高額医療費  暮らし、生活

緊急入院と大動脈置換手術では、、
医療費の事は命が第一なので、あまり考えませんでしたが入院手続きで、支払い保証と連帯保証人の提出が後日必要になり、それだけ重病、重症なのだと実感させられました。
15年前にある病で入院した時には、役場の保険課で8万円を超えた医療費の払い戻しを請求して受け取りました。
今回は佐久医療センターの事務課から「国民健康保険限度額適用認定証」を役場の保険課から発行してもらい提出するようにと、連絡がありました。
こんな制度がある事も知りませんでした。払戻しの手間が省けて大変助かりました。
また限度額も以前の一律8万ではなく、所得状況によって5段階になっています。
家はリタイヤしているので限度額認定を受けた1ヶ月の支払額は、57600円でした。
個室を利用したので差額ベッドは別会計です。
クリックすると元のサイズで表示します

ps。
請求明細書から実質の費用を計算すると、約550万円掛かっていました。

1
タグ: 健康保険

退院  暮らし、生活

ご心配頂いた皆様へ。
思いのほか経過が良く佐久医療センターを本日退院しました!

これから3ヶ月程度、自宅療養になります。
大雪にもなり、何処へも出られないので雪景色を眺めながらゆっくり休めば回復も早いでしょう。
本人の希望で1968年冬季グルノーブル五輪のテーマ曲「白い恋人たち」のCDをNetで見つけて、病室でも、今自室でもこの曲をリピートで流し続けています。
https://www.youtube.com/watch?v=uHz8LyDKLS8
クリックすると元のサイズで表示します
写真は佐久医療センターの正面入り口です。
軽井沢碓井バイパスのバス事故で重症の6人がココに入院していますが、法政の方が昨夜亡くなられました。ご冥福をお祈り致します。
4

手術、生還  暮らし、生活

家人まみの緊急入院で大勢の方から、励ましの連絡頂き感謝しています。

病状は一旦落ち着きましたが、大動脈解離スタンフォードA、と言ってカテーテルを使った血管内治療が出来ないため、解離の傷が広がる前に人工血管置換手術を本人と同意して決断しました。
手術を行う佐久医療センターは心臓血管外科に優秀なドクターがチームで対応してくれます。
しかし術式の説明を聞くと本当にそんな事が出来るのかと不安になるハイリスクの手術です。
よく名外科医には「神の手」などと形容しますが、そんな言葉を持ち出さないと患者と付き添いの心が折れてしまうからだと思います。

昨夜5時間の手術、成功しました!!
発病は不運だけれど、結果として運が良かった。皆さんの励ましのお陰です。

ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 大動脈解離

一年の計  暮らし、生活

新たな年が始まり、正月が過ぎたらまたスイスへ出かける予定でした、、、、が
旧年クリスマスイブの24日、たった一人の家人(まみ)が緊急入院してしまいました。
病名「大動脈解離」突然の事でおどろきました。この病気の危険度も知り合いが亡くなっているのでわかっています。ただ一つの幸いは膝の治療のため病院でリハビリトレーニング中に倒れた事です。主治医の先生が応急処置をして、心臓血管外科のある佐久総合病院医療センターへ救急搬送してくれました。自宅や外出先だったら事切れていたかも知れません。本来緊急手術になるようですが、発見と処置が早かったのでICUで投薬しながら安静を保っています。昨日から一般病棟に移りました。完治は難しいし人工血管手術もありえるので、この病気と向き合って生きて行こうと思っています。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ