2014/7/21

今日もお友達た〜くさん会えたのだ〜  

クリックすると元のサイズで表示します
今朝のお散歩も、パパさん、ママ、そして弟といっしょに
『いつもの公園』へ行ったのです。

今日もたくさんのお友達に
会えましたよ〜!

クリックすると元のサイズで表示します
まず会えたのは、ゴールデンレトリーバーちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します
仲良しのシェルティちゃん、
そしてはじめましてのボストンテリアちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します
僕の幼馴染のお友達にも会えました〜。

クリックすると元のサイズで表示します
サラダバー ムシャムシャ〜♪

弟は ここのサラダ、「美味しい」って食べてました。
気に入ってくれたみたいです♪

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じだった今朝のお散歩。

弟のお散歩については ここ数日の様子を見て、
お友達にもちゃんと挨拶できるし、
すぐに仲良くなれるし、ということで、
僕は心配いらないと思いました。

よかった♪
ひと安心です。


2014/7/20

お友達た〜くさん会えたのだ〜  

「兄ちゃ〜ん 」
「なんだ〜い」
クリックすると元のサイズで表示します
「今日は どういうコースを歩くの〜?」
「『いつもの公園』ショートコースなのだ〜」

「楽しみだね」
「うんうん 楽しみなのだ〜」

かくしてスタートした今朝のお散歩。
次から次へと お友達に会えて
とっても楽しかったのでありま〜す。


その時の写真を 弟と一緒に
見ることにしました。



クリックすると元のサイズで表示します
「一番目に会えたのは ミニチュア・ダックスフンド君だったね。」
「そだね〜。兄ちゃんのお友達?」
「うんうん 。ずっと前に会った時、僕に弟ができたんだって話したんだよ。」
「そっか。だから 走ってきて挨拶してくれてのかな。」
「そうだと思うよ。いいやつだよ。」
「うん」

クリックすると元のサイズで表示します
「二番目に会えたのが トイプードル君だよね〜。」
「 そう。彼も僕のお友達だよ。」
「かわいい感じだったね。」
「そうだね。フレンドリーでいいやつだよ。」
「うん」

クリックすると元のサイズで表示します
「次に会えたのは 印象深いお友達だったよね。」
「うんうん 集団で現れたしね〜。」

クリックすると元のサイズで表示します
「ボルゾイ君、大きかったね〜。」
「そだね〜。」
「兄ちゃん はじめまして って言って挨拶してたね。」
「うんうん」
クリックすると元のサイズで表示します
「まだ1歳になっていない仔犬なんだってね」
「そうらしね。」
「どのくらい大きくなるのかなあ…」
「ボルゾイは『ロシアの貴公子』といわれているんだって」
「へ〜〜 そうなんだ〜〜。」
「その名に相応しく、優雅で落ち着きがあったね。」
「うんうん」

クリックすると元のサイズで表示します
「あっ… ビーグル君も兄ちゃんのお友達なんだってね。」
「そだよ。」

クリックすると元のサイズで表示します
「出口のところで飲んだ氷水、美味しかったね。」
「うんうん 美味しかったのだ〜。」


弟もお友達がたくさんでき、楽しそうにお散歩してるし、
よかったなあ と思う僕なのでした。

2014/7/19

一緒に ショートコースを歩きました なのだ〜  

今朝のお散歩は、パパさん、ママ、弟そして僕の
ヨニンで 『いつもの公園』へ行くことに
なりました。

僕んちから『いつもの公園』の入口まで 徒歩で10-15分。
そのコースを 一度も歩いたことのない弟。

大丈夫かな? との懸念もありましたが、
パパさんが
「大丈夫だと思うよ〜
もし 歩けなくなったら 抱っこして帰るさ〜」
と言ったので、実行に移すことになりました。


往路は 難なくクリアーした弟。
クリックすると元のサイズで表示します
トコトコ トコトコ 園内を歩きます。
クリックすると元のサイズで表示します
クンカクンカ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
僕のお友達のシェルティ君たちにも、
積極的に近づいて行って 挨拶していましたよ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
氷水 たくさん飲みな。
僕の分も飲んでいいよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ショートコースを廻って 出口に到着です。

暑いから 給水しながら 休憩です。


「さあ がんばって おうちまで歩くよ!」
「うん!」

約1時間ほどのお散歩を
無事楽しむことができました。

がんばった弟に拍手〜♪

今日も僕は楽しかったです。
よい一日となりました。

2014/7/18

雨が降ってきてしまいました なのだ〜  

出かける時に ポツポツと降ってきた雨。
クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園』に着いた頃は
アスファルトがしっとりと濡れるくらいに
なっていました。

『雨でもお散歩派』の僕にとっては
このくらいの小雨は なんてことないのですが、
弟は どうなんだろう??
と心配になってきました。

帰宅後……

ママが
「雨が降ってきたから、
今日のお散歩はお休みにしま〜す。」
と 弟にむかって 話しかけていました。
クリックすると元のサイズで表示します
弟は、
「うん わかった」
と 素直にうなづいていました。

物わかりのよい弟です。
雨でもお散歩行くんだ!って
駄々を捏ねたらどうしようかという
僕の心配は 全く無用でした。

2014/7/17

一緒にお散歩 なのだ〜  

この前、僕は
「弟と一緒にお散歩したいな〜 」
とママに相談したのです。

その時は、
「まだ赤ちゃんだから たくさん歩けないしねえ…
一緒に歩くのはもう少し大きくならないと…」
というお返事だったので、
僕はちょっとあきらめモードになっていたのです。


その僕の願いを 今日の朝、
パパさんがかなえてくれました。

その方法は、僕が先にいつもどおりお散歩スタートして、
パパさんの車に乗って来る弟と
『いつもの公園』の駐車場で 待ち合わせをし、
一緒に園内をお散歩する というものです。


僕はワクワクしていたので、
いつもよりも速いテンポで
お散歩コースを歩いちゃいました。

そんなわけで、
クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園』の駐車場入口には
予定時間よりも10分ほど早く到着です。


じっと待ちます。


すると、遠くのほうから
パパさんの車のエンジン音が聞こえてきました。

来た〜〜!
僕は車に走り寄ります。
クリックすると元のサイズで表示します
弟が 車から降りてきました。

「大丈夫だった?
車酔いしなかった?」
「うん! だんだん平気になってきたみたい」
「それはよかったね なのだ〜」

園内を歩いて行くと……
クリックすると元のサイズで表示します
仲良しのシェルティちゃんに会えましたよ〜。

早速 弟を紹介しました。

弟は ちゃんと挨拶してました。
よかったな〜 と思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
『クローバーの広場』まで行きました。

いい場所でしょ。
気持ちいいでしょ。

僕は 君が僕んちに来た時から、
一緒にここへ来るのを 楽しみにしていたんだよ。

この公園のお友達は みんなフレンドリーだからね。
たくさんお友達できるよ。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで とっても楽しいお散歩だったのです。
今日も よい一日となりました。

2014/7/16

お散歩楽しそうでよかったね なのだ〜  

「兄ちゃ〜ん! ただいま〜」
弟が元気にお散歩から帰ってきました。

「どこまで行ってきたん?」
「えっとね…」


クリックすると元のサイズで表示します
「近所のコースを歩いて…
クリックすると元のサイズで表示します
それから 今日は はじめて隣のマンションのほうへ
行ってみたんだよ。」

「急な階段のあるコースを行ったんだね。」
「うん!」
「頑張ったなあ。」
クリックすると元のサイズで表示します
「うん!」

お散歩の様子を 興奮気味に話してくれる弟。
楽しそうだ。
よかった よかった。
僕もにっこり笑顔になりました。


2014/7/15

僕のお散歩コースの紹介なのだ〜  

「兄ちゃ〜ん 」
「何だい?」

「兄ちゃんは 今朝のお散歩 どこまで行ったの?」
「知りたいかい?」
「うん 教えてよ〜。」
「いいよ〜。」

いつも 僕が先にお散歩に出かけ、
帰ってきたら 今度は弟がお散歩に という
『決まり事』になっている我が家。

僕のお散歩が どんな感じなのか知りたいという
弟の気持ちはよくわかります。

僕は 今朝の僕のお散歩の写真を見せながら
説明してあげることにしました。

「今朝の僕の選んだコースは
『一戸建て住宅地経由 いつも公園 ロングコース』
なんだ〜。」

「?……」

「そう言われても ピンとこないかもしれないね〜。」

「だいたい 1時間半くらい歩くんだよ〜。」
「ひゃ〜。僕なんて 30分くらいだ。
兄ちゃん すご〜い!」


クリックすると元のサイズで表示します
「このコースは、まず、高速道路にかかる歩道橋を
早足で渡って行くんだ。」

クリックすると元のサイズで表示します
「すると、一戸建ての住宅地に入って行くんだよ〜。」
「そうなんだ〜。」

「住宅地をあちこち歩いて…… そだな 30分か 40分歩くと……
クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園』に到着するんだよ〜。」

クリックすると元のサイズで表示します
「公園に行ったら、僕は『クローバーの広場』は
必ず立ち寄るんだ〜。」
「あっ! ここは僕、行ったことがあるよ!」

パパさんの車に乗って 弟はここまで来たことを
ちゃんと覚えていました。

クリックすると元のサイズで表示します
「たくさん歩くと 喉が渇く ってわけで、
ここで給水して、しばしの休憩で〜す。」
「ママのお散歩バッグに入ってる 氷水を飲んだの?」
「そうだよ〜。」

クリックすると元のサイズで表示します
「こんな感じで、今朝は1時間半お散歩して
君の待つおうちへ帰って来たんだよ。」
「そうだったんだね。僕もそのうち兄ちゃんと同じコースを
歩けるようになりたいな〜。」
「すぐに歩けるようになるよ!」
「うん!」

その日を今から楽しみにしている僕なのでした。

2014/7/14

弟のお散歩の写真なのだ〜  

「今朝のお散歩 どこまでいってきたの?」
僕は弟に聞いてみた。
クリックすると元のサイズで表示します
「えっとね… まずはすぐ近所の小さな公園へ
行ったんだ〜。」

「そうなんだ〜。この公園は
僕がお散歩デビューした公園なのだ〜。」

「へ〜。兄ちゃんにもそんな時があったんだね〜。」

クリックすると元のサイズで表示します
「それからね… 近所を歩いて 帰って来たんだ〜。」

「そうなんだ〜。楽しかったかい?」
「う〜ん… 楽しかったけど、
車が通ったとき、ちょっと緊張したよ。」

クリックすると元のサイズで表示します
僕は、慣れてくれば 車も怖くなくなるよ、
と言おうと思ったのですが、
やめておきました。

もしかしたら弟には 車の多い通りで
怖い思いをした過去があるのかもしれないと
思ったからです。


2014/7/13

僕もここで記念撮影 なのだ〜  

クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園』のこの場所で、
僕は写真を撮ってもらいました。

ここは、昨日 僕の弟が
記念すべきお散歩デビューの
記念写真を撮った場所なのです。

あの子犬特有のグニャグニャした小さな体で
公園の駐車場からここまで よく歩いて来たなあ…
と 感心してしまう僕なのでした。





2014/7/12

ついにお散歩デビューなのだ〜  

今日の夕方、お外が暗くなってからのことでした。
クリックすると元のサイズで表示します
弟は 真新しいハーネスとリードを
つけてもらっていました。

いよいよお散歩デビューだな。
僕は思いました。

僕がお留守番をしていたら、
弟が興奮を隠せない様子で 帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
写真を見せてもらいました。

パパさんの車に乗せてもらって
『いつもの公園』まで行ったみたいですね。

車酔いしなかった?
そう、よかったね。

公園 怖くなかった?
そう、大丈夫だったんだね。

よかったね よかったね。



今日は僕の弟の記念すべき
お散歩デビューの日でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ