手編みレース  インテリア、用具

Dentelle à la main
テーブルセッティングで下皿を飾る手編みレースです。
クリックすると元のサイズで表示します

去年はイタリアで市販されている丸い飾り布を置いていましたが、
今年は気分を変えて、手編みレースにしました!!クリックすると元のサイズで表示します
0

中古のランプ(電燈)  インテリア、用具

クリックすると元のサイズで表示します
Lampe d'occasion = Seconde main

スイス中央部のインターラーケンからマイリンゲン経由でルツェルンへ行く山岳列車の途中にブリュニック(Brunig)というちょっと変わった駅があります。
ここは駅自体がアンティークショップになっていてホーム脇に古い家具や道具などが無造作に置いてあります。
写真(レストランカウンター内)のランプ(電燈)は
5フラン(450円)の値札が付いて、そこに転がっていた物です!!
中のソケットとコードは日本のものに付け替えましたが、
もちろんDIYでその実費も200円です。

Read More はセコハンについて
続きを読む
0

ミニュチア圧搾機  インテリア、用具

胡桃割りですが、昔の葡萄圧搾機の形です。

胡桃割りとして見てもおもしろいのですが、、
葡萄圧搾機のミニュチアという事が解る人がいないので、お客様にいつも説明しますが、皆さん「、、???」なのです!

現在は博物館にいったらあるでしょう。実物は直径3m位あり、この写真のように隙間の開いた樽です。上には巨大なネジと戻り止めギア、長い梃子の棒を動かして、ジャッキで絞めるようにして、一次発酵した葡萄を搾ります。
実は1976年ボージョレで葡萄摘み(ヴァンダンジュと言います)のアルバイトをした時、山奥の小さなワイン農家ではこの圧搾機を現役で使っていました。
貴重な経験が出来たと今になって思っています。

0

ワインの木箱  インテリア、用具

Romanée-Conti
レストラン内のインテリアに古びたワインの木箱の一部を飾っています。
写真下にアップしました。ロマネコンティ社の1988年の物です。
クリックすると元のサイズで表示します
0

アルミの機能美  インテリア、用具

Attaché-cace

先日「トリビア」で、アタッシュではなくてアタッシェケースと言っていました。
Attachéはフランス語で、「繋がれた、結びつきのほか大使館員を呼ぶ場合もあります」
イギリス人が気取ってフランス語を混ぜて使った言葉でしょう。。

ところで、写真は友人の精密板金会社が自社開発したスグレモノです!!
株式会社渓水のHPをぜひご覧ください。
http://www.seimitu.com/main/products/ac_products.html

0

色彩感覚  インテリア、用具

Sens des couleurs

今年イタリアで買ってきた布生地でクロスを作り、テーブルセッティングしてみました。
この生地は知合いのイタリア女性マリーザ(参照リンクになってます)の好みに任せて反物を買ってきてもらいました。
色を見たときは「えぇ〜?」と思いました。
実際カットしてクロスを作った後でも、「使えるか??」心配でした。
写真を見てください。イイでしょ!!
日本人には真似できないイタリア人の感性は不思議ですね。

0

イタリア家具  インテリア、用具

自宅のL字キッチンとリビング。

この家を建てた1989年にイタリアのバルバライタという家具屋や小さな家具工房の集まった村に行き、「箪笥、ベット、ソファー、三角コーナー棚、カサパンカ、L字システムキッチン」など買い揃えました。
輸送賃を加えても日本の値段の半値以下(3分の1かも)ただ驚くのは、国内輸送の割高な事です。ジェノヴァ港から大井埠頭まで10万円、大井から軽井沢まで荷受会社の手数料と配送代で10万!!もちろん都内ならもっと安く済みます。

このキッチンはイージーオーダーです。棚がパーツ化されていて横幅が3種類以上ありました。パイン(松)なので節がありますが割安、ログハウスなのでこの方が合っていると思っています。シンクは2槽で便利です。レンジフードは銅板で気に入りました。手前の棚は下まで連結にして、ガラス扉にしています。
リビングのコーナー棚やソファー、テーブルなど同時に作らないと同じ色が出せません。
家具の色はそういうものだそうです!イケヤなどで無色が多いのはその為かな??
0

珈琲とビスキュイ(小川軒)  インテリア、用具

左からナポリ式ひっくりかす珈琲メーカーです。

中央はは直火式エスプレッソ用ですが、イタリア人お得意の
アイデアとデザインだけで作った物なので、実用にはむきません!!
Read Moreはそのイタリア人気質、、

右のビスキュイは小川軒のレイズン ウィッチ。


続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ