2014/10/1

ススキとパンパスグラスの穂が出てきたのだ〜  

10月になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
僕が毎日お散歩している『いつもの公園』では
今年も ススキとパンパスグラスの穂が
伸びてきました。

左側のススキは 日本に古くからあって、
日本全国に分布しているものですが、
右側のパンパスグラスは、
ちょっと珍しいかもしれませんね。

調べてみたら、パンパスグラスは、
南米大陸の草原が原産地で、
日本にやってきたのは 明治時代とか。

寒さに弱く、関東地方までなら
冬に葉が枯れても 翌春に新芽が
出てくるらしいですが、
関東以北だと 冬には全体が
枯れてしまうそうです。

この季節に 初めてのこの公園を訪れた方達は、
ススキとパンパスグラスのコラボに 驚いたり
立ち止まったり 写真を撮ったりしています。

僕は そんな人間の皆さんの様子を
遠くから見て 楽しもうと思います。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ