2006/1/27

トリノ その1  イタリア

TORINO
2月10日からトリノで冬季五輪がはじまります。
休みを利用して3泊4日のトリノオリンピック巡りをしてきたので街から紹介します。
Photo1:街のシンボル「Mole Antonelliana」モーレ アントネリアーナ(シネマ博物館)
Photo2:町の中心にあるローマ通り
Photo3:1861年「Savoia」サヴォーヤ王家が初めてイタリアを統一し
トリノが首都となった時の議事堂
クリックすると元のサイズで表示します
フランスのアルプス地域はフランス音で「Savoie」サヴォワと言いますが、サヴォーヤ家発祥地で支配していた地域だったためです。
フランス、オートサヴォワ県都のアヌシーはサヴォワ=サルディニア王国当時首都であった事もあり、トリノとよく似ています。
第二次大戦後、イタリア王は追放されました。
現在もサヴォーヤ王家一族はスイスで亡命生活を続けています。

Read MoreはPiazza San CarloのCaffe Torinoと街のスナップ
Aglieの田舎とシャトーを追加しました


Piazza San Carlo
美しい広場には老舗の喫茶店があるのがイタリアです。
写真は「Caffe Torino」雰囲気がいい!!
クリックすると元のサイズで表示します

モーレ アントネリアーナは展望台になっていて、街を一望できます。
トリノは細い裏道にも市電が走っています。
そして、街を横切って流れる「ポー川」です!
クリックすると元のサイズで表示します

今回の小旅行はZermatt(スイス)からスキーで山越えして、Cervinia(イタリア)の古くからの知合いでこのブロクでも紹介した事があるPepiとMarisa
19年前のピサの斜塔の記事に登場、二人も自分達も若かった。
(リンクしてます)
に案内してもらいました。
仕事は引退してトリノ郊外の「Aglie」アリエの田舎屋(写真上)に住んでいます。
ブドウ畑と麦畑だけの田舎風景ですが、すぐ側に写真下のシャトーが忽然と建っています。
この「アリエ城」はサヴォーヤ家の婦人達の別荘だったそうですが350部屋あります。
現在はピエモンテ州が管理していて見学もできます。
クリックすると元のサイズで表示します 

トリノについてはまだ続きます、、その2をお楽しみに。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/3/7  3:16

 

いつものように、山をスキーで越境してトリノまで買い物に行きました。
トリノの中心ピアッツァサンカルロ
[画像]



雨の夕暮れで
淋しい感じですが
車の規制をして
静かになりました





買い物の目的は
今年の新色
テーブルウエア


いつもお世話に
なっているマリーザ
 

2006/11/21  1:50

 

イタリア、チェルヴィニアスキー場はスイスツェルマットと国境を越えて一つのスキーエリアです。日本からの海外スキーツアー客をこの30年間で延べ数万人案内しています。
ゴンドラ駅そばのスキーショップオーナーで陽気な「ペッピーおじさん」は訪れた
日本人スキーヤーの記憶に残っているでしょう。
写真は今年4月ツェルマットの中華レストランの1コマ、元気でした。

6月に体調を崩して入院、九月末帰らぬ人となってしまいました。享年71歳
今年2月のオリンピックではトリノを車で案内してくれていたのに、残念です。

アルバムから昔一緒に新雪を滑った写真を見つけました。
ちょうど20年前です。
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ