2011/4/17

いよいよ!?  美少女ゲーム
どれだけ待たされたか! 
 
Empressより発売アナウンスがされ2年は待ってたが、この度HPにて新作「STARLESS」の新しい発売予定日が再アナウンスされました。

今度こそホントだろうな・・・

また体験版でお茶を濁されては適わん・・・

取り敢えず、応援バナーを設置してこのソフトを宣伝します。「聖少女」さんの画が好きな方は当然だが、初めての方もこの画をみて是非、ハマって頂きたい!

後は予定通り発売される事を祈るのみ・・・

予定は未定・・・?
0

2008/6/18

レッツ!ダウンロード!  美少女ゲーム
遂に、私「竜騎士」イチオシの「CLEAVAGE」がダウンロード販売開始です!

まだ、未体験の方、この機会に是非!プレイするべし!
11

2007/6/3

ドツボ  美少女ゲーム
サイドバーのBBSにも記したが、現在美少女ゲーム「戦国ランス」にハマっている。HPや、ブログの更新に支障がある位である。

これ程ハマった美少女ゲームは「同級生」以来だろうか?寝る間も惜しんで、ハマりまくりたい!

完全クリアはまだ遠い・・・当分ヤリ込むゼ!
0

2007/3/6

同級生  美少女ゲーム
青春の1ページにこのゲームあり!
 
今回は、美少女ゲームを紹介。その名も「同級生」! 
 
1992年に美少女ゲームの雄「エルフ」が送り出し、後発ゲームに多大なる影響を与えました。
 
内容は、主人公の高校生となり、高校生活最後の夏休みをナンパ生活に費やす、というモノ。
芸が細かいのは、主人公は夏休み前半をバイトに注ぎ込み、後半のナンパ生活の資金を貯めていた事。この為、夏休み後半がゲームの期間となっている。
 
ターゲットは14人。タイトルからイメージされるように、学園の同級生がメインだが、先生やOLといった少し年上のお姉さんまで、守備範囲は広い。
 
ゲームの大きな流れは、主人公の住む「先負町」や隣町の「矢吹町」のマップを移動し、出会う女の娘に声を掛け捲り、デートの約束を取り付ける。そうして新密度を上げながら、最終的にHしちゃおう、というもの。
 
ここで重要なのは、時間の概念。当然、各女の娘にも生活のサイクルがあり、いつ・どこへ行けば目当ての女の娘に会えるか、キチンと把握しておく必要があるわけだ。
 
それ以上に、デートの時間は重要。数人の女の娘に声を掛け捲ると、デート時間がブッキングする事もあり、どの娘を優先させるか迷うハメに陥る。デートをすっぽかされた女の娘とは、Hまで行かない可能性が出てくるので、本当に悩む。
 
実は14人全員とH出来るルートがあるが、ここは一つ、生活感を醸し出し、プレイして頂きたい。
 
そう!このゲームが素晴らしいのは、この「生活感」がある事。ゲーム内で起こる事は、実生活で誰もが実感、もしくは容易に想像出来るもので、それだけ感情移入しやすい。
 
これは、それまでの「美少女ゲーム」には無かった物で、昔から「遊べる美少女ゲーム」を創ってきた「エルフ」の一つの完成形となったと思う。
 
ゲーム自体はフラグを立てる事でイベントが発生して行く「アドヴェンチャーゲーム」だが、複雑に組み込まれたフラグと、マップを移動するというアクティブ性が、いわゆる普通の物語を追うだけのアドヴェンチャーゲームとは、一線を隔した作品に仕上げている。
 
そして、忘れてはいけない、登場する「女の娘」達。
 
キャラクターデザインは、当時ブイブイいわせていた「竹井 正樹」氏。氏の描くカワイイ女の娘は、正に美少女ゲームの為のキャラと言え、作品に生き生きとしたイメージを植え付けた。(ちなみに、私の好きなキャラは「佐久間 ちはる」「芹沢 よしこ」だ!)
このキャラのおかげで、エロゲーよりソフトな美少女ゲームとなり、その後、家庭用へも展開していく事になる。
 
この、家庭用とのボーダレス化は、個人的に感心する事だ。エロ出身でも「遊べる」ゲームを創れば「売れる」という事の、一つの回答であったのでは?と思う。
 
今回この作品が、ダウンロード販売されると知り、早速購入し、当時を懐かしみながらプレイしている。未プレイの方は、是非プレイをお勧めする!
0

2006/10/26

Sexyビーチ3 本体  美少女ゲーム
取り敢えず買っとけ! 
 
今回は、久し振りに美少女ゲーム「本体」のレビュー。タイトルは「Sexyビーチ3」です!
 
ご存知、私「竜騎士」の一押しソフトメーカー「イリュージョン」の最新作ですね。以前体験版インプレッションも紹介しましたが、やはり、というか、当然購入したわけです。
 
ゲーム内容は前作「Sexyビーチ2」を踏襲したモノ。即ち、南国セクシーアイランドにて、女の子ときゃぴラブ!・・・これでは判り辛いですか?えー、南の島「セクシーアイランド」で、女の娘とデートを楽しみながら、オイルを塗ってあげて仲良くなり、H三昧の日々を過す、というものです。
 
デートシーンは前作のデータを生かしてある、というか流用?も目立ちますが、オイル塗りシーンはかなりの出来です。女の娘のモーションがかなり良い具合で、ソソられます。
そのデートシーンは、基本的に女の娘を鑑賞。新密度が上がるにつれて、いたずら出来ちゃいます。このいたずらが、マウス操作と上手く連動していてこの上ない快感。擬似愛撫を存分に楽しめます。
この操作体系は、イリュージョンの財産で、作品ごとに進化している。一度プレイすれば病み付きです。
 
オイルを塗る事で、女の娘が日焼けしていく事も特徴。水着によって日焼け跡を楽しむ事が出来ます。この日焼け跡って、何でソソられるんでしょうね?
 
登場する女の娘は5人。セクシーお姉さんからロリータまで、ニーズには対応している。しかし!個人的に、イリュージョンの3Dキャラは、ロリは似合わない!Hシーンも3Dでリアルな為、ロリはかなり退いてしまうんですよねぇ・・・
 
そのHシーンは、さすがイリュージョン。同じような操作で、作品ごとに違ったHシーンを用意してくれるのがうれしい。
 
基本の楽しみ方の他に、女の娘の水着や、アクセサリーを集める要素がある。これは、普通にプレイするだけで自然に集まるのだが、コンプリートを目指すには、全キャラクタークリアーが必要だ。
この水着、アクセサリーは結構な数があり、着せ替えがかなり楽しい!前述の日焼けと共にコーディネートするのが楽し過ぎる!
 
贅沢を言えば、某南国リゾートゲームのように、女の娘に専用水着が欲しかった。あるにはあるのだが、殆どが共通水着だ。
 
その他残念な所は、やる事が殆ど同じ作業になるので、飽きるのが早い。まぁ、早解きで何かあるわけではないので、暇な時に女の娘と遊ぶ、という感覚で十分ではなかろうか?
 
そして、イリュージョン作品で忘れていけないのが、激写モード!作品中のあらゆるシーンで女の娘を激写!自分だけのベストショットをHDに保存できます!楽しいですよ!
 
そして!当然の如く、Sexyビーチ3 キャラクター追加ディスク
が発売されます!2キャラ追加と、水着、アイテム、Hモーション等が新たに追加されるとの事。これも買うしかない!
0

2006/8/31

女医○っくす  美少女ゲーム
「女医○っくす」
 
今回は、美少女ゲームを紹介。「ブルゲ ON DEMAND」より発売の「女医○っくす」です。
 
ゲームは、オーソドックスな選択肢のあるノベルもの。
 
ストーリーは、脚を骨折して入院中の主人公(名前変更可)が、院内でかつての憧れの女性である「由華梨」(担当女医)や、「沙霧」(看護婦)、高校時代の先輩「鈴」(看護婦)の3人の女性と、ウハウハな展開になる・・・というもの。
 
画面には、自分の「男らしさ」と、沙霧・鈴の「好感度」を示すパラメーターがあり、各パラメーターの上がり具合で、観られるエッチCGに変化が現れる仕組み。
 
このパラメーターは、途中に出てくる選択肢により変化するのだが、この組み合わせは中々歯応えがある。全てのシーン、CGを見る事は、結構難しいだろう。
 
それをサポートする機能としての、スキップ機能は嬉しい。高速スキップと、次の選択肢までのスキップが選べて、物語の展開を追いながらのスキップと、CGをコンプリートする目的のスキップが可能だ。
 
キャラクターデザインは「辰波 要徳」氏。氏の描く巨乳は、おっぱい星人必見の量感ですよっ!
ただ、CGの塗りがアニメ塗りなので、個人的には馴染めなかった(嫌いではないのだが・・・)
 
さて、3人のヒロインとウハウハ、と紹介したが、ハーレム展開は無し。各パラメーターの上昇により、それぞれのエンディングへ流れるようだ。この、ヒロインが3人というのは少ない感じがするが、ゲームの基本はストーリーを追う事にある。Hゲームというより、純愛路線の色が濃く、あくまで爽やかな展開を目指している。
本命は「由華梨」であり、彼女とのハッピーエンドを目指す事になるが、先の述べた選択肢の妙で難しいです。
 
ちなみに、個人的に好みのキャラは沙霧。大人だし、スケベで巨乳。これはハマる!なので、沙霧とのエンディングが無いのは、ちょっと悲しい・・・
 
Hシーンは、最近のゲームに比べるとかなり淡白。ネチネチとした描写がなく、あっさり終わるが、反って物語を楽しむには良いのかもしれない。

しかし、このタイトルどう読むんでしょうか?
0

2006/4/27

レクイエムハーツ 監禁  美少女ゲーム
「レクイエムハーツ 監禁」
 
今回は、美少女ゲームを紹介。
またしても、私「竜騎士」が贔屓にする美少女ソフトメーカー「イリュージョン」の作品です。
 
様々なジャンルのHゲームを世に送り出し続けるイリュージョンであるが、この「レクイエムハーツ 監禁」は「3Dガンシューティング」パッと見は「バーチャコップ」っぽい。
 
ゲームは大まかに分けて4つの要素で構成されており、アクションが2部門、Hシーンが2部門という構成。
 
アクションは某「バイオ」系画面でキャラクターを移動させ、マップ内の謎解きや、仕掛けを解くアドベンチャーモードと、メインである3Dガンシューティングモード。
 
アドベンチャーモードは、移動できる場所を探すのに少し慣れが必要だが、それ以外凝った謎があるわけではない。ただ、所々即死イベントがある為、マメなセーブは必要だ。
メインのガンシューティングは、FPS視点となり、画面内のサイトを敵のマーカーに合わせて撃つというもの。敵の出現方法が中々良く出来ているし、イージーモードもあるが、かなり歯応えがある内容です。
 
期待のHシーンは、ハイエンドCG+テキストのオーソドックススタイルにプリレンダリングCG(?)のムービーという構成が一つ。このムービーは見応え有り!エロいっす!
もう一つはイリュージョンお得意の3DポリゴンキャラによるリアルタイムH。ただし、こちらは初期の作品という事もあり、荒削りな印象。正直無くても良いかな?と思いました。
 
物語は全体的にバイオレンス色が強く、個人的にはそれ程好きな世界観ではない。テキストも主人公(主役級は2人居るが、どちらが主役か判断が付け難い)の性格が掴み難いもので、もう少しといった所。敵に捕まり抵抗するが、陵辱されるとアッサリ快楽に耽りだす・・・その割には必ず逃げる!と思っていたり・・・よく判りません。
 
ストーリー全体としても話が良く練られていない印象があるが、ゲーム自体の面白さは、数あるイリュージョン作品に中でも上位に位置する。それ程ガンシューティング部分はよく造られている。
場面にもよるが、ガンシューティング画面では画面がゆっくりと動き、アドベンチャー部分で次に移動するべき場所を表示してくれる。こんな細かい配慮も嬉しい。まぁ、慣れないうちは敵を打つ事で精一杯なのだが・・・
 
この、ゲーム部分が面白いというのは「イリュージョン」の良い所だ。Hゲームだが、このゲームは何度もプレイ出来る面白さを持っていると思う。未体験の方は是非ともプレイして欲しい。アクションが苦手でも、難度を下げれば何とかクリア出来るはずだ。
0

2006/2/9

CLEAVAGE  美少女ゲーム
「CLEAVAGE」
 
さて、今回紹介するのは「CLEAVAGE」(クレイヴィジ)という美少女ゲームです。「Empress」という会社が開発したアドベンチャー、と言うか、選択肢のあるノベルモノです。
このブログのタイトルにあるように、このゲームのコンセプトは「巨乳」です。
 
作中は、主人公「藤堂 優斗」(とうどう ゆうと)となり、二人のヒロインとの関係に沿ってそれぞれの物語が語られていきます。
それぞれの内容については、特に工夫も無く、いささか説明不足の感がありますが、Hゲームは目的が目的だけに、こんなモノで良いのかも知れません。選択肢があると述べましたが、特に多いわけではなく、ほぼ一本道です。
 
それでも、ヒロイン二人は王道と言えば王道ですが、「義姉」(藤堂 瑛里華 とうどう えりか)と「教師」(市ノ瀬 沙夜香 いちのせ さやか)という布陣。さらにゲームのコンセプトとして二人とも「巨乳」です!
作中も「おっぱい」にこだわってます。パイズリ描写が多い気がしますが、こういった描写は、今のHゲームには標準装備でしょう。そう思うと、やはりテキストにはもう一ガンバリして貰いたい。そんな気がします。
 
しかし、こういったHゲームをプレイする度に思うのですが、男は何故あんなに絶倫なんでしょうか?この主人公も、何発出すんだよ!ってくらい飛ばしまくってます(特に市ノ瀬先生編)ありえないだろ?これには、空想世界の話とはいえゲンナリ・・・物事には限度があるんじゃないかと思いますよ。
あと、女の娘のH時のセリフ。「嬉しい・・・こんなに出してくれたぁ」とか「早くミルクぶちまけてぇ」とか実際言われた事無いし、言われたらかなり恥ずかしいかと思われる(私だけか?)
 
そして、肝心のグラフィック。これは良いです!何と言っても原画を担当している「聖少女」 氏のキャラは魅力的!これだけで「買い!」です(っていうか買った)ヒロイン二人の巨乳っぷりも、バランス良く描かれているのでそれ程違和感は無い。
惜しまれるのは、全体的に画が少なめな事。市ノ瀬先生編は、Hシーンが多いにもかかわらず、CGを使い回していてせっかくのHシーンも興醒め。実に残念。この辺は次回作(あれば)への宿題でしょうか?
CGの塗りも、全体的に淡い感じで私好みです。とにかく、「聖少女」氏の画が好きならば、迷わず買いでしょう!
0

2006/1/5

超美麗美少女対戦格闘ゲーム  美少女ゲーム
3D美少女武器格闘ゲーム「バトルレイパー2 −THE GAME−」
 
今回紹介するのは、私が贔屓にしている美少女ソフトメーカー「イリュージョン」製作の「バトルレイパー2」です。
 
私がイリュージョンを好きな理由は、そのグラフィックの素晴らしさにある。昨今のCG技術は本当に素晴らしく、特にこのイリュージョンの描くハイエンドCGは、ため息モノである。描かれる美少女がことごとく私の好みにフィットするから尚更である。
 
さて、この「バトルレイパー2」は、3D武器対戦格闘ゲーム。いわゆる「ソウルキャリバー」のようなモノです。その手のゲームを嗜んだ事のある人はすんなりプレイ出来るはず。
 
詳しいゲームの仕様は、本家のHP「竜騎士円卓会議場」に譲り、ここでは、Hシーン等について述べていきたい(尚、本家HPでは、併せて各キャラクターの簡単な攻略も公開しているので、一読願えれば幸いです)
 
イリュージョンは、3D美少女ゲームの雄である。このゲームに限らず殆どのゲームが3D表現されているし、当然Hシーンも3Dポリゴンキャラをグリグリ弄りまくれる。
この弄り感は、一度やってしまうと病み付きの面白さ!3D表現の特徴を活かし、どんな角度からでも女の娘を鑑賞出来ます。
 
作品毎に、女の娘の表現能力を高める為のグラフィックソフトを開発しているらしく、新作が出る度に新しい驚きがあるのもいい所です。この姿勢は見習いたいものです。
 
もう一つの目玉は「撮影モード」
これは、Hシーンを激写(おおよその作品で”C”キーで激写)して画像を保存できるというもの。前述の通り、様々な角度から女の娘を鑑賞できるので、自分好みのアングルを探しながらHシーンをプレイできる!単純だが、実に面白い機能だと思う。
 
とにかく、1つの作品をプレイしてもらえれば、イリュージョン節がすぐに理解でき、その技術の虜になってしまうことは間違いなし!
ただ、3D表現の女の娘はどうしてもリアル志向になりがち。そんな表現が好みで無い場合は、キツイかもしれない。
 
しかし!この超絶美麗グラフィックを見ずに死ねませんよ!
 
余談だが、「2」と言うからには1があるわけだが、こちらは素手での格闘ゲームとなっている。興味があれば、一遊びしてみては如何だろうか?美少女ゲームにしてはかなりガンバッているゲームだと思いますよ。
0

2005/12/12

姉妹教師丼は美味しい!  美少女ゲーム
「姉妹教師丼」
 
色々あったが、やっとプレイを終了したので、今回はこの美少女ゲームのレビューといきたい。
 
さて、このゲーム「mini」というメーカーの作品。タイトル通り高校の姉妹教師を食べてしまおう、という内容の(一応)選択肢があるノベルもの。
 
しかし、この作品の導入部にいきなり違和感を感じる。
 
主人公の通う高校には奇妙な慣わしがある。姉弟制度と呼ばれるその制度は、新米女性教師が特定の男子生徒を弟として選び、指導するというもの。何か色々言い訳じみた説明があったけど、Hゲームだからってちと強引な設定ではないかい?
 
ヒロインは2人。「神月 みさき」(姉)、「ゆかり」(妹)の姉妹。みさきは、エロスたっぷりの大人の女。ゆかりは逆に何も知らない初心な女、と役割分担がなされている。
どちらの娘を選ぶかが大まかな分岐となるが、例によって絶倫主人公は、2人とヤっちゃいます。
 
ただ、真にタイトル通りの姉妹丼を堪能できるのは、それぞれ2人のストーリーをクリアした後に現れる後日譚で。2人同時にお相手してくれます。
残念なのは、この2人とのストーリー(ネットで入手するおまけストーリーも含め)が短すぎる!本編は、それはそれでスケベで良いのだが、もう少しボリュームがあっても良かったのでは?
 
気になる画ですが、原画担当の「李KPA」氏の描く女の娘は艶があって良いです!当然この画に惚れて購入しました!CGの塗りも淡い感じで好み!ただ、Hシーンで2人ともいつも同じ服(下着)を着ている所がイマイチでしょうか?(贅沢か?)
 
この作品で気になるのは主人公の豹変振り。童貞だったのに、一度ヤッたら数日でアナルファックまでこなしてしまいます。これどうなの?
 
そして、この作品だけではないが、Hの際ちゃんと「避妊」するべきじゃないの?ほとんどのシーンが中出しだ。ビジュアル的に求められてるんだろうけど、避妊シーンも少し入れてみたらどうなのかね?
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ