スイスのお土産で人気のある「鳩時計」
実際飛び出す鳥はカッコーなので、フランス語流に言えば「クック時計」です!
家を新築した25年前に買ったこの時計ですが、錘(おもり)を引くのを忘れると止まってしまうので、もう20年以上インテリアとしてロフトの柱に掛かっているだけで動いていませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
電池で動く壁掛け時計が壊れてしまい、ついついそこへ目をやり不便にしてましたが、、、
「鳩時計があるじゃないか!」と気が付いて、動くことを期待せずに錘を引いてみました。
20年ぶりのチックタックが動き出しカッコーも飛び出してイイ声で鳴きだしました。
クリックすると元のサイズで表示します
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ