2006/9/14

「快楽依存症」体験版
 
今回は、「TinkerBell 某組」「快楽依存症」の体験版をレビューです。
 
ゲームはノベル形式。
有能なOL「氷沼 涼子」が、とあるネットの掲示板を見た時から、淫靡な性の虜になっていく様を描いていく。
 
この作品の目玉は、主人公である「氷沼 涼子」の視点で物語が進行する、という事(全てがそうではないらしい)。つまり、女性の視点からエロいお話が語られていくわけだ。
 
この辺りは、実際プレイしてみると判るが、普段と違う視点でかなり卑猥な感じがします。
 
更に、タイトルから相当淫靡な雰囲気が感じられますが、正にその通りで、アブノーマルでインモラルな展開がテンコ盛り。
体験版では、涼子のローターバイブを使ったオナニーから、それらを使用しての露出プレイまで、結構なシーンを体験できます。
 
キャラクターデザインは「G−Kirobyte」氏。美少女系の画だが、作品の雰囲気に合わせたのか、皆、どこか陰のある淫靡な雰囲気が出ています。キャラだけでイケる!
 
しかし・・・作品の雰囲気といい、画の塗りといい、昔、発売禁止になったあるゲームを思い出しましたよ・・・
だから(?)個人的には、結構期待出来る作品だとおもうのだが?
 
ちなみに、体験版には入っていないが、公開されているデモムービーを見ると、各シーンでアニメーションするらしい。これは、益々もってエロさアップ!期待だ!
 
購買意欲(5点満点) ★★★★☆ キャラは「萌え」ではない。大人なインモラルを求める人は、買いだっ!
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ