妙高高原  スポーツ

12月28日は長野から新潟の妙高あたりまで晴れ予報だったので、
妙高杉ノ原スキー場へ行って来ました。40数年前に赤倉に高校のスキー旅行以来、
足を踏み入れていない地域です。
実は妙高はZermattと姉妹都市をやっているんです。
で、今回はカードポイントでリフト券景品交換したプリンス系の杉ノ原にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
最長6km近く滑れて、そこそこの中級斜面で大満足!
景色もよく、眼下に野尻湖、遠くの山並みに志賀高原、横手山その右に菅平が見えました
クリックすると元のサイズで表示します
最高地点は標高1855mなので雪質も新潟にしたらそこそこでした。

ただ日本のスキー不況を象徴して、ゴンドラの建物などは色あせて淋しい感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

2時過ぎまで滑って、苗名の湯(なえな)という温泉に立ち寄り。
男湯はいっぱいでしたけど、女湯は話し好きのお婆さん(89歳)1人だったようで連れ(まみ)の声とお婆さんの話が耳が遠い為か大声でこだましてました。
このお婆さんの話では、45年前この杉ノ原スキー場が出来た当時ご主人が町長だったそうで、
開発側のプリンス(コクド)と地権者の代表として堤 義明さんとも何度か会ったそうです。

立ち寄りの湯のお婆さんのこぼれ話しとしては、なかなか有意義な感じでした!!


3
タグ: ski

アウトレット  軽井沢

朝のスキー帰りにプリンスのアウトレットモール(イースト)にある、サロモン直営店に寄ってみました。
22cmのハイグレードのブーツはなかなか無いし一般のショップでは売れ筋のサイズしか仕入れない、、、、ダメ元で聞いてみると「こんなのあります」と出してくれました。
さすが直営店ですね!
 X3-JR110 旧年モデルの為アウトレット価格10500円
ジュニアレーサー用で一般の中級モデルよりしっかり固く、足の小さいスキーの上手いおばさんにピッタリです。
クリックすると元のサイズで表示します
ブーツの背中に四角い箱を背負っていますが、、
これは前回記事の水道管凍結防止帯と同じような発想で出来た、「しもやけ防止インナーソール」のバッテーリーです。
これはZermattで購入して長年使っています。
クリックすると元のサイズで表示します
翌日早速、新しいブーツで雪上へ。スキーパンツでバッテリーは隠れてます!
クリックすると元のサイズで表示します
3

凍結  軽井沢

12月に入って低温が続いています。雪もやっと降り始めました!
ワイパーは上げて置かないと凍りつきます。
クリックすると元のサイズで表示します
朝6時には−8℃でしたが8時には少し上がって−5℃
クリックすると元のサイズで表示します
都会で暮らす人にはあまり想像できないでしょうが、、
こんな日が続くと水道が凍結します。
そこで、軽井沢の場合水道管には凍結防止帯と言って電熱線を巻きつけてあります。
ずっと通電しては不経済なので、外気温でコントロールするアダプターを付けるのが一般的です。
クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 凍結防止帯




AutoPage最新お知らせ