2006/10/31

女教師 輪姦の教室 体験版  体験版インプレッション
「女教師 輪姦の教室」体験版
 
今回は美少女ゲーム「女教師 輪姦の教室」の体験版をレビュー。
 
ゲームは「FlyingShine犬」が開発したノベルモノ。
山奥の学校において、生徒主導の「大生徒会」なる企画で女教師を陵辱しまくろう・・・というお話。
選択肢は無い様で、純粋にエロい話が進められていくようだ。
 
画面の雰囲気はサウンドノベルで、グラフィックの上にバシバシ文字が被さっていく。
 
アドヴェンチャーとは名ばかりのノベルゲームが多い中、純粋に物語を追うだけの作品は潔い。故に、この画面展開は歓迎される。
 
体験版では、登場キャラ5人の女教師の陵辱シーンが楽しめる。
 
テキストは、陵辱される女性側の視点もあり、結構卑猥な雰囲気が出ている。ただし、いやよいやよと騒いだ割に、挿入後、すぐに感じて淫乱化する展開が気になる。
倫理上の問題や、体験版の為、抜粋してあるので仕方ないかもしれないが、都合良過ぎて興ざめだ。
 
キャラクターデザインは「みんめい」氏。ロリ系も登場するが、総じてクールな大人の女性が上手い!
 
パッケージキャラの「桑島 理恵」が最高に良いです!内容が、ハードな輪姦モノのようで、陵辱系ネタは苦手なのだが、このキャラだけで購入決定!
 
学園が舞台という事だが、雑誌のレビューを読んだり、体験版をプレイする限り、かなり都合の良い設定なので、実際納得させるオチがあるのか、興味深い。
 そうでなくても、キャラだけで買って損ないと思います。
 
購買意欲(5点満点) ★★★★★ キャラが好きなので、それだけで購入です!でも、これが正しい美少女ゲームの購入動機では?
62

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ