2010/4/26

いつもどおりの月曜日 筍が届いたのだ〜  

朝からいいお天気なのだ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
タラッタッタッタ〜♪

お散歩なのだ お散歩なのだ〜。
さわやかな風を鼻先に感じながら
僕は『いつもの公園』への直行&最短コースを
ひたすら走るよ 走るよ〜。

『いつもの公園』の入り口を抜けてすぐに出会ったのは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ハスキーちゃん!

久しぶりに会えたんだよ。
僕らは嬉しくて 嬉しくて
最初はお互いのニオイをチェックしあって、
そしたら すぐに
変わっていない 元気だ ってことがわかって、
そんでもって 再会を喜ぶダンスを踊って大はしゃぎ〜♪

「ありがとうございました〜」
「またね〜」

すっかり気分が高揚した僕。
クリックすると元のサイズで表示します
ママ〜 登山コースを登るよ〜
「うん! ママも走るよ〜!」

クリックすると元のサイズで表示します
ホイホイホ〜〜〜イ♪

クリックすると元のサイズで表示します
スタタタタ〜〜〜♪

園内を気持ちよ〜く走って・・・
クリックすると元のサイズで表示します
『クローバーの広場』に到着〜。

昨日の朝、数え切れないくらいのたくさんのお友達が集まって
楽しいひとときを過ごしたこの場所。
月曜日の今日は だ〜れも居なかった・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
たくさんのお友達の残り香を
僕は丁寧に 丁寧に クンカクンカ〜。

15分くらい 僕は広場で過ごした。
だ〜れも居ない広場で。
隅から隅まで クンカクンカし尽した と思った。

僕は ずっと下を向いてクンカクンカしていた鼻先を上げて
ママを見上げた。
「そろそろ帰ろうか〜?」
うん・・。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は すれ違うお友達も少なかったのだ・・。
「月曜日だから 仕方ないんだよ〜」

クリックすると元のサイズで表示します
「今日は 野菜の宅配便のお兄さんが来るよ〜」
ホント〜!

僕は野菜の宅配便のお兄さんのことが大好き。
駄々をこねることなく にっこり笑顔で
公園の出口へ 歩き出した。

帰宅してしばらくしたら 野菜の宅配便のお兄さんが来てくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
段ボール箱を開けてびっくり!
大きな大きな筍が 箱の一番下から 
にゅ〜〜〜〜っと出てきたのだ。

「わ〜っ うれしいなあ〜 米ぬかも入れてくれたんだ〜 
 早速 下茹でしようっと〜♪」
ママによると この米ぬかというのが 筍を茹でるときに必要らしくて
それを常備していない僕んちとしては こうして
筍に付けてくれると とても助かるらしいんだ。

この筍は 写真撮影が終わるや否や、
1時間以上も 大鍋の中で茹でられてしまった。
 
そして、「初物だからね」という理由で
ママは 僕の夕飯にみじん切りにして混ぜてくれたのであった。

<今日の僕の夕飯>
クリックすると元のサイズで表示します
 鶏肉・豚肉・白米・玄米・おから・
 青梗菜・きゅうり・トマト・筍
 (ガツガツの完食! この他に乾燥鱈とジャーキーももらったのだ〜)

今日も僕は こんな風にして元気に過ごすことができた。
お友達とも 再会の喜びのダンスを踊れたし、楽しかった。
よい1日だった。
 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ