2009/1/3

我侭いっぱい 言ってみた ママとのお散歩 なのだ〜  

今朝は パパは用事があるとのことで
出かけてしまったもんで
僕は 久しぶりにママとフタリで
お散歩に出かけたんだよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園』を 僕は走るよ 走るよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
登山コースを グングン登っていくよ〜。
ママ 頑張って僕についてくるんだよ いいかい?
「ひゃ〜〜〜っ!」

クリックすると元のサイズで表示します
うほほ〜〜〜〜い♪
今朝はまた一段と冷え込んだようで 
北方犬種の血が騒ぐぜ〜〜。
絶好調なのだ〜〜〜〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
落ち葉カシャカシャ〜〜。
楽しいのだ〜♪

園内には 今朝もたくさんのお友達が来ていたよ〜。
僕は挨拶をすると すぐに(じゃ またね〜)
と言って また走り出し、
またお友達に会うと 挨拶をして 
即座に走り出す ということを
繰り返していった。

僕は 今日はママが 立ち話をして欲しくなかったんだ。
ママは 僕のペースで 僕の為だけに
お散歩して欲しかったんだ。

だから なるべく立ち止まらないようにして
園内をどんどん進んで行ったんだ。
そうしたら あっという間に 出口に来ちゃって、
当然のことながら 帰路に着くことになってしまった。

何ということだろう・・・。

いつもだったら1時間半以上お散歩に時間を費やしているはずなのに
今日はこの分だと 50分でおうちに着いてしてしまう・・・。

僕はもう一度『いつもの公園』に戻りたくなった。
クリックすると元のサイズで表示します
進行方向とは180℃反対方向を向き、
お座りをして ママに(公園へ戻るのだ〜)
と訴えてみた。

「はい! ちゃんと歩いて!! 何座ってんの?」
クリックすると元のサイズで表示します
ママにグイ〜〜ンと引っ張られた僕は
泣きそうになりながら(公園に戻るのだ〜)
と前足を踏ん張ってみたが ママの力には勝てなかった。

悲壮感溢れる表情で 僕は冷たく冷え切ったアスファルトを
へっぴり腰になって ママの引っ張る力に対抗しながら
ズリズリと引きずられるように歩いた。
ママは 前傾姿勢になって僕を引っ張りながら歩いていた。
「我侭言わないんだよ〜。
お友達 たくさん会えたじゃないの。
また夕方 ゆっくり連れてきてあげるから・・」
などと ぶつぶつとつぶやいていた。
「ああ 重い・・・ 汗が出てきた・・・」

そうして 僕んちのすぐそばまできたところで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
仲良しの黒ラブちゃんに会えたんだよ〜♪
「あけましておめでとうございま〜す」
「今年もよろしくね」
僕らは久しぶりに会えたもんで おおはしゃぎ!
ママたちも 積もる話があったみたいで、
実に楽しそうな表情をして 時折笑い声を上げていた。

楽しいひとときを過ごすことができて 僕は大満足で帰宅。
クリックすると元のサイズで表示します
楽しかったのだ〜。
ママも楽しかった?
「黒ラブちゃんとママさんに会えたのは嬉しかったけれど・・
ママは疲れましたよ。
この寒さの中 汗かいちゃったよ。
16kgくらいあるおぼっちゃまを引っ張って帰ってきたんだから。
もうあんな我侭言うんじゃないよ〜」
うん!

<僕の今日の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 牛肉・鶏肉・鶏卵・オートミール・おから・
 キャベツ・人参・じゃがいも・大根
 (ガツガツの完食! おかわりに乾燥鱈とドライフードをもらったのだ〜)

今朝の僕は 自分でもよくわからなかったんだけど
ママに思いっきり甘えてみたくて そんでもって
こんな行動に出てしまった。
あまりママを困らせてはいけないな と思って
夕方のお散歩では いつもどおりちゃ〜んと歩いた。

こんな感じだったが 僕は今日も元気に過ごすことができた。
お散歩で会ったお友達 今日はすぐに走って行ってしまってごめんね。
今度会えた時は ぼく ゆっくり会うから許してね。
反省すべき点はあるけれど、
僕はママを独占できたということで 正直言って楽しかった。
よい1日だったということにしてもよいだろうか・・・。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ