焼額山  スポーツ

晴天の日を選んで志賀高原焼額スキー場に遠征!
高速道路の小布施パーキングで黒姫山と妙高山がくっきりと見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

志賀高原では高校の頃、一の瀬のスキー学校でアシスタントコーチをしていました。
スキー人生の発端の場所です。その頃は焼額山にはスキー場は無く奥志賀高原の山頂から、今で言えばバックカントリーに入って尾根や沢を滑った記憶があります。
クリックすると元のサイズで表示します
ヤケビタイ山頂から向かいに一の瀬ファミリーゲレンデと寺子屋ゲレンデが見えます。
昨日は雪だった為樹氷が綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します

山頂から奥志賀スキー場へ、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

1973年の春に焼額山をバックカントリーで滑って以来の志賀高原でのスキーでした。

、、、そういえば、当時の写真があったのでUPしてみます。

背景に73年の文字が見えます。
スキーはロシニョ−ル伝説の名器、ストラート197cm。
金具はマーカーローターマートです流れ止めの紐が付いてます。
ブーツは史上初のプラスチック成型の初代ラングです。
スキースクールのユニホーム姿で、、
クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: スキー

雪景色  軽井沢

あまり雪の降らない軽井沢ですが、、
関東に雪を降らせるような気圧配置のため、大雪になりました。
今年の春先4月21日以来の雪景色です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

初滑り  軽井沢

軽井沢プリンススキー場は11月1日から人工雪でオープンしていて初滑り済みですが、
ここ2,3日薄っすらと本当の雪が積もって、本物の初滑りしてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
上の写真は去年新築されたスノーハウス
コースは2本だけオープンで、写真のもみの木コースはガラガラでした。
クリックすると元のサイズで表示します
1


スイスのお土産で人気のある「鳩時計」
実際飛び出す鳥はカッコーなので、フランス語流に言えば「クック時計」です!
家を新築した25年前に買ったこの時計ですが、錘(おもり)を引くのを忘れると止まってしまうので、もう20年以上インテリアとしてロフトの柱に掛かっているだけで動いていませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
電池で動く壁掛け時計が壊れてしまい、ついついそこへ目をやり不便にしてましたが、、、
「鳩時計があるじゃないか!」と気が付いて、動くことを期待せずに錘を引いてみました。
20年ぶりのチックタックが動き出しカッコーも飛び出してイイ声で鳴きだしました。
クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ