2006/5/30

Saumon..  パスタ
 また頂き物で贅沢な夕べ。

 スモークサーモンを頂く。パンケーキも一緒に。クリームはもちろん、アドヴァイスに従って、蜂蜜もひと塗り。ナルホド。。

クリックすると元のサイズで表示します

 一緒に頂いたシャケの皮をにんにくと炒めて、いつものパスタが一味違う。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2006/5/30

Gateaux au Chocolat  週末
 時差のある私の週末。

 大寝坊しなかった月曜日のお昼。久し振りにお菓子を焼く。

 シリコンのマフィン型でマドレーヌ型でチョコレートケーキ。

クリックすると元のサイズで表示します

 このオーブンもやっと上手に使えるようになったかな。

0

2006/5/29

So big !!  食卓 et ワイン
いつものM&MにS&Sも加わって、3組6人。

 前菜には、S君が腕のみせどころ(!?)で、ヒラメの縁側と乾燥トマトのカナッペ。

クリックすると元のサイズで表示します

 M君が持って来てくれたのは、Crement d'Alsace には珍しいヴィンテージもの。Binner の1996。熟成感がまるでシャンパンのようで、そして負けずに繊細。

 そしてこれもまた、S君役得のマグロのカマの塩焼きは、大根おろしとお醤油で頂く。

クリックすると元のサイズで表示します

 2本目はとっておきの白。Gauby の VDP Clos d'Orri 2000。一緒に購入した同僚が『もう駄目だった、残念だ・・』と言うので、半分諦めていたのだけれど、まだまだ。。南なのに、飽くまでも爽やかさ有り。

 メインは、かの有名な Desnoyer で豚の肩肉を買ってきてもらって、ゆっくりとロースト。こんがりときれいに焼けた塊はあっという間に消えて。。凝りに凝ってる新玉ねぎは、最後の10分ほど豚と一緒にオーブンへ。キノワも一緒にたっぷりの肉汁を掛けて頂く。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 3本目の赤は Sierra du Sud 2004, Gramenon の唯一?の Syrah 100%。数ヶ月寝かせている間に、見事に成熟。

 デザート代わりのチーズは、ブローニュでチーズ屋さんを開いた日本人女性のお店でS君が買ってきてくれたもの。ヤムヤム。

            クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/29

新作  パスタ
 先週は珍しくパスタ控え目。

 なので、堂々と。。。

 挽肉を炒めたら、新玉ねぎも加えて更に炒めて、お出汁のスープで茄子と一緒にくつくつ。

 新顔、和風挽肉パスタ。

            クリックすると元のサイズで表示します

 
0

2006/5/27

塩焼き  食卓 et ワイン
 いつも鯛なので、今日は鱸。最後まで悩んで、やっぱり今日もシンプルに塩焼き。
 
 軽く塩をして熱々にしたオーブンへ。火が入ったら、新玉ねぎを乗せて、更にもう2、3分。

            クリックすると元のサイズで表示します

 新玉ねぎの使い道がまたひとつ増えた。
0

2006/5/24

脱力感  食卓 et ワイン
 ビールでも飲んで帰りますか。。そんな時は、大抵、お互い聞いて欲しい話がある時。

 カフェでビールを一杯飲んで、脱力感一杯で帰宅。

 今日は緑の豚とキノワ。

 ソースにかこつけて Montlouis sur Loire "Clos du Breuil" 2004 Domaine Chidaine を開ける。塩・胡椒して勢い良く両面を焼いた豚と新玉ねぎをワインで蒸し焼きに。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はたっぷりと Jus (ソースほど手が掛からないおつゆ?)が取れて、お出汁で益々キノワが美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 彩の良いサラダは、粒マスタード入りのドレッシングで和えたニンジン以外は全て素材のまま。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/23

バジル  パスタ
 週末はパスタなし。・・となるとパスタが恋しくなる。

 そう言えば、ジェノベーズ食べてないなぁ。

 鉢のバジルを買って、にんにく、パルメザンチーズ、オリーブオイル、塩少々とブレンダーに掛ける。パスタに塩が効きすぎて、ちょっとしょっぱいけれど、バジルはやっぱり新鮮が良い。

            クリックすると元のサイズで表示します

 まだ葉の残る鉢は、すくすく育っているベゴニアの隣で、お日様にあてて葉っぱを増やしてみよう。懲りずに。。

0

2006/5/22

鴨茄子  
 クロック・マダムで一息ついたら、早速夕ご飯の心配。そしてお約束。
 
 『M君たち何してるかねぇ。。』って、昨日も一緒だったのに。

 結局鴨ネギならぬ、鴨茄子で、今夜も Chez M を我が家にご招待。

 まずは前菜に。悪くなる前に〆て冷凍しておいたという鯖は、皮を剥いで、さっと焙る。新玉ねぎを散らして、生姜醤油で頂く。

            クリックすると元のサイズで表示します

 Rhone で大岡さんが作る Canon のロゼが辛口で、悪くない組み合わせ。

 茄子はフライパンで表裏をしっかりと揚げ焼く。ネギも鴨もしっかり焦げ目を付けて、和風出汁と鴨の出汁のおつゆで。お醤油・酒・みりん、そして隠し味のシナモン。鴨にはこれが合うんだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 最近凝ってる Jura の赤。poulsard という品種からは軽い色合いと味わいの赤が出来るけれど、ちょっと独特。ただ、不思議と和食に合う。

 切干大根とニンジンでキンピラ、黒ゴマたっぷり。

 まだまだ続く白アスパラガスとビーツのサラダ。

            クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/22

クロック M  食卓 et ワイン
 日曜日、久々の大寝坊。昨夜のお片づけ、洗濯・・気が付いたらもう夕方近く。お腹空いたね。。

 あるものでできるもの。

 ちょっと失敗クロック・どっち?

            クリックすると元のサイズで表示します

 ちなみに、マダムとムッシューの違いは、目玉焼きが乗るか乗らないか。。マダムの方が食いしん坊だからなのか。。

0

2006/5/22

豆ご飯  食卓 et ワイン
 ブルゴーニュを旅して帰ってきたお友達を迎えて、今日は豪華に Epaule d'Agneau (羊の肩肉) 。と、言っても、お買い物も調理も人任せだけど。。。

 まずはサラダ。ベトラーヴ(ビーツ)はM君の手に掛かると、ちょっと違う。どことなく和のエスプリを感じる芸術作品。

            クリックすると元のサイズで表示します

 炭水化物は久し振りのご飯。旬であまーいグリーンピースと一緒に、お豆ご飯に。

クリックすると元のサイズで表示します

 Agneau は焼き目を付けたら、カブと一緒にお鍋に入れて、じっくりと蒸し焼きに。

クリックすると元のサイズで表示します

 おしゃべりな仲間はご飯の登場あたりから、無口になる。。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ