2005/10/11

カルトナージュの道具と材料2  

カルトナージュ用ののりのその後。
フランスで使っていたのりを分析した結果。
@日本では作られていない成分が入っている事A身体に良くない成分が含まれる事、が判明した。
さあ、どうする。振り出しではないけれど、3歩進んで2歩下がるみたいな気分。

でも嬉しい事もあった。
製本装てい家・マーブルペーパー制作者、国際的に活躍されている三浦永年氏のマーブル紙を扱わせていただくチャンスに恵まれた。
表現力の乏しさを申し訳なく思うが、とにかく色が素敵。
早く何かを作りたい。
クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ