エアコン  自動車

軽井沢は避暑地ですから、家でもクルマでもエアコン(クーラー)は必要ありません。
今回法事で東京に行く日は連日夏日でした。
自家用車は古いイギリス車なのでエアコンのガスチャージをしないと、
都会へ降りた時に蒸し風呂になってしまいます。
今まではGSやオートセンターでガスチャージしてもらっていました。(5千円〜8千円)
見ているとチャージホースさえあれば簡単そうなので、今回DIYでやってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
このチャージホースは簡易ですが圧力ゲージ付きで1980円。
チャージするガスはR134aです。1缶350円(安い!)2缶使いました。
このクルマは古いのでR12というフロンガス仕様でしたが、現在はフロンが禁止されているのでレトロフィットという変換をしてあります。
クリックすると元のサイズで表示します
エアコンのコンプレッサーに低圧と高圧のバルブがあるので、低圧側にチャージホースのソケットを差し込みます、ガスストーブなどのコンセントなどと同じで「カッチ」とはまります。
ガス管のコックを開けてクルマのエンジンをかけエアコンを回すとボンベのガスが流れ込んでいきます。
クリックすると元のサイズで表示します
チャージ完了! キンキンに冷えて快適です。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ