2006/9/24

りこりす体験版 
 
今回の体験版は「テリオス」から発売の「りこりす」です。
 
体験版から判るストーリーは、ヨットで旅に出た主人公「中津海 燈和」(なかつみ とうわ)が、難破して辿り着いた島に住む「結依」(ゆい)、「続璃」(つづり)、「玖来」(くくる)のメイド3姉妹とウハウハ、というもの。
どうやら死後の世界と関係ありそうな・・・?
 
ただ、テリオスというメーカーの色か、エロエロな雰囲気は無い。Hシーンはあるが、作品のストーリーや、雰囲気を大切にした造りが窺える。エロゲーというより、美少女ゲームだ。
 
作中、3姉妹との会話がおもしろく、ストーリーに引き込まれる。声優さんも頑張っている。Hシーンがなければ、一般の美少女ゲームで十分イケるのだろう。
 
3姉妹は、それぞれ特徴が判りやすく、基本ニーズには対応。
そのキャラクターデザインは「横田 守」氏。美少女描かせたら、中々のものですね。ただ、やはりエロさは無いので、実用性から見ると、厳しいかも?
 
ちなみに、体験版では、3女の「玖来」とのエピソードが展開してゆくが、ロリが苦手な私は、結構キツイ展開だった。(おまけで長女の「結依」とのHシーンが体験できたのが救いだが、エロさはイマイチ)
 
テリオスは、エロよりは、美少女を売りにしているが、キャラクターがかなり良いのでお勧め出来るメーカーだ。
 
購買意欲(5点満点) ★★☆☆☆ 横田氏の画が好きならば。個人的には「メイド」という設定がダメちん。体験版でロリしか体験出来ないのもマイナスだ。
0

2006/9/14

「快楽依存症」体験版
 
今回は、「TinkerBell 某組」「快楽依存症」の体験版をレビューです。
 
ゲームはノベル形式。
有能なOL「氷沼 涼子」が、とあるネットの掲示板を見た時から、淫靡な性の虜になっていく様を描いていく。
 
この作品の目玉は、主人公である「氷沼 涼子」の視点で物語が進行する、という事(全てがそうではないらしい)。つまり、女性の視点からエロいお話が語られていくわけだ。
 
この辺りは、実際プレイしてみると判るが、普段と違う視点でかなり卑猥な感じがします。
 
更に、タイトルから相当淫靡な雰囲気が感じられますが、正にその通りで、アブノーマルでインモラルな展開がテンコ盛り。
体験版では、涼子のローターバイブを使ったオナニーから、それらを使用しての露出プレイまで、結構なシーンを体験できます。
 
キャラクターデザインは「G−Kirobyte」氏。美少女系の画だが、作品の雰囲気に合わせたのか、皆、どこか陰のある淫靡な雰囲気が出ています。キャラだけでイケる!
 
しかし・・・作品の雰囲気といい、画の塗りといい、昔、発売禁止になったあるゲームを思い出しましたよ・・・
だから(?)個人的には、結構期待出来る作品だとおもうのだが?
 
ちなみに、体験版には入っていないが、公開されているデモムービーを見ると、各シーンでアニメーションするらしい。これは、益々もってエロさアップ!期待だ!
 
購買意欲(5点満点) ★★★★☆ キャラは「萌え」ではない。大人なインモラルを求める人は、買いだっ!
0

2006/9/9

2006年 10月号  DICK
2006年10月号(No.263) 
 
マニアックな特集の今号。DVDはアナルプレイ特集。楽しみな企画だが、DVDプレイヤーの調子が悪く未見・・・残念!
 
気を取り直して、本誌の感想を・・・
 
カバーガール(?)はキンガ嬢。微妙に褐色、というか浅黒い肌に、プラチナブロンドの美女。中々可愛い。下半身(腰周り)が太めだが、日本人受けする顔立ちだ。DVDでは、ディルドーオナニーを披露してくれているらしい。重ね重ね残念!
実際にプラチナブロンドの女性を見た事が無いのだが、やはりパツキンは憧れですね!
 
女優インタビューは2本共当たりだ。「ナオミ」は、アナル特集を意識してか、その尻が魅力的な女優。ルックスも東欧系(スロヴァキアとイスラエルのハーフ)の整ったもので、人気があるのも肯ける。
もう一人「シャイ・ラブ」は、眼のパッチリした可愛い系の女優。女優だけではなく、監督もこなすそうだが、数々のインタビューを読むと、この「女優」→「監督」というラインは、ある程度業界での成功例として多々あるようだ。
 
今月号にも、ポルノ映画のドキュメンタリーが紹介されている。日本では聞かない話なだけに興味がある。
日本のAVも、パフォーマンスだけならば、海外ポルノと似てきているので、今後このような展開もあるのかもしれない。AVの地位が上がるかどうか?
 
ポーンニュースの中で、車椅子の女優がデビューとあった。障害者差別を訴えての事らしいが、何か履き違えている感じもある。需要があるのだろうか?
 
「世界一周風俗紀行」は、チェコ編。美人ばかりの国というイメージがあるが、実際その通りらしい。イッてみたい!
 
本誌の内容は大分落ち着いてきている。しかし、何度も繰り返すが、グラビアが少ない!一応スキンマグなのだから、グラビアにはもっと力を入れて欲しい!渇望!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ