衣替え  スイス

Zermattのスポーツ店ショーウインドーもSKI から MBT?に衣替え!
http://fr.swissmasai.ch/
最近の流行でしょうか??AOLのブログで参照させてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

ウインドーショッピングの後、スイスの友人と寿司屋「妙高」で今シーズンの打上でした。
Zermattは山奥ですがヨーロッパは寿司ブームです
板前は日本人です。クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/4/9  12:54

 

1つ前の記事「MBTシューズその後〜新作編」の続き。

MBTシューズ。ほぼ毎日4km強の距離を約1年間歩いているとどうなるか。
当然靴が傷みます。


今までは踵の外側が減る傾向があり、大体半年くらいで目に見えて減ってしまうことが多かったのですが、MBTシューズ独特の靴底の形状のせいか意外に減っていません。

しかし、この靴の性質上、アウトソールが全て擦り減りマサイセンサー(写真にも写っている、アウトソールの次の層。)まで到達してしまうと補修が大変(マサイセンサーを取り替えるととっても高いのだ!!)だし、かわいい靴は日本に入ってこないし、靴底以外はほとんど傷んでいないので、もうちょっとこの子に頑張って貰うためMBT直営店であるMBTウォーキングスタジオに足を運び、修理をお願いすることにしました。


この日は、同じ時期にMBTシューズを買い、見事マサイセンサーまで磨り減ってしまった友達も一緒に修理に出したのですが、何故かあたしだけ店員さんに質問されます。
「早足や大股で歩いていますか?」「爪先で地面を蹴っていませんか?」などなど。
どうも店員さん。あたしの靴の擦り減り方が気になる様子。

店員さんが気になる靴の減り方↓

爪先が減っています。
よく躓いたり、転んだり(ふっ)するのが原因で、こういう減り方をしているのだと思い込んでいたのですが、店員さんの目から見るとそれだけではないと踏んでいるのか、帰りがけに「靴がリペア(補修)から帰ってきたら歩き方を見ましょうね」と言われてしまいました。

あたしは特に気にしていなかったのですが、そのやり取りを見ていた友達は「あれは、完全に『オメーの歩き方はおかしいから、今度来たとき見てやるから覚悟しとけよ』という雰囲気だった」と言われてしまいました。
そうだったのか?!(←空気の読めない女。)
この1年間、この靴を履いてきましたが、正しくない歩き方をしていた可能性が浮上してきました。
それでも、かなり効果を感じること出来たので、次回、歩き方を完全にマスターすることが出来たらどうなっちゃうのかしら?小尻も夢ではない?!(←それはまた別問題?夢を見すぎでしょうか?)
リペアから帰って来る日が楽しみになってまいりました!

以上、1年近く経った「MBTシューズのその後」についての記事でございました。

追記。
現在、スイスにおられるPetit cervinさんがスイス国内の靴屋さんの店頭を飾っているMBTを紹介していました。
(TB先の記事です。)
写真を良く見てみると…あたしが気になっているKaya Smokeが!!
流石、発祥の国なので品揃えが充実しているようです。
日本でももっと知名度が上がって種類が増えるといいなぁ…。 




AutoPage最新お知らせ