到着。

僕がお邪魔をしないように、ということで
柵が設置され 埃を部屋に入れないための
ビニールがはられ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
僕んちは 昨日と同じような状況になった。

そして、昨日に引き続き 
ユニットバスの設置がはじまったのだった。


その様子は 今日もママに写真を撮ってもらったので
何枚か紹介するね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
壁と湯船はこんな感じで
組み立てられていったんだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
これは天井部分。
換気扇とダクトとの接続は 高いところだけに 
ちょっと大変そうだったらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
たくさんの工具を使うんだね〜。


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは もうひとりの職人さんで
洗面所の水道管工事をしてくれた方。

クリックすると元のサイズで表示します
洗面所もリフォームしてもらうのです。

今までの洗面台は撤去され
床下の水道管があらわになりました。

==========================

こんな感じだったリフォームの2日目。
クリックすると元のサイズで表示します
僕はどうしていたかというと
いつもどおり こんな感じで
のんびりと過ごしていたのでした。

2012/12/17

リフォーム 第1日目なのだ〜  

今朝の僕のお散歩は 
いつもより少し早めに帰って来たんだよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
なんでかって?
それはね・・
今日から5日間の予定で
僕んちの一部をリフォームすることになっていて、
朝の9時から 工事がスタートするからなんだ。

==========================

予定通り、9時になると
僕んちに何人もの職人さんが次々と現われた。
クリックすると元のサイズで表示します
その度に ママは玄関まで行って、
「よろしくお願いします」
と挨拶をしていた。

廊下には柵が設置され
僕は 残念なことに玄関まで行くことができず、
職人さんたちに挨拶をすることはできなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
この柵は 僕が子犬の頃 ケージとして
使用していたものの再利用。

僕が本気になれば このくらいの柵なんて
なぎ倒したり 飛び越えることだって 簡単なんだ。

でも、お邪魔をしてはいけません とのママの指示に
僕は素直に従うことにした。
人間との和やかな共同生活を保つために
場合によっては 大なり小なりの我慢を
しなければならないことは重々承知なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
それにしても気になるな・・。

ビニールシートを貼り始めたぞ。
ママに聞くと これはリフォームのときに舞い散る埃を
こちらの部屋に極力入れさせない という配慮なんだって〜。


========================

今日リフォームする場所は お風呂場がメイン。
その他に、洗面所の 洗面台と洗濯機の洗濯盤はずし
壁紙はがしも行うとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

30年前に僕の住むマンションが建築されたときに設置された
このユニットバスを
解体して 新しいユニットバスにする とのこと。

業者さんとの打ち合わせで
解体工事では 大きな音が出る とのお話は
僕も聞いていた。

だから リフォーム会社の方と僕のママは
ご近所にご理解をいただくべくご挨拶に行っていたことも
僕は知っている。


確かに 工事が始まると
大きな音がしていた。
でも僕は それほど気にならなかった。

ただ、この貴重なリフォームと体験を
犬なりに記録しておきたいと思ったので
僕は ママに写真を撮ってもらうことにした。

それらの何枚かを公開しちゃうね〜。

========================

クリックすると元のサイズで表示します
職人さんは ひとりでユニットバスを
ガンガン壊し、2時間弱で 
マンションの壁があらわになった。

クリックすると元のサイズで表示します
解体時に出たゴミを 職人さんはお掃除してくれた。
この写真を見て 僕はとても丁寧な職人さんだと思った。

クリックすると元のサイズで表示します
そして 解体したユニットバスを
お外に待機させたトラックに積み終わると
今度は 新しいユニットバスの部品を運び入れ
これまたひとりで テキパキと組み立て始めたのだった。

ここまでの作業を終えたところで 時間は17:00。
次の工程は また明日・・ ということになって、
職人さんたちは帰っていったのでした。

=========================

このような作業中、僕はどうしていたかというと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
いつもどおり こんな感じで
気持ちよ〜くお昼寝していたのでした。

2012/12/16

元気復活! 楽しい日曜日となりましたなのだ〜  

昨日僕をどよよ〜〜〜ん気分に陥れた低気圧は
今朝には遠くに移動していったようで、
今朝の僕は 元気復活!

元気いっぱいで、朝のお散歩スタートしたんだよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園』は 霧がかかっていて
いつもとちょっと違った雰囲気だったね〜。

そんな中、どんどん歩いて行くと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
新しいお友達ができたんだ。

3ヶ月のラブラドール・レトリバー君。

とってもフレンドリー。
僕が近づいていったら
ちゃ〜んと挨拶してくれたよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
仲良しのお友達とも会えて、
一緒に歩くこともできたんだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
広場では 黒ラブちゃんにも会えた。

黒ラブちゃんは いつもボールに夢中だ。
僕は ボール遊びは得意ではないので
一緒に遊ぶことはないのだけれど、
でも僕らは仲良しなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
だんだん霧が晴れてきた。
雲ひとつない青空が広がっている。
とっても気持ちのよい日曜の朝でした。

2012/12/15

こんな日もあるのだ〜  

今朝の僕は どよよ〜ん気分が
とてもひどかったんだよ。

そうは言っても、いつもどおり
朝のお散歩はスタートしたんだけどね・・。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは 僕んちのマンション内の公園へ。

どのくらい歩けるかな・・ と様子をみるべく、
落ち葉を踏みしめながら
ウォーミングアップしてみたんだけれど、
どうにも調子がでてこない。

お空は灰色の雲に覆われてて
今にも雨が降り出しそうだ。

こういうふうに 低気圧がどんどん接近してくる時って、
僕 元気が出ないんだよね・・。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は『いつもの公園』まで行かずに、
ここで引き返すことにしよう。

クリックすると元のサイズで表示します
ママは もっとお散歩したかったみたいで、
がっかりした声を出していたけれど、
忘れてもらっては困ります、
これはあくまでも僕のお散歩です。

僕の指示に従ってもらうのが原則なのです。

2012/12/14

行きたい場所があるのだ〜  

僕の大好きな『いつもの公園』は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
工事が始まってから 立ち入り禁止区域ができて
お散歩するコースが限定されてしまったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
例えば、この場所。

緑色の柵のところからは
下り階段になっていて
その先には広場があるのだ。

僕はそこへ行きたいのだ。

しかし・・・
クリックすると元のサイズで表示します
「入れないんだよお〜」
とママは言う。

柵があるから 入れないというのだったら・・
クリックすると元のサイズで表示します
ここから入ってみたらどうなんだろうか?

「こんなところから降りていけないよお・・
 下は崖だから・・・」
クリックすると元のサイズで表示します
そうかなあ・・
ほんのちょっとの勇気があれば 行けるよ。

ほら よ〜く見てご覧。
草を踏みしめた獣道が見えるじゃないの。
行ってみようなのだ〜!!

「だめだよ〜 入れないんだよ〜」
ぐいぐい引っ張られる僕。
こういうときのママは すごい力が出るのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
意に反して僕はもうひとつの広場へ。

クリックすると元のサイズで表示します
お友達 だ〜れもいなかった。

「は〜い 帰りますよ〜」
僕は 再びママにグイグイ引っ張られながら
出口へと向うことに。



行きたい場所・・・ 
そこはお友達とよく会って遊んだ広場。
ママと走ったこともあった。

それが、すぐそこに見えるのに 
行くことができなくなってしまった。
切ない気持ちの今朝のお散歩でした。

2012/12/13

お友達に会えた うれしかったのだ〜  

僕の大好きな『いつもの公園』。
毎日連れてきてもらっている『いつもの公園』。

それが、園内にある池の泥さらいの工事が始まってから・・・
クリックすると元のサイズで表示します
通行できないところができちゃった。

そのため、お友達の歩くコースが
今までとは違ってしまったみたいだ。

それはどういうことかというと、
お友達からのお手紙が 
今まであった場所になかったりして、
お友達が元気かどうか 
確認することができなくなってしまうのだ。

今朝も僕は そんなわけで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
みんなどうしているんだろう・・・
と 立ち止まって ぼんやりしていた。


そうしたら・・・
お友達の気配がしてきたんだ

僕は ママを引っ張るようにして猛ダッシュ!

会えたよ 会えたよ〜♪
クリックすると元のサイズで表示します
元気だった?

クリックすると元のサイズで表示します
みんな〜〜 どのコースをお散歩していたの?
とにかく会えてうれしいよ!!


「そのうちみんなの歩くコース、
わかるようになると思うよ〜」
うんうん!

「みんなに会えてよかったね〜。
 じゃあ 帰ろうか・・・」
うんうん!
クリックすると元のサイズで表示します
大満足でおうちに戻ってきた僕でありました。

2012/12/12

三つ子の魂百までも なのだ〜  

僕は 8歳の雑種犬である。
クリックすると元のサイズで表示します
1〜2歳の 所謂子犬の頃の僕は 大変な暴れん坊だった。
おうちの中で破壊活動ばかりやっていて、
そのせいで、僕んちは今でも壁や絨毯がボロボロだ。

昔あったソファーは 破壊しつくしたため、
粗大ゴミになってしまった・・。



それも、3歳を過ぎるころになると、
破壊活動に没頭することは 徐々に少なくなってきて、
人間との共同生活を楽しめるようになっていった。


8歳になったのだから、もう以前のようなことは
しないだろう とママは思ったのだろう。

新しい縫いぐるみを買ってきて
「可愛がってね〜〜」
と 僕に与えてくれた。

僕はとてもうれしかった。
さっそく 縫いぐるみと遊ぶことにした。

==========================

約1時間後・・・



クリックすると元のサイズで表示します
三つ子の魂百までも とはよく言ったものである。

素材さえ与えてくれれば、僕はいつでも
子犬の心に戻ることができる、ということが
この写真で証明されたと思う。

今日も楽しかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ