2007/3/6

同級生  美少女ゲーム
青春の1ページにこのゲームあり!
 
今回は、美少女ゲームを紹介。その名も「同級生」! 
 
1992年に美少女ゲームの雄「エルフ」が送り出し、後発ゲームに多大なる影響を与えました。
 
内容は、主人公の高校生となり、高校生活最後の夏休みをナンパ生活に費やす、というモノ。
芸が細かいのは、主人公は夏休み前半をバイトに注ぎ込み、後半のナンパ生活の資金を貯めていた事。この為、夏休み後半がゲームの期間となっている。
 
ターゲットは14人。タイトルからイメージされるように、学園の同級生がメインだが、先生やOLといった少し年上のお姉さんまで、守備範囲は広い。
 
ゲームの大きな流れは、主人公の住む「先負町」や隣町の「矢吹町」のマップを移動し、出会う女の娘に声を掛け捲り、デートの約束を取り付ける。そうして新密度を上げながら、最終的にHしちゃおう、というもの。
 
ここで重要なのは、時間の概念。当然、各女の娘にも生活のサイクルがあり、いつ・どこへ行けば目当ての女の娘に会えるか、キチンと把握しておく必要があるわけだ。
 
それ以上に、デートの時間は重要。数人の女の娘に声を掛け捲ると、デート時間がブッキングする事もあり、どの娘を優先させるか迷うハメに陥る。デートをすっぽかされた女の娘とは、Hまで行かない可能性が出てくるので、本当に悩む。
 
実は14人全員とH出来るルートがあるが、ここは一つ、生活感を醸し出し、プレイして頂きたい。
 
そう!このゲームが素晴らしいのは、この「生活感」がある事。ゲーム内で起こる事は、実生活で誰もが実感、もしくは容易に想像出来るもので、それだけ感情移入しやすい。
 
これは、それまでの「美少女ゲーム」には無かった物で、昔から「遊べる美少女ゲーム」を創ってきた「エルフ」の一つの完成形となったと思う。
 
ゲーム自体はフラグを立てる事でイベントが発生して行く「アドヴェンチャーゲーム」だが、複雑に組み込まれたフラグと、マップを移動するというアクティブ性が、いわゆる普通の物語を追うだけのアドヴェンチャーゲームとは、一線を隔した作品に仕上げている。
 
そして、忘れてはいけない、登場する「女の娘」達。
 
キャラクターデザインは、当時ブイブイいわせていた「竹井 正樹」氏。氏の描くカワイイ女の娘は、正に美少女ゲームの為のキャラと言え、作品に生き生きとしたイメージを植え付けた。(ちなみに、私の好きなキャラは「佐久間 ちはる」「芹沢 よしこ」だ!)
このキャラのおかげで、エロゲーよりソフトな美少女ゲームとなり、その後、家庭用へも展開していく事になる。
 
この、家庭用とのボーダレス化は、個人的に感心する事だ。エロ出身でも「遊べる」ゲームを創れば「売れる」という事の、一つの回答であったのでは?と思う。
 
今回この作品が、ダウンロード販売されると知り、早速購入し、当時を懐かしみながらプレイしている。未プレイの方は、是非プレイをお勧めする!
0

2007/3/5

西野 翔  AV女優
「西野 翔」
 
さて、今回は、現在私のお気に入りの「AV女優」を紹介したい。彼女の名は「西野 翔」アイドル顔で、スレンダー系の身体付き。それでいて「スケベ」である。
 
一目見て「かわいいな」と思い、作品を観てみると、予想以上にスケベだったので、一気にお気に入りになりました。
 
どの辺がお気に入りか?
 
それは、顔射からのお掃除フェラ、これに尽きます。シーンのフィニッシュは殆どこれです!
 
このパフォーマンス自体それ程珍しい物ではないだろうが、カワイイ顔してこんな事してくれるんだ!と感動。そして、その時の表情がエロい!出された瞬間に咥える動作に入ります。ココまでやるのが「当たり前」のような流れ。ココに感動です。
 
最近のAVは、デジタルモザイクが主流で、昔なら、何やってるか判らなかったであろう体位越しの表情が見えたりして、結構興奮です。
 
そうしたイキ顔も良い感じ。声も可愛らしい声で、ある種興奮を掻き立てる。
 
さて、先ほど「こんなカワイイ顔してこんな事してくれるんだ!」と述べた。実際してもらったわけでは、当然ない。しかも、彼女が実生活でもそこまでヤっているとも、思わない。(やっていても良いけど・・・)してもらっているのは、男優なのだ。
 
でも、疑似体験でヌケるわけだ。
 
AVは、見せる為のアングルであったり、体位であったりする。実際(普通なら)こんな事しないよ(多分)
 
錯覚しながらヌく。これ重要な事ではなかろうか?
 
取り敢えず、この娘で存分にヌきまくってみては?
0

2007/2/26

2007年3月号  DICK
2007年3月号(No.268)
 
誌面刷新との事だったが、レイアウト的にはそれ程変わった印象が無い今号。
 
付録DVDは、今回も復刻ポルノムービー丸々収録。しばらくこの路線でイクのだろうか?
 
本誌記事として、新連載が幾つか始まった。
「80〜90年代 アイドル女優裸の履歴書」は、TVの洋画劇場で観た女優のエロスシーンを紹介したモノ。「ダイアン・レイン」や「マチルダ・メイ」と、懐かしさ爆発!
洋モノと洋画劇場には、根底で繋がる部分がある。それを改めて確認させられる内容。
 
同様の内容として「女囚映画伝説」も読み応えあり。「女囚」なんと淫靡な響きか!それが発展して「エンジェル系」作品が生まれた!と主張したい。
 
嘘か真か「ハリウッドでチャイルドポルノが撮影されていた」との記事。ありえない話ではないし、証言が生々しい。ロリータと芸術の線引き・・・普通に考えれば判りそうなものだが・・・
こうした硬派な記事も織り交ぜている所には、好感が持てる。
 
「ジャポルノ捜査局」は、海外へ輸出されている日本製AVのお話。「ぶっかけ」やら「中出し」が世界共通語に・・・?なんていう、現実味のあるお話。日本発の話題という事で、今後の展開が気になる。
正直、日本のAVとポルノは違うモノ、と認識していたが、こうした記事を読むと、ハイブリッド化が進んでいるのかな?とも思ったりします。
 
「ポルノ・ハンティング」で紹介されていた「SEX CITY 3」なる作品。「シン・シティー」のパロディーだが、本家独特の映像をパロッているので金が掛かっている。こういうパロディーは好感が持てる。観てみたい作品だ。
 
新連載の今後は楽しみである。女優インタビューに続く、読める記事に期待!
0

2007/1/12

2007年2月号  DICK
2007年2月号(No.267)
 
年が明けたばかりだが、既に2月号。毎度毎度不思議な感じだ。
 
本誌の内容は2006年を振り返るもの。2006年のポルノ界の出来事や、誌上で紹介したDVD、ビデオのリスト付きだ。
 
グラビアが少なくなっているので「スキンマガジン・フォー・ユー」のコーナーは貴重だ。今回も結構カワイイ娘が連なっています。向こうでは、これがノーカットで見れるのだから、羨ましい限り。一度、書店での売られ方を見てみたい。
しかし、どの雑誌も付録にDVDが付いている様子。DICKもこれに習ったのだろうが、内容的にはどうなのだろうか?
 
その付録DVDは、今回気合が入っています。ナント!一つのポルノ作品を丸々収録。「COUCH TRAP」(1993年)という作品。出演女優の大半は知らないが、この試みは頂ける。
しかも、今回は第1弾と銘打っているので、今後シリーズ化される見通し。字幕が無いけど、観る所は決まっているし、問題ないでしょう。
 
この「ポルノ」を見せる、という試みは素晴らしい。たとえ観る所は同じでも、作品として(しかも丸ごと)観れる事は、ポルノ映画という文化に触れるいい機会だ。是非とも続けて欲しい企画だ。
 
次号は「紙面刷新」とある。DICKは幾度と無く紙面刷新を繰り返してきているが、今回はどうなるか?楽しみだ。
0

2006/12/15

2007年1月号  DICK
2007年1月号(No.266)
 
早くも2007年1月号。今月の終わりには2月号が出ます。毎度の事だが不思議な感じ。1日発売の妙ですね。
 
巻頭グラビアは「ツーゼ」嬢。ジャーマン美女だ。ナチュラルボディーが眩しい美人さん。
 
今号の女優インタビューは、2人とも美人さんで満足感あり。特に「ティファニー・テイラー」は、自分好みの良い女優さんだ。が、インタビュー記事を読む限り、性格的には好きになれない感じだ。
まぁ、同じ様な事しか言わない女優のインタビューよりは、楽しく読めたが・・・
 
DVDとの連動記事で「懐かしのユーロピンク」という記事が面白かった。文学的映像とエロの中間という、黎明期の映像について解説されている。この手の作品の進化した形が、私が呼ぶ所の「エンジェル系」作品なのではなかろうか?
最近エンジェル系作品が揃ってDVD化され、観まくっているので余計にそう痛感する。
 
付録DVDでは、それらの作品のダイジェストが観れるのだが、字幕部分に発売会社の案内テロップが被さり、観難い事この上ない。初期の付録DVDに収録されていた洋ピンモノのダイジェストから全く改良されていない。これはいただけない。字幕を消すか、テロップを違う位置に表示させて欲しいものだ。
 
その付録DVD。巻頭グラビアと連動の「ツーゼ」嬢のオナニー映像と、エキゾチック巨乳美女「コリー」嬢の5P映像がお勧め!
巻頭娘のオナニー映像と、乱交モノは、必ず収録されているようだが、特に乱交モノは、毎回よくやるな、という感じで観てます。
男も、女も大変だよ。でも、女の娘が(演技でも)実に楽しそうにプレイしているので、不快感はありません。世の中には「淫乱」な娘って居るもんなんだなぁ。
 
DVDコンテンツは、大分落ち着いてきた印象がある。巻頭グラビアとの連動映像は、やはりカワイイ娘ならば観る気が起きる。これからも現在の水準を維持して欲しいものだ。
 
次号の付録には、往年ポルノスター映像が!楽しみである。
0

2006/11/20

2006年 12月号  DICK
2006年12月号(No.265) 
 
旧DICK四天王の一人「ジョアンヌ・ゲスト」のキュートな下着(水着?)が表紙の今号。
 
メイン記事は、先月に続き「ポルノ・チューブ」ポルノ動画共有サイトの歩き方講座だ。まぁ、自己責任でどうぞ、と言うしかない。
 
巻頭グラビアの「リンダ」嬢は、お姉さん系で好みだ。DVDにオナニー映像も収録されており、これがまた味のある映像である。
 
その他DVDコンテンツは「フェラチオ」特集。といっても、最後までフェラではなく、挿入から顔射までこなしています。
中でも、「ローラ・ライオン」(凄い名前だ)の6Pは見モノだ。前後同時で、更に後ろは2穴同時の過激さ。それを気持ち良さそうにプレイしているのでスケベさ倍増。
「マレーラ」嬢のねっとりフェラは、一度味わってみたいものだ。
 
本誌記事からは「テラ・パトリック」アナル解禁! えっ?今までやってなかったの?ともかく、これでまた過激なパフォーマンスが増えるわけか。嬉しい知らせだ。
 
「ポルノドキュメンタリーの世界」の後編。文化として見るポルノは、中々興味深い。日本の美少女ゲームにも触れている所も面白い。確かに、美少女ゲームも日本が誇る文化の一つだ!
 
女優インタビュー。「ポーリーナ・ジェームズ」は、カワイイ系の女優さんで、一度作品を観てみたい。毎回そうなのだが、インタビューは、女優の性癖が垣間見れて楽しい読み物だ。
 
スキンマガジン・フォー・ユーで紹介されていた「ジェイミー・ハマー」が素晴らしい!確かに彼女の乳は絶品!重量感があり、下から持ち上げて寄せてみたい!プロポーションも抜群だ!
 
「ポルノドキュメンタリーの世界」のような、エロくない読み物が、毎回あればアクセントがあり面白い紙面になるだろう。
 
次号は早くも2007年1月号。巨乳特集という事で、期待は高まる!
0

2006/10/31

女教師 輪姦の教室 体験版  体験版インプレッション
「女教師 輪姦の教室」体験版
 
今回は美少女ゲーム「女教師 輪姦の教室」の体験版をレビュー。
 
ゲームは「FlyingShine犬」が開発したノベルモノ。
山奥の学校において、生徒主導の「大生徒会」なる企画で女教師を陵辱しまくろう・・・というお話。
選択肢は無い様で、純粋にエロい話が進められていくようだ。
 
画面の雰囲気はサウンドノベルで、グラフィックの上にバシバシ文字が被さっていく。
 
アドヴェンチャーとは名ばかりのノベルゲームが多い中、純粋に物語を追うだけの作品は潔い。故に、この画面展開は歓迎される。
 
体験版では、登場キャラ5人の女教師の陵辱シーンが楽しめる。
 
テキストは、陵辱される女性側の視点もあり、結構卑猥な雰囲気が出ている。ただし、いやよいやよと騒いだ割に、挿入後、すぐに感じて淫乱化する展開が気になる。
倫理上の問題や、体験版の為、抜粋してあるので仕方ないかもしれないが、都合良過ぎて興ざめだ。
 
キャラクターデザインは「みんめい」氏。ロリ系も登場するが、総じてクールな大人の女性が上手い!
 
パッケージキャラの「桑島 理恵」が最高に良いです!内容が、ハードな輪姦モノのようで、陵辱系ネタは苦手なのだが、このキャラだけで購入決定!
 
学園が舞台という事だが、雑誌のレビューを読んだり、体験版をプレイする限り、かなり都合の良い設定なので、実際納得させるオチがあるのか、興味深い。
 そうでなくても、キャラだけで買って損ないと思います。
 
購買意欲(5点満点) ★★★★★ キャラが好きなので、それだけで購入です!でも、これが正しい美少女ゲームの購入動機では?
62

2006/10/26

Sexyビーチ3 本体  美少女ゲーム
取り敢えず買っとけ! 
 
今回は、久し振りに美少女ゲーム「本体」のレビュー。タイトルは「Sexyビーチ3」です!
 
ご存知、私「竜騎士」の一押しソフトメーカー「イリュージョン」の最新作ですね。以前体験版インプレッションも紹介しましたが、やはり、というか、当然購入したわけです。
 
ゲーム内容は前作「Sexyビーチ2」を踏襲したモノ。即ち、南国セクシーアイランドにて、女の子ときゃぴラブ!・・・これでは判り辛いですか?えー、南の島「セクシーアイランド」で、女の娘とデートを楽しみながら、オイルを塗ってあげて仲良くなり、H三昧の日々を過す、というものです。
 
デートシーンは前作のデータを生かしてある、というか流用?も目立ちますが、オイル塗りシーンはかなりの出来です。女の娘のモーションがかなり良い具合で、ソソられます。
そのデートシーンは、基本的に女の娘を鑑賞。新密度が上がるにつれて、いたずら出来ちゃいます。このいたずらが、マウス操作と上手く連動していてこの上ない快感。擬似愛撫を存分に楽しめます。
この操作体系は、イリュージョンの財産で、作品ごとに進化している。一度プレイすれば病み付きです。
 
オイルを塗る事で、女の娘が日焼けしていく事も特徴。水着によって日焼け跡を楽しむ事が出来ます。この日焼け跡って、何でソソられるんでしょうね?
 
登場する女の娘は5人。セクシーお姉さんからロリータまで、ニーズには対応している。しかし!個人的に、イリュージョンの3Dキャラは、ロリは似合わない!Hシーンも3Dでリアルな為、ロリはかなり退いてしまうんですよねぇ・・・
 
そのHシーンは、さすがイリュージョン。同じような操作で、作品ごとに違ったHシーンを用意してくれるのがうれしい。
 
基本の楽しみ方の他に、女の娘の水着や、アクセサリーを集める要素がある。これは、普通にプレイするだけで自然に集まるのだが、コンプリートを目指すには、全キャラクタークリアーが必要だ。
この水着、アクセサリーは結構な数があり、着せ替えがかなり楽しい!前述の日焼けと共にコーディネートするのが楽し過ぎる!
 
贅沢を言えば、某南国リゾートゲームのように、女の娘に専用水着が欲しかった。あるにはあるのだが、殆どが共通水着だ。
 
その他残念な所は、やる事が殆ど同じ作業になるので、飽きるのが早い。まぁ、早解きで何かあるわけではないので、暇な時に女の娘と遊ぶ、という感覚で十分ではなかろうか?
 
そして、イリュージョン作品で忘れていけないのが、激写モード!作品中のあらゆるシーンで女の娘を激写!自分だけのベストショットをHDに保存できます!楽しいですよ!
 
そして!当然の如く、Sexyビーチ3 キャラクター追加ディスク
が発売されます!2キャラ追加と、水着、アイテム、Hモーション等が新たに追加されるとの事。これも買うしかない!
0

2006/10/12

2006年11月号  DICK
2006年11月号(No264)
 
カバーガールは「ステイシー・シルバー」これだけ見れば、中々カワイイ。しかし、いつの頃のスチールかは不明。
 
付録DVDは前回に続き「アナルファック」特集。内容はアナル映像が3本、グラビア美女「ヘレナ」のオナニー映像が1本。
 
アナル映像では「マチルダ」嬢の7Pファックが圧巻。マ○コに常に1本入れ、次々にアナル、口と、挿入されていく。最後は顔射で〆!興奮モノだ!
 
毎回グラビア娘のオナニー映像があるが、需要があるからだろう。悪い企画ではないが、本番映像も見てみたい。ただ、グラビアで売っている娘は、やっても「ガールガール」までという事が多い気がするので、過激映像は期待できない。(やってくれるに越した事は無いが)
 
本誌では、「ナオミ」のグラビアが嬉しい感じ。デカイ尻が堪りませんな。彼女はこれからも取り上げて欲しい女優さんだ。
 
ポルノを真面目に取り上げる「ドキュメンタリー」の紹介が続いている。こうした作品が造られる事は、業界にとって良い事だろう。エロスの歴史というものに、少しは興味が湧いてきた。
 
久しぶりのネット情報「Porno Tube」の衝撃!!「エロ専用ファイル共有サイト」との事。今回はさわりの紹介で、次号本格的な特集が組まれる、らしい。取り敢えず、それを観て楽しめるか判断したい。
 
DVDからトレーラーが無くなった。それでコンテンツは4つ。一つ平均20分だが、作品のクオリティーはそこそこなので、1本当たりの時間を短くして本数を増やした方が良い気がする。
 
DVDも含め、大分落ち着いてきた感じ。ポルノ雑誌なので過激な内容が多いが、ソフトなグラビアも見たいものだ。
 
次号は「フェラチオ」と「Porno Tube」特集!これは期待出来る!
0

2006/10/7

「ぶり〜ど!」体験版 
 
今回の体験版は「Gash」開発の「ぶり〜ど!」です。
 
ゲームは選択肢のあるノベルもの。だが、体験版をプレイする限り、選択によりストーリーが分岐する気配が無い。
 
そのストーリーは、人身売買組織に拉致された主人公が、海上で脱出。流れ着いたのは女だけの島。そこで、神の使いと祭り上げられ、島の女の娘達に子種を与えるように命じられる・・・という何ともご都合的ウハウハなもの。
 
いわゆる「ハーレム」状態で物語が進んでいくらしく、体験版でもヒロイン6人全員とのエッチシーンが楽しめて、かなりお得だ。ただ、途中でセーブ出来ないのがツライ・・・これだけ長いと、途中セーブして一休みしたくなります。
 
キャラクターデザインは「むとう けいじ」氏。完全なアニメ塗りで、これは好みが分かれそう。
 
基本的にこういったモロ「アニメ」というキャラは苦手なのだが、氏のキャラはどこか気になるのです。ただ、立ち画と、エッチシーンの画で差が激しい気がします。立ち画でカワイイと感じても、エッチシーンでゲンナリみたいなシーンもあります。
 
女の子は「ツンデレ」を筆頭に「お姉さん」「巨乳」「ロリ」と品揃え豊富。だが、やはり個人的に「ロリ」(姉妹)はプレイしていて辛かった・・・
 
全体的に、Hシーンでは淫語が飛び交うヌキゲー。これも個人的にはゲンナリだ。実際こんなに喋られたら、萎えますって(私だけか?)
 
まぁ、前述の通り、体験版にしては中々ヌキ所が多いので、画が気になるようならば、体験してみると良いだろう。
 
購買意欲(5点満点) ★★☆☆☆ 画は良いのだが、キャラクターの品揃え的に無理な部分が気になる。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ