2018/2/20

帰国後のトラブル  暮らし、生活

16日早朝に帰国しました。
軽井沢の朝は−10℃。部屋の中に入っても冷凍庫と同じで−8℃でした。
もっと寒い年もあったのでこれでも暖かいほうです。
心配の種は水道、給湯のボイラー、ウォッシュレットなどの水周りの配管破損です。
凍結防止栓を開けて水を流してみると水道、ウォッシュレットはOKでしたが、、、
外置給湯器の送湯管から水漏れしてしまいました。配管自体の損傷ではなくてつなぎ目のパッキンが劣化した為だったようで、新しいゴムパッキンに交換し、エル字継ぎ手部分も水漏れで錆びているので防水パテで補強して保温材を被せました。オレンジ色のコードは凍結防止帯です。
クリックすると元のサイズで表示します

水関係は何とかなったのですが、電源を入れても室内のWiFiが繋がりません。
ルーターが異常な点滅をしていて、初期始動してみましたが復活せず。Buffalo製ですけど結局は中国製。4〜5年使ったので寿命と思いヤマダ電機でNECのルーター2400円で買えました。
それにしても安いですね!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 凍結

2018/2/5

ロートホルン  スイス

Rothornは山の名前で訳せば赤岳です。
標高は3103m街まで15kmノンストップで滑り込める良い斜面が続きます。景色も絶景ポイントが幾つもあります。

太陽の下がモンテローザです。左下へフィンデルン氷河が流れていますが、今年は雪が多いのでクレバスは埋まっていて見えません。
クリックすると元のサイズで表示します

ゲレンデを下り谷間に入りました。氷河時代に出来たU字谷の中を滑ります。
クリックすると元のサイズで表示します

谷間を出るとマッターホルンと眼下にはツェルマットの街が一望できます。
クリックすると元のサイズで表示します

途中の山小屋で一息。
クリックすると元のサイズで表示します

ココは標高2200mで森林限界にあたります。山頂からこの山小屋までは全く木の生えていない白銀世界を滑りおりてきました。これから森林コースを滑って街まで下山して行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
5

2018/2/1

ボンタディーニ  レストラン

標高3040mにあるイタリアの山小屋レストラン。
このブログでは何度も紹介しています。2010年の記事
とても山の上とは思えない料理にいつもビックリします。
前菜は蛸の柔らか煮
クリックすると元のサイズで表示します

2皿目はイカ墨を練り込んだラビオリで、ポテトピューレに乗っています。
魚貝風味でムール貝のむき身とドライトマトが散らしてあります。
クリックすると元のサイズで表示します

3皿目は海の幸フリッター。
クリックすると元のサイズで表示します

zermattのお土産屋Wegaのオーナーで友人の西永夫妻です。
クリックすると元のサイズで表示します
4
タグ: イタリア



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ