2006/5/11

2006年6月号  DICK
さて、この「DICK」というカテゴリーでは、私が購読している株式会社「大洋書房」発行の洋モノ情報誌「DICK」の感想を記していきます。

この2006年6月号以前の感想は、本家HP「竜騎士円卓会議場 別館」で公開しています。

2006年6月号(No.259)
 
DVD付きリニューアルした今号。手に取った最初の感想は「薄っ」ページ数がかなり減った様子。
 
後半10ページが全て広告という構成。これについては異議は無い。あと、98%カラーページというのも、良い条件だ。
この、カラーページ増大ならば、ページ数の減少も致し方ないところか?
 
肝心のDVDだが、コンテンツ的に少し物足りない。オリジナルムービー3本に、洋ピンDVDのトレーラーだけというのは、ちょっと悲しい。
洋ピンのトレーラーは、今迄にそれ程無かったので、内容確認としては嬉しいが、どうせなら「DVDハンティング」のコーナーを(たとえ日本で見れないとしても)DVDコンテンツに入れて欲しかった。ま、色々問題があるんだろうが・・・
 
本誌の内容は基本的にリニューアル前に終了したコーナーがなくなっただけで、変わり映えは無し。風俗レポートがあったが、定期的にやっていくのならば良いコーナーではなかろうか?
 
個人的には、読むコーナーが少なくなり残念なリニューアルだ。これからのDVDコンテンツの充実に期待したい。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ