2017/8/18

お預かり中  複数

クリックすると元のサイズで表示します

母・タマラ


クリックすると元のサイズで表示します

娘・ミモザ


タマラとミモザは母と娘で、
母のタマラは出戻り経験を経て、
今はミモザと一緒に、とある方のもとで暮らしています。
無理なようであれば、いつでも戻してくださっても…という
ユルいというか、預かってくださるだけでありがたいというこちらの気持ちを
伝え、預かりをお願いしています。

もっとも、その方は生涯面倒を見るつもりで引き受けてくださっています。

本当にありがたいです。

娘のミモザは、ママ大好き!で人なれ今一つでしたが、
預かり先でずいぶん心を開いてくれたみたいです。
タマラは相変わらずのマイペース・ママ。


***

クリックすると元のサイズで表示します

でっちゅう


この子も、プチポンを支えてくださっている方に預かってもらっています。

なんだかんだいって、今のプチポンはビビりのヴァンサン(しっこたれ)を
てっぺんに、相性みたいなものが出来上がっているので、
でっちゅうみたいに“オレさま”タイプは保護部屋でははみ出してしまうようで。

大勢の中だと“オラオラ”しちゃうのに、
預かり先の“ひとりっこ”状態だとビミョーにビビりになってしまったり。

猫は、ややこしいヤツが多いのかな。

***

わが家の母は、老猫のたきを、それこそ目に入れても痛くないほど
よくもまあ、これほど可愛がることができるものだとあきれるほどに
可愛がっています。

今から、「たきが死んだらどうしよう」と、
言った端から涙ぐんでいます……。

まだ生きてるし。
(1日21時間くらい寝ているけれど)
母とたきを見ていると、お年寄りと猫ってホント、相性がいいなあと思います。
高齢者に犬や猫って、よき伴侶だなあって。

一家に一匹(一頭または一羽)、人間以外の生き物っていたほうが、
絶対、世界平和につながるような気がするこの頃。


*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

17
タグ:  里親募集 東北



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ