岩淵水門  暮らし、生活

東京の実家へ母(93歳)の様子を見に行って来ました。
生まれ育った故郷は、ブラタモリでも紹介されていた東京北区の通称「赤水門」のすぐ側です。
ここの岩淵小学校に通っていたので、学校から帰ると毎日この水門の土手で遊んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します
荒川、新河岸川、荒川放水路、隅田川の合流分岐の重要な場所です。
建設省の敷地にもよく潜り込んで遊んでいました。
現在は国土交通省岩淵水門資料館のような立派な建物があって見学自由なようです。
写真は少し先にある現在の「岩淵水門」です。
右側のマンション奥にスカイツリーが見えました!!
クリックすると元のサイズで表示します
ここで遊んでいたのは昭和33年〜44年ごろで、対岸の埼玉県川口の鋳物工場のキューポラからもくもくと排煙があがり夕暮れになると赤い炎も見えていました。
そしてここは、映画やテレビドラマの撮影場所でした。なにしろ毎日ここで遊んでいるのだから、撮影にもよく行き会いました。吉永小百合さんは当然ですけど、東映のヤクザ物の撮影で鶴田浩二さん、鉄道公安36号というドラマ、吉沢京子さん桜木健一さんの柔道一直線もよくここで撮っていました。

土手で足リ回った後は、ビー玉やベーゴマが遊びの定番でした。このベーゴマは川口の鋳物工場が作ってたんですね!
そして現在、キューポラのあった街は工場跡がマンション郡になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
3

振子沢  スポーツ

軽井沢で越冬するようになって、3シーズンめ。
もうスキーシーズンも終わりなのに、どうも出不精で近隣のゲレンデを滑っていません。
そんな訳で、草津の白根火山(草津国際スキー場)へ行きました。クリックすると元のサイズで表示します
写真は本白根から白根火山ロープウエイ山頂駅を見下ろしてます。ここは標高2000mあるので森林限界と火山ガスの影響か木が生えていません。
2週間前に遠征してきた新潟の石打丸山と同じくここでスキーするのも中高生のころ以来、
昭和40年代のころです。そのころは万座スキー場山頂から白根火口脇にロープウエイが架かっていて、今はバックカントリーのツアーコースになっている火山の斜面を直滑った記憶があります。ここで濃霧の時には遭難事故がありました。

で、タイトルの「振子沢」です!
当時も今も硫黄臭が鼻をつきますが、有毒ガスによる酸欠の死亡事故がよくありました。
写真はその振子沢を上っていくゴンドラからです。
クリックすると元のサイズで表示します
草津の楽しみは帰りに温泉、、ですが。
この日は西の河原露天風呂がメンテナンスで休館でした。
立ち寄り専門の大滝の湯は料金も高いし古くなってイマイチなので、
無料の「地蔵の湯」に入って来ました。共同浴場としてはなかなかいい感じでした!
4

湯沢 かぐら 苗場  スポーツ

友人の越後湯沢にあるマンションへ2シーズンぶりにスキー遠征しました。
湯沢高原へ上るロープウエイ駅横にあり超便利、温泉もあります。
今回行って見ると隣に「石川遼記念館」が出来ていました。
クリックすると元のサイズで表示します
湯沢高原から三山共通リフト券でガーラへ渡り石打丸山スキー場へ滑り込みました。
石打丸山は中学〜高校まで東京から日帰りでよく滑っていましたが、40年ぶりです。
夜は縁日と花火があり盛り上がっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
翌日はかぐら、田代へ。
この日は快晴でみつまたを通り越し田代ステーションから登ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
田代側山頂からかぐらを見渡せます。

かぐらからの景色も綺麗でした!
クリックすると元のサイズで表示します
そして苗場に移動、こちらも別の友人の西武ヴィラ1号館のワンルームを利用させてもらいました。ここはリゾートマンションの草分け第一期のものです。
しかし翌日は嵐になって雨、2本だけ滑って引き上げてきました。
2
タグ: スキー縦走




AutoPage最新お知らせ