2008/7/30

掃除機君引退の危機なのだ〜  

昨日の 激しい雷雨が 涼しい風を運んできてくれたようだ。
久しぶりに「涼しい」と感じられる朝を迎えた。

クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
涼しいって 素晴らしい〜。
坂を上っても 舌ベロンチョにならないのだ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
『いつもの公園』に到着〜。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の朝、僕が来たときは
広場の土が乾燥しきっていたけれど、
今日は 雨水をタップリ含んでいる。
さぞかし 樹木や草花は 喜んでいることだろうね。

今日は 園内の池の周りを歩いてみることにしたよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
これは 池のに流れ込む小川。
昨年 たくさんのホタルの幼虫を放したらしい。
僕は 最近夜の『いつもの公園』に
来ていないので わからないのだが、
夜遅くには このあたりで ホタルが光を発しながら
ゆったりと飛んでいるんだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します
池の浅瀬に生えている蒲(ガマ)。
ママの背丈以上の高さなんだよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
蒲(ガマ)の穂が 出てきているね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
あっ ちょうど蓮の花が咲いたところだね〜。きれいだね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
池には 木道があって、
僕はここをゆっくり歩くのが好きなのだ〜。

そして・・
クリックすると元のサイズで表示します
池にかかっている木道と同じくらい好きな 
登山コースを歩き、帰路についたのであった。

帰宅後、僕は朝ご飯を食べ終わって、
ゆったりとしていた。

「掃除機君 出てくるからね〜。
ちょっと我慢していてね〜」
(ああ また掃除か・・)と思いながら
僕は 掃除機君が 部屋中を荒々しい音を立てながら
活動しているのを 玄関で避難しながら
ジト〜〜〜ッと眺めていた。

と その時だった。

掃除機君が 突然『ボン!』という低い音をたて、
全く動かなくなってしまった。

「あれ〜? どうしちゃったのかな〜?」
ママが 掃除機君のお腹を開けて 様子を見ているようだった。
僕も ちょっと興味があったので、覘いて見た。
モーターのところから 焦げ臭い匂いがしていた。

掃除機君 引退するかも・・ 僕は直感的にそう思った。

僕が子犬だった頃・・・
クリックすると元のサイズで表示します
               (2005年10月28日撮影 1歳0ヶ月)
掃除機君が 稼動すると
僕は 興奮して 掃除機君にむかって 噛み付いたものだった。

クリックすると元のサイズで表示します
               (2005年10月28日撮影 1歳0ヶ月)
噛み付いても 噛み付いても
掃除機君は 黙々と掃除をし続けていた。

僕は 徐々に 掃除機君は えらいヤツだ と認めるようになった。
クリックすると元のサイズで表示します
そういう過去を経て、今では 掃除機君と 仲良く
共同生活ができるようになったのだった。

それなのに、掃除機君・・・。
僕の細い毛を モーターまで吸い込んじゃったのが
いけなかったんじゃないかい?
そして、頑張りすぎもあるんじゃないかな?

動かなくなった掃除機君・・・
なんだか可哀想になってしまった僕だった。

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 牛すじ肉・鶏の砂肝・五穀米・おから・
 水菜・キャベツ・いんげん・人参・オリーブ油
 (ガツガツの完食!)

今日は 最高気温が30℃くらい。
夜になったら 気温は 20日ぶりに25℃以下となって、
とっても過ごしやすかった。

今日も僕は 元気に楽しく過ごせた。
お散歩で挨拶してくれたお友達、どうもありがとう。
掃除機君のことが心配ではあるが、
一応 僕としては 今日も楽しかったし、よい1日だった。
                                  →僕の健康メモ

朝のお散歩:6:45〜8:05『一戸建て住宅地〜いつもの公園池之端コース』
 7:04 サイズ:普通(大1・中2・小1)
    固さ:普通
 7:48 サイズ:少なめ(大2・小1)
    固さ:やや軟

夕方のお散歩:17:30〜17:55『近所ちょこっとコース』

朝食・夕食共に完食。
以上



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ