シューンベイル小屋  スイス

マッターホルン北西の谷間にあるシューンベイルヒュッテ❗Zermattの友人が写真を送って来ました。
一般観光では目にしない場所かな?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5

ニューゴンドラ  スイス

新設24人乗りのゴンドラは標高3820mのゲレンデ最高点まで連なって登って行きます❗
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

山頂からスキーで国境を超え、、
マッターホルン南壁直下を滑り降りチェルヴィニアへ

クリックすると元のサイズで表示します

サラミと生ハムを買いました🎵
クリックすると元のサイズで表示します
4
タグ: イタリア

快晴のマッターホルン  スイス

クリックすると元のサイズで表示します
早朝のスネガには、誰もいない❗

クリックすると元のサイズで表示します
常宿にしているアパートの前に、小さなワインバーが出来ました😃日中はカフェとスイーツ。

クリックすると元のサイズで表示します
お土産屋ベガの西永夫妻とホテルダービーで昼食🎵
6

ロートホルン  スイス

Rothornは山の名前で訳せば赤岳です。
標高は3103m街まで15kmノンストップで滑り込める良い斜面が続きます。景色も絶景ポイントが幾つもあります。

太陽の下がモンテローザです。左下へフィンデルン氷河が流れていますが、今年は雪が多いのでクレバスは埋まっていて見えません。
クリックすると元のサイズで表示します

ゲレンデを下り谷間に入りました。氷河時代に出来たU字谷の中を滑ります。
クリックすると元のサイズで表示します

谷間を出るとマッターホルンと眼下にはツェルマットの街が一望できます。
クリックすると元のサイズで表示します

途中の山小屋で一息。
クリックすると元のサイズで表示します

ココは標高2200mで森林限界にあたります。山頂からこの山小屋までは全く木の生えていない白銀世界を滑りおりてきました。これから森林コースを滑って街まで下山して行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
5

Old Zermatt  スイス

大雪のためゲレンデは閉鎖されているので、街の中心裏手にある古い小路を散歩しました。1800年代の小屋がそのまま残っていて、150年タイムスリップした感じになります。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5

吹雪の晴れ間  スイス

スイス到着2日目、やっと晴れ間が出て霞んだマッターホルンがみえます。
今年はヨーロッパも日本と同じ大雪注意報が出て、雪崩で鉄道が不通になったりしています。
Zermattに初めて来た、40数年前にはもっと大雪の時もあり雪崩にも何度も遭遇してヘリコプターで脱出した事もありました。日本も同じですが、数十年の暖冬で大雪の経験がない世代が今ドタバタしている気がします。

写真はスケート場でカーリングしてます。
クリックすると元のサイズで表示します

スイスでも70年代にはこんな景色が当たり前でした。
これは今朝撮った写真ですけど、雪下ろしが必要ですよね!
クリックすると元のサイズで表示します

追伸。
22日昨夜からの大雪で道路、電車が全面閉鎖、トップの写真のスケートリンクをヘリポートにして緊急輸送してます。
クリックすると元のサイズで表示します
3
タグ: カーリング

フォンデュ フロマージュ  スイス

冷凍庫でキープしていたスイスのチーズ。
ヴァシュランフリブールジョワ、エメンタール、グリュイエール、この3種でチーズフォンデュ作りました。
最後の仕上げにシャンパーニュを加えるとフワッと泡立ちます。
クリックすると元のサイズで表示します
3

半額カード  スイス

スイスでは一般的なんですが、鉄道、バス、ロープウェーなど公共交通機関が半額になるカード(有料)があります。
「ドゥミタリフ」と言いますが旅行者でもスイストラベルシステムで同じ恩恵が受けられます。
今回は旅行代理店からNetで購入しました。1ヶ月有効で15,800円でした。スイスは物価が高いので国鉄や登山電車など2回使えば元が取れてしまいます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3




AutoPage最新お知らせ