2008/7/31

魚介とトマト  パスタ
 今年のパリはここ数年には珍しく夏らしい夏を迎えています。

 涼しくて、雨の多い時期もありましたが、7月も中旬を過ぎてからはもうすっかり夏の気分になりました。気になるのはこの後、8月のお天気ですが、もう少しこの暑さが残ってくれると良いなぁと節に願う妊婦です。

 通常より体温も多少高いこともあって、妊婦さんには暑さは辛かろうと心配して頂いていますが、幸い暑さには強い方で、汗を掻くのもタオルさえあれば大丈夫!一年に一度、たっぷり汗を掻いておくのが、何より健康の元だと思っている私です。

 ただ、夜が辛いのだけは認めます。。風が抜けすぎても・・と、窓を細めに開けて寝るので、夜中の汗の量は並じゃありません。。顔の汗はすぐに拭けば良いとして、今の私はしきりに「お腹」周りにも汗を掻くので、こちらは時々洗面所で「クルクルッ」と洗い流しています。急に冷たいものを感じたらべべがびっくりするかしら?と思いつつ、これがなんとも気持ちが良くて!!

 主人に話したら奇妙がっていましたけれど。

 さて、こんな季節はさっぱりと、にんにくとちょっと辛味のきいたパスタなんていいですよね。

 ということで、主人が「魚介とトマト」のパスタを作ってくれました。トマトといってもトマトソースにするのではなくて、プチトマトを魚介と一緒に炒めて、白ワインをたっぷりで煮込むソースです。

             クリックすると元のサイズで表示します

 トマトの甘味が引き出される上に、魚介の出汁ともあって美味しかった〜♪

 サラダ代わりに、いつもの人参の粒マスタード和え。

クリックすると元のサイズで表示します

 たっぷりレモンを絞って、さっぱりしゃきしゃきに。
0

2008/7/31

ご遠慮下さいマーク  食卓 et ワイン
             クリックすると元のサイズで表示します

 いつ頃からでしょう。ワインのラベルにこんなマークが見掛けられうようになりました。

 左隅の小さな小さな絵柄は「妊婦にバッテン」のマーク。「妊婦は禁酒!」の意味で、柔らかく言えば「妊婦の方は飲酒をご遠慮下さい。」ということですよね。

 このワイン大国フランスで、いまやワインだけではなくて、ビール、ハードリカーにもこのマークが見られるようになりました。飲む飲まないは、妊婦さん本人の決めるところですが、それだけ世間というよりも世界で妊婦の飲酒が胎児に与える「悪」影響が取り沙汰されるようになったということでしょう。

 ちなみに、どういう影響があるのかと言うと、「胎児性アルコール症候群(FAS)−生まれてくる赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などが現れる」のだそうです。

 私は仕事がらワインを飲む機会も多く(多かった・・です)、そして今でも友人たちを迎えて食卓にワインの並ぶ日が多いのも事実。私は・・と言えば、味見と称して「舐める」のが常でしたが、その量も自然に減ってきています。不思議なことに欲しくないのと、やはりべべに影響があっては・・と不安に思う気持ちからでしょうか。

 妊娠してからもワイン会の記録などをブログで紹介していたので、友人たちの中には私が相変わらず人並みに飲んでいるのではと心配していた人もいるようですが、どうぞ安心してください。決して「飲んで」はいませんので。

 そしてこれから益々「舐める」ことも控えようと、今日改めてそう思った次第です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/29

鶏の丸焼き  食卓 et ワイン
 最近はすっかり主人に甘えて、夕食は「お父さん」担当になっています。

 この週末は珍しくお客様が続いたので、土曜日は私が頑張り(・・って大袈裟な・・)、日曜日は主人がメインを頑張りました。

 私はもっぱらトマトに凝って、湯剥きをしたトマトを小さく刻んで(この作業が実は大好きです。)、にんにくと玉ねぎと一緒に炒めて、白ワインを加えて煮込むだけ。ここにひと焼きしたお魚が合うんです。

 さて、日曜日のお客様は、日本から着いたばかりの「ツール・ド・フランス”キチ”」のH氏と奥様のYちゃん。

 なにか豪華に見栄えのいいものを・・と、考えてみたら我が家では初めての試み、「鶏の丸焼き」にしてみました。

 STAUB のオーバル型のお鍋で、まずは鶏の周りを焼き固めてから、一旦火から外し、じゅぅ・・っと染み出た焼き汁で蕪とジャガイモに油が絡むように炒め、暫く鶏と一緒にじゅうじゅうと。

 ただ、今回は鶏も大きかったのと、具も多かったのとで、最終的に鶏と野菜は別々に仕上げました。

             クリックすると元のサイズで表示します

 これが食卓に登場した時、そして一口味わった時のあのH氏の表情は忘れません。喜んでくれてこちらも本望というもの。

 大きな鶏は、腿と胸肉とに切り分けて、夫婦二組、それぞれに楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します

 定番の野菜たちは、LE CREUSET のお鍋で。ジャガイモはしっとりと、蕪はジューシーに、とにかく美味しく仕上がるからやめられません。

 デザートにはこの週末連日挑戦したバナナのパウンドケーキ。前日は火が強すぎたようで、焦げ。リベンジの翌日は慎重に焼きすぎたせいか焼き上がりが白くて、不安だったので、お客様に出す前に味見・・邪道ですが、生焼けのケーキを出すわけにはいかないので、致し方なしです。

クリックすると元のサイズで表示します

 なので、このつまみ食い、「犯人は私」です。
0

2008/7/26

未来の友達  bb
 大好きな場所と言えば、エッフェル塔だったり(場所というより建造物ですが)、ご近所の公園だったり、マルシェだったり。
 
 でも、フランスに来て、しかもこの数年、まぁ良く何回も通ってるよね・・と言ったら、IKEAです。

 主人と2人の生活を始めてすぐから、今日まで。そして今はこれから産まれてくるべべのために、この狭いスペースをいかに上手に使おうか・・と、その為に世界で一番愛読されているという評判さえあるIKEAのカタログの頁をめくって、ため息をついて(?)・・そしてまたIKEAに向かいました。

 今回の課題、まずは私達の持ち物整理、そしてもう既に相当の数になったべべの肌着やパジャマ、小さな靴下に帽子、先輩ママたちから譲ってもらったべべ用品たちの収納。

 行く度に誘惑は一杯。「あれ、こんな便利”そう”なものもある!」「これはどう?」なんて浮気をしながら、なんとか思いとどまって最小限のお買い物に留めたはずで、今回はこんなにおまけがついてきてしまいました。

             クリックすると元のサイズで表示します

 君の未来のお友達たち。

 一番右のハリネズミ君(?)以外はみんなIKEAからやって来ました。音の出る「ガラガラ」だったり、ふわふわだったり・・・今からあんまり増やし過ぎないようにしないと。

 一番欲しいのは私なのかもしれません。
0

2008/7/26

初めの一歩!  bb
 作品作り、益々専念しています。編み物はどうやら「中毒」になるようで、完成が近くなると、次は何を編もうか・・と、もうそれが気掛かりで。

 6つ目は、こちら。

             クリックすると元のサイズで表示します

 Chaussons Chaussettes、靴型靴下とでも言うのでしょうか。

 こちらの子供たちは、まだまだ歩くことなど出来ないうちから、可愛い靴を履かせてもらっています。一度など、友人がベビーカーを押していたら、「貴女のお子さん、靴を履き忘れていますよ!」と指摘されたとか。。

 初めの一歩を踏み出す前に、まずはそのための靴慣らしですね。

 もう既に靴持ちの君、どの靴で初めの一歩?
0

2008/7/23

向日葵  
 最近週に2回ほどのジョギングを始めた主人に付き合って、私はウォークマンを聞きながら主人と同じコースをウォーキング。

 最初のうちは頑張って3週半・・くらい歩いていたのですが、最近はさっさと切り上げて・・むしろ日光浴をする方が心地よくて、ぼぉ〜っとしてます。
 
 例の公園では、向日葵がそこここでやはり日光浴中。

 いずれ種になる中心部分がまだ青々としているのが印象的で、思わずパチリ。

            クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/21

・・前ラストのお楽しみ  ワイン会
 恒例、お楽しみの日曜日のワイン会。

 例年(って、昨年から始めた会ですけれど)、7月は夏休みでお休みなのですが、今回は秋以降の予定を考えて、出産前ラストということで特別に開催。

 夏らしくテーマは「シャンパン」ですよ〜とお伝えしたら、予想以上の反響で、前回のロゼの会にも負けないくらいの参加者数となりました。

 今回は同一メゾンに限って、シャンパンにも色々あるキュヴェの違いを比較してみましょうというのがテーマ。Brut, Blanc de Blancs, Rose, Millesime...お料理との兼ね合いも考えながら、それぞれの違いが皆さんにも分かるようにと、主人が順番を試行錯誤しての8本。
 
 皆さん、今日もお気に入りの一本を見つけて下さったようで何よりでした。

 さて、そんなシャンパンたちの味を引き立ててくれた今日のシェフのお料理は。。。

 前菜に、「メロンのスープ、シェーブルチーズのムース添え」。

            クリックすると元のサイズで表示します

 実はこちらは既に私もお気に入りメニューのひとつでして、良く熟れたメロンのスープにシェーブルが絶妙です。最初に比較した、Brut, Blanc de Blancs にも良くあって、ここで皆さんのピッチがぐっと上がったのは間違いなし!!

 メインには、「鮪の生ハム巻きロースト、イカ墨風味のポレンタ」。

クリックすると元のサイズで表示します

 予算がなくても、食材にはお金を掛けてしまいがちなシェフ・・今回の鮪はお刺身でもいける「超」新鮮なものを使ってくれたそうです。皆さんにはまだほんのり赤身が残る状態で、そして私には良く火を入れて出してくれました。

 生ハムで巻いてあるせいか?良く火を入れても決してぱさつかずにしっとりとしていて美味しかったぁ〜。鮪はこちらでも高級魚ですから、我が家の食卓にもそうそう乗りません。久し振りの鮪に「白」シャンパンでしたけれど、これがまた不思議とぶつかることなく、ポレンタ、トマトのコンフィ、バジルのソースとも上手く絡んで満足な一皿でした。「白」と言っても、スペシャル・キュヴェクラスですので、シャンパン自体に骨格と重みが出ています。より古い年代を試すことが出来たら、またどんなに皆さんが喜んでくれただろうなぁ・・とは、主人のワイン会後のため息まじりの一言でした。

 そして、本日のメイン20年ものロゼも含め、ロゼとデザート。

 クリックすると元のサイズで表示します

 「杏のクランブル、フランボワーズとバナナのソース」。

 実は鮪にはこのロゼを合わせた方が良かったかねぇ?と試食しながら話していましたが、いえいえ。。Non millesime のロゼには爽やか赤い果実、そして88年のロゼは素晴らしい熟成を遂げて、紅茶の香りが一杯。今日のデザートにもぴったりでした。

 シェフとのコラボレーション、不思議といつも「あ・うん」の呼吸で成功しています。秋以降はいつからの再開になるか未定ですが、また秋の味覚に合わせてのワイン会が私も今から楽しみで仕方ありません。

 まだ暫くは舐めるだけのお味見ですが。。。

 今回もまたアシスタントと称して惜しげなく働いてくれたMちゃん、ありがとう。そして他にもサービス、後片付けを手伝ってくださった皆さんに心より感謝です。
0

2008/7/21

かき揚げ  
 「今夜は天麩羅だよ。」・・と、また唐突な主人。

 そう言えばご無沙汰でした。私は揚げ物が食べたくても、生憎自分で積極的には作ろうとしないので、たまに主人が「トンカツ」・・とか、「コロッケ」・・とか、言い出してくれるとむしろ嬉しいのが正直なところ。

 天麩羅というより、実はかき揚げが食べたかったらしい主人、実は日本で食べたことがあるという巨大お鍋直径サイズのかき揚げを作ってみたかったらしいのですが、そんなの自宅では無理よ・・と説き伏せて・・小サイズを揚げてもらいました。

            クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 お蕎麦も茹でて、好みで天ぷら蕎麦に。

 貝柱、小エビに小烏賊のゲソと玉ねぎの入ったシンプルなかき揚げとお蕎麦をつるつるっと。。美味しかったねぇ。

 明日は残りもので、天丼だ!
0

2008/7/19

プリオリテ  Paris
 今更ですが、妊婦生活も35週目の終盤、もう数日で日本なら「臨月」に入ります。

 隠していた訳でも、もったいぶっていた訳でもありませんが、もう少し、もう少し・・と思っているうちに今日になってしまいました。でも、もうお気付きの方も多かったですよね。温かいメッセージを色々と頂戴しています。みんなありがとう。

 出産前に、あれもこれもしておこう!・・・と意気込んでいましたが、お腹が大きくなるにつれ、お出掛けが面倒でお尻が重くなってきたのが正直なところ。それでも、会いたい人、欲しいものがあればバスでもメトロでも、気軽に乗って出掛けていましたので、Mちゃんにはいつも「元気ねぇ。。」と驚かれていました。

 そんな中、昨日はこちらへ、5月から開催されている「葛飾北斎展」を見に出掛けました。我が家からは交通のアクセスが悪いので、さすがに車で。。

 評判が良いのは耳にしていましたが、美術館の前に行ってみてびっくり。なんと入館のために列が出来ていました。少なくとも30分待ちは確実。

 そこで私が躊躇もせず取った行動に、主人はそんなこと出来るの!?と半信半疑でしたが、見事成功。

 とかく妊婦には(割と・・?)優しいこの国ですから・・と、入り口脇にいた美術館の関係者に「妊娠しているのですが、優先して入れて頂くことは可能でしょうか?」と。「もちろんよ、いらっしゃい。」・・・いとも簡単にOKしてくれました。

 終盤に入ってかなり大きくなってきた私のお腹ですが、つい一ヶ月程前までは、お腹が小さいと言われ続けていました。なので、バスに乗っても、座ってしまうと目立たないお腹に「全く」気が付かないお年寄りに、何度となく「席を譲って頂戴!!」と言われて、その度に申し訳ないけれど・・とお腹を見せてお断りしたりして。なんだか座っても落ち着かないのが嫌で、病院で妊婦バッチでも作ってくれないかしら・・と思っていました。
かと思えば、小学生くらいの女の子が席を譲ってくれたり、ちょっとヤンキーな女性が「座る?」なんて聞いてくれたり。人生で初めて席を譲ってもらうなんていう経験をしていますが、嬉しいような、照れ臭いような、不思議な感覚です。

 そして無事に入館した特別展。パリでは初めて「混んでいる」印象を受けました。ルーブルでも、オルセーやオランジェリーでも、混雑にはあって作品の前に並んだことがないこの国で、北斎展にはちょっとした人でした。私達自身、日本にいてもなかなかあれだけの数の作品に触れることはないかと思います。誇らしく、ちょっと鼻高々になって、お陰様で満足な数時間を過ごすことが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
            
 作品製作は順調に続いています。6作目は Chaussons Chaussettes (靴型靴下?)、いずれべべ君の良き友になってくれるであろうおサル君に履き心地を試してもらいました。

 「どう?」 
0

2008/7/18

夏祭り・・風  食卓 et ワイン
 パリは暑かったり涼しかったりですが、日本のように30度まで気温が上がらなくても、27度まで上がればもう日本の真夏日の感覚です。

 暑い暑いと帰って来たら、今夜のメニューは「ソース焼きそば」では如何でしょうか?と我が家のシェフ。

 いいですねぇ。。と、こちらはもちろん二つ返事で。

            クリックすると元のサイズで表示します

 実はこの麺はカッペリーニです。焼きそばの麺ではなくても十分にいけます!ソースは2種類を使用、絶妙の混合具合です。青のりに胡麻をふって、なんだか夏のお祭りみたいだねぇ・・と、懐かしい味を楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します

 例によって、私はサラダだけご用意させて頂きました。本日は海草(昆布)と豆腐のサラダをレモンとお酢とお醤油でさっぱりと。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ